プリフロップレンジの構築-パート 1

  • NL BSS
  • NL BSS
  • $50
  • ショート ハンド
(6 投票) 3837

説明

MBML が 3 ベットを利用してどのように相手のオープンレンジに付け込んで行くか、自分の 3 ベットレンジをどのように構築するか、どういう状況で 3 ベットするのがベストか、について解説します。

タグ

ショートハンド NL NL BSS

コメント (7)

新しい順
  • Gonchan

    #1

    翻訳お疲れ様です、かなり必要としていたビデオです。

    質問なのですが
    1MSSでコールレンジが殆どない場合、ブラフ3bは直接バリュー3bの下のレンジを使っていいのでしょうか?

    2バリューブラフの割合をft3bに沿って決めているのは数学的根拠があるのでしょうか?
    またこの考えは、バリューc/rとブラフc/rの割合にも利用できますか?
  • kingtofu

    #2

    2か月前に始めたばかりの初心者です。 脱初心者を目指して2NLから5NLに上がったばかりですが、プレミアムハンドだけではない3ベットの考え方を何度も読み返して、自分のものにしたいと思います。
  • patayama

    #3

    翻訳ありがとうございました。
    まずはHM2の数字をポジション別にする所から
    始めて見たいと思います。
  • Kumichan

    #4

    とても参考になりました。

    fold to 3betに50-55%の割合でうまいプレイヤーは降りているとの事ですが、降りてなさ過ぎるような印象を受けました。
    それはSHでのテーブルを想定しているからでしょうか?
  • Kumichan

    #5

    もうひとつ気になったことがあります。

    バリュー3betレンジ、ブラフ3betレンジに対してコールドコールレンジはどのような比率で求めるのでしょうか?
  • shamunyamu

    #6

    初心者です。レンジの作り方など考え方がとてもよくわかりました。感謝です
  • zhanzhangkk

    #7

    相手のオープンレンジの25-30%の割合で3ベットを行う根拠は何ですか?説明されてないみたいですが。