戦略ポーカーの基礎

テキサス ホールデムのルール

はじめに

このセッションでは以下を学びます

  • コミュニティーカードとは
  • ポーカーのハンドはどのように構成されているか
  • ベッティングラウンドの仕組み

PokerStrategy.com 戦略セクションへようこそ。ポーカーで勝つためのプレーの仕方を説明します。戦略セクションの作者はセッションの他にビデオを作成しており、ある場面ではどの戦略が有効かを説明しています。

このページの右の欄のセッションを読んでください


右欄から異なるゲームタイプやその他の内容の記事の一覧を見ることが出来ます。

そちらから当サイトのテキサスホールデム戦略の記事をお読み下さい。

ここではテキサスホールデムのルールを説明します。ゲーム自体は簡単に理解できます。各プレイヤーは2枚のポーカーカードを配られ、その後に5枚のカードがテーブルに配られます。最初に3枚、その後に1枚、そしてもう1枚という順番です。これらはコミュニティーカードと呼ばれ、全員が自分の2枚のカードと組み合わせてハンドを作ることができます。カードが配られる間には、4つベッティングラウンドがあり、そこでチップやお金を自分のハンドに賭けることができます。

最初のラウンドはプリフロップラウンドといい、次のページで説明します。プレイヤーに2枚のカードが配られるラウンドです。セッションの上と下にある次への矢印をクリックしてセッションの 2 ページ目に行きましょう。

プリフロップ - カードが配られる

2 人のプレイヤーがブラインドを置きます

カードが配られる前に、2人のプレイヤーがブラインドベットを置きます。この2プレイヤーはブラインドと呼ばれます。「ブラインド」という呼び名は、カードをまだ「見ていない」のにチップを出すことから来ています1つのスモールベット、スモールブラインドと1つのビッグベット、ビッグブラインドがあり、通常ビッグブラインドはスモールブラインドの2倍です。

これらのブラインドはディーラーの左に座っている2人のプレイヤーによって置かれます。ディーラーポジションは時計回りにテーブルを回っていき、ブラインドを置く義務も同じように回っていきます。現在のディーラーが誰かを認識するために、現在のディーラーの前にボタンまたはディーラーボタンと呼ばれるマークが置かれます。

全員が2枚のカードを受け取る
今度は各プレイヤーは2枚のカードを配られ、最初のベッティングラウンドが始まります。チップやお金を賭けることができるほど強いハンドが来ていますか?それともカードを捨てますか?次のページでベッティングの仕組みを説明します。


ベッティングラウンドで取る行動

ベッティングラウンドでの選択肢
フォールド

もしハンドを続けたくないならカードを捨てて、現在のハンドから「離れる」ことができます。

ベット

前で誰もベットしていない時は、自分からベットできます。例えば、「10チップをベットします」と言い、ポットに自分のチップを置きます。プレーしたい人はそのベットと同額以上を支払う必要があります。相手はベット額が高すぎるのでチップを出したくない場合、フォールドを選ぶこともできます。

全てのチップをベットすることをオールインと呼びます。もしオールインしたら、それ以上はベットできません。またフォールドさせられることもありません。実際にオールインの時は自動的に最後までハンドにいることになるので、相手がコールした場合、勝つにはベストハンドを見せることで勝つ必要があります。

レイズ

またベットをレイズすることもできます。例えば、対戦相手の10チップのベットを20チップにレイズします。こうすることで、相手がハンドに残りたいときより多くのチップがかかるようにできます。もし相手がこれ以上チップを出したくないなら、相手はフォールドしなければなりません。

コール

もし前にいる誰かがベットしたら、そのベットをコールすることもできます。ベットの同額のチップを出します。もし対戦相手が10チップをベットしたら、ハンドに留まるには10チップをコールします。

チェック

もし誰もベットしていないなら、チェックすることができます。次のプレイヤーにアクションをまわします。「何もせず、何が起こるかを見てみたい」ということです。

アクションの順番について

ベッティングラウンドごとのプレイヤーアクションの順番を整理します。基本的にアクションはテーブルを時計回りに回っていきます。1 人のプレイヤーがアクションをしたら、その左にいるプレイヤーがアクションをします。最初のベッティングラウンドではビッグブラインドの左にいるプレイヤーが最初にアクションをします。2番目のラウンドから、常にボタンの左のプレイヤーが最初にアクションをします。全員がアクションをしたら、全てのチップが集められテーブルの真中に置かれます。これはポットと呼ばれます。そのハンドで勝ったプレイヤーがポットを勝ち取ります。

次のページではコミュニティーカードについて学びます。

フロップ、ターン、リバー - 5枚のコミュニティーカード

フロップ - 最初の3枚のコミュニティーカード

最初のベッティングラウンドの後に、ディーラーはテーブル上に3枚のカードを表にして配り、全員が見えるようにします。これらのカードはコミュニティーカードと呼ばれ、全員がそれらを使って5カードのポーカーハンドを作ることができます。

 

そして2番目のベッティングラウンドが始まります。ここでポットに追加のお金を入れたり、フォールドしたりできます。ラウンドの終わりに、チップが集められてポットに入れられます。次はターンです。

ターン - 4枚目のコミュニティーカード

4枚目のコミュニティーカード、ターン、がテーブルに配られます。このカードもまた他のカードと組み合わせて、役を作れます。

まだハンドにいるプレイヤーが3回目のベッティング ラウンドに参加します。そのラウンドの終わりにチップが集められ、ポットに入れられます。ターンの後にリバーがきます。

リバー - 5枚目のコミュニティーカード

リバーは5枚目の最後に配られるコミュニティーカードです。このカードもまた他のカードと組み合わせて、各プレイヤーのハンドを作ります。

その後の4回目のベッティングラウンドでもう一度ベットできます。このベッティングラウンドの後に、まだハンドにいるプレイヤーが各々のカードを見せあいます。これはショーダウンと呼ばれています。これを次のページで詳しく説明します。

ショーダウン - ベストハンドを持っているか

ショーダウンではハンドにいる全てのプレイヤーがカードを公開し、誰がベストハンドを持っていてポットを勝ち取るかを決めます。それでは、ポーカーにはどんな役があり、どのようにランク付けされているのかを見ていきましょう。

ポーカーの役について

ポーカーハンドは常に5枚のカードで構成されます。4枚でもないし、7枚でもありません。ちょうど5枚です。プレイヤーは2枚のカードだけ持っており、それらをコミュニティーカードと組み合わせます。いつもホ―ルカード二枚とも使ってポーカーハンドを作る必要はありません。4枚のコミュニティーカードを使っても良いし5枚全部を使っても構いません。唯一の必要条件は5枚のカードを決めることです。

ポーカーの役は何種類かあります。例えば、もし5枚のクラブを持っていたらフラッシュを持っていることになります。次のページで全ての役を説明します。

ポーカー ハンド(役)

ロイヤル フラッシュ

最も強いポーカーハンドはロイヤル フラッシュです。テン、ジャック、クイーン、キング、エースでスーツが全て同じです(例ではスペード)。


ストレート フラッシュ

2番目に強いポーカーハンドはストレートフラッシュです。5枚の連続した同じスーツのカードです。もし2人のプレイヤーがストレートフラッシュを持っていた場合、高いカードを持っていた方の勝ちです。

フォーカード

フォーカードは同じ数のの4枚のカードです(例ではキング)。もし2人のプレイヤーがフォーカードを持っていた場合、高い数字のフォーカードを持っていた方が勝ちます。もし2人が同じものを持っていたら、高い5枚目のカードを持っていた方が勝ちます。ポーカーハンドは必ず5枚のカードで構成されるということに注意してください。

フルハウス

フルハウスはスリーカードとワンペアの組み合わせです。もし2人のプレイヤーがフルハウスを持っていた場合、数字の高いスリーカードを持っている方の勝ちです。もし2人が同じものを持っていたら、ワンペアの部分をを比べます。


フラッシュ

5枚の同じスーツのカードでフラッシュが完成します。もし2人のプレイヤーがフラッシュを持っていた場合、数字の高いカードを持っていた方が勝ちます。

ストレート

5枚の連続したカードをストレートと呼びます。もし2人のプレイヤーがストレートを持っていた場合、高いカードを持っていた方が勝ちます。

スリーカード

スリーカードは3枚の同じ数のカードで構成されています。もし2人のプレイヤーが同じスリーカードを持っていた場合、他の1枚のカードまたは2枚のカードで勝者が決まります。ここでも、ポーカーハンドが5枚のカードで構成さるということを忘れないでください。


ツーペア

ツーペアは名前の通り、2つのペアで構成されています。もし2人のプレイヤーがツーペアを持っていた場合、高い方のペアの数で勝者が決まります。もし2人の高い方のペアが同じなら、低い方のペアを比べます。もしそれも同じなら、5枚目のカードを比べます。

ワンペア

ワンペアは2枚の同じ数のカードで構成されています。ポーカーハンドは必ず5枚のカードで構成されているので、他の3枚のカードは「キッカー」と呼ばれています。もし2人のプレイヤーが同じワンペアを持っていた場合、より高いキッカーを持っている方が勝ちます。

ハイカード

もしワンペアさえも持っていない場合、カードの高さをみます。もしショーダウンでワンペア以上を持っていない2人のプレイヤーがいた場合、最も高いカードを持っていた方が勝ちます。

より詳細な説明はこちらのポーカーハンドランキングからご覧下さい。


まとめ

テキサスホールデムのルールは以上です。ゲーム中には4つのベッティング ラウンドがあります。フロップの前、フロップ、ターン、そして最後にリバーです。フロップ、ターン、リバーはいわゆるコミュニティーカードで、テーブル上に表にして配られます。

かなり単純なゲームに見えますが、見掛けに騙されてはいけません。テキサス ホールデムは非常に複雑な状況になることがあり、それ故経験がないプレイヤーはすぐに負けてしまうことがよくあります。ゲームを極めるには、まず次のセッションでいろいろなバリエーションを学ぶための基礎戦略を読んでください。その後、得た知識をテストするためにクイズを受けて、知識が身についているかを試してください。その後は、思う存分プレイして成功を目指してください!

では次のセッションを選んでください。

テキサスホールデムのプレーの流れは理解できたと思います。次は自分がプレイしたいゲームの戦略を選びましょう。

当サイトのテキサスホールデム戦略の記事をお読み下さい。