このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略ノーリミット (SSS/MSS)

ショートスタック戦略: フリー プレー状況でのドロー

はじめに

このセッションでは以下を説明します:
  • アウツとオッズの使い方
  • 弱いドローと強いドローのプレーの仕方

初心者のセクションで、あなたは既にフリー プレーの状況で良い完成ハンドのプレーの仕方を学びました (例: あなたはビッグ ブラインドで、フロップを追加資金なしで見に行けた時)。時々ドローしかヒットしていないこともありますが、ハンドをマックする必要はありません。このセッションではフリー プレーの状況でのドローのプレーの仕方を説明します。

引き続き読む前に、最初にアウツとオッズ、インプライド ポット オッズについてのセッションを読んでおくことが必須です。ドロー プレーの数学的背景の理解がなければ、続く内容の理解は難しいでしょう。

「ショートスタック戦略: アウツとオッズ」

「ショートスタック戦略: インプライド ポット オッズ」

基礎

インプライド ポット オッズ

インプライド オッズは強いドローをプレーし続けることができる大切な基礎となっています。従って、これについての対応の仕方のしっかりした理論的な知識が必要です。

ショートスタック プレイヤーとしてインプライド オッズを応用する場合、次のことを理解しておくべきです: インプライド オッズは 2 つストリートが残っている時の方が良い (ターンとリバー)。インプライド オッズはターンよりフロップの方が良い。ターンからリバーでは通常 1/4 から 1/2 のポット サイズ ベットを、ボードと対戦相手により、インプライド オッズとして数えることができます。ターンとリバー カードを両方見る場合は、それに応じて追加することができます。

ディスカウンテッド アウツ

全てのアウツが常にベスト ハンドの助けとはなりません。全てがクリーンではないと言う人もいるでしょう。それ故、それらは割引かれる必要があります。オッズとアウツのセッションでこれは更に詳しく 説明されます。

例えば、対戦相手 1 人に対して 2 枚のオーバーカードで約 4 枚アウツがある場合は、かなり良いと分類することが出来ます。

:

プリ フロップ: ヒーローは BB で A T(10) を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 7, 8

この例では、あなたは約 4 枚アウツを持っています。もし対戦相手が A3 のようなハンドを持っていたら、エースはアウツではなく、2 番目に良いハンドに なるだけです。平均すると、2 枚のオーバーカードのアウツは 3-4 枚のアウツの価値と言えるでしょう。

ドローの強さ

最初にあなたがしなくてはならない事は、ドローの強さを評価することです。2 枚のスーテッド カードでのフラッシュ ドローは 1 枚の同じスーツでのフラッシュ ドローよりもかなり強いです。特にそのカードがエースでない場合は。エースを持っていない場合は、ワンカード フラッシュ ドローはたくさんの価値を失います。更に、あなたに支払ってくれるより悪いハンドは少ないので、インプライド オッズは高くありません。

もしストレート ドローを持っているなら、本当の強さを考える必要があります。もしポケットの 1 枚のカードだけ使っていて、それが下端のストレートならあなたのドローの価値は低くなります。例えばあなたがトップ ペアのドローを持っているなら、それは弱いドローです。何故なら、ツーペアに既に負けているかもしれないからです。

概して、インプライド オッズはナッツ、すなわちベスト ハンドにドローしている時は高くなります。もしナッツにドローしていない場合、インプライド オッズは下がり、2 番目に良いハンドになる可能性を考える必要があります。そしてその場合は更にお金を失うことになります。

 

4 種類のドロー

弱いドロー

弱いドローは少しのアウツしかないハンドです。例えばガッツショットは 4 枚のアウツしかありません。それ故、滅多にプレーすることができません。2 枚のオーバーカードも弱いドローと考えられます。何故ならワンペアをドローしていますが、ツーペアに既に負けている可能性があります。

コンボ ドロー

コンボ ドローは多数のドローで構成されています。例えば、ガッツショットと 2 枚のオーバーカードです。しかし、ガッツショットと 1 枚のオーバーカード、それにバックドア フラッシュ ドロー (同じスーツのカードが 2 枚必要) を足したものもコンボ ドローです。このような種類のドローは全てガッツショットや 2 枚のオーバーカードよりも強いです。それらの強さは多様で、個別にアウツの数を判断する必要があります。

:

プリ フロップ: ヒーローは BB で J T(10) を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 7, 6

この例では 2 枚のオーバーカード、バックドア フラッシュ ドロー、そしてバックドア ストレート ドローがあります。このドローは比較的弱いです。何故なら、ほとんどのアウツはトップ ペア ハンドへのもので、ベストハンドへのドローがありません。

プリ フロップ: ヒーローは BB で J T(10) を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 7, 8

似たようなハンドですが、今度はガッツショットと 2 枚のオーバーカードがあります。ここではより多くのベスト ハンドへのアウツがあります。それ故より高いインプライド オッズを期待できます。

強いドロー

強いドローとは、例えば、OESD やフラッシュ ドローです。通常あなたはストレートやフラッシュへ 8-9 枚アウツがあります。そのようなドローはまたオーバーカードやバックドア ドローも含んでいます。

例:

プリ フロップ: ヒーローは BB で J T(10) を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 7, 8

この例では、あなたはガッツショット、2 枚のオーバーカード、そしてバックドア フラッシュ ドローを持っています。

プリ フロップ: ヒーローは BB で T(10) 7 を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 9, 8

ここではあなたは OESD を持っていて、これも強いドローです。何故ならオーバーカードがあなたのアウツの数を増やすからです。

モンスター ドロー

モンスター ドローは 12 枚以上のアウツがあるドローです。そのようなハンドは非常に強く、完成ハンドのようにプレーすべきです。例えば、フロップで 12 枚アウツがある時は、リバーまでに全ての役の 45% が完成します。14 枚以上のアウツがある時は、全ての役の半分以上を完成させます。

モンスター ドローの例:

  • フラッシュ ドロー + OESD
  • フラッシュ ドロー または OESD と 2 枚のオーバーカード
  • フラッシュ ドロー + 1 枚のオーバーカード + バックドア ストレート ドロー (ストレート完成まで 2 枚のカード要)
  • フラッシュ ドロー または OESD + ペア

例:

プリ フロップ: ヒーローは BB で A 5 を持っています
フロップ: ($1.25) 5, 7, 3

あなたはモンスター ドローを持っています。ツーペアとフラッシュ ドローへのアウツの他に、あなたはバックドア ストレートへのチャンスもあります。合計すると約 15 枚のアウツがあります。

プリ フロップ: ヒーローは BB で J T(10) を持っています
フロップ: ($1.25) 3, 7, 8

またモンスター ドローです。ガッツショットの他に、あなたはフラッシュ ドローと 2 枚のオーバーカードを持っています。

プリ フロップ: ヒーローは BB で Q J を持っています
フロップ: ($1.25) 9, T(10), 3

そのようなハンドをフロップするのは間違いなく夢のようなものです。あなたはフラッシュ ドローと OESD を持っています。更に 2 枚のオーバーカードも持っています。合計すると約 18 枚のアウツになり、リバーからフロップまでに役を完成させる確率は約 60% です。

モンスタードローはフロップでの完成ハンドのようにプレーされるべきです。前述したように、リバーまでにこのハンドが完成する確率は 50% 以上ですし、相手がフォールドする可能性ももちろんあります。さらに、ほとんどの場合あなたのポットのシェアは 50%以上ですから、相手が一人であっても大丈夫です。したがってあなたはこのドローをバリューを考えてプレーするべきなのです(自分がポットに入れた分より多く勝ち取るようにすること)。

フロップでのプレーの仕方

弱いドロー

弱いドローはベットに対してほとんどの場合フォールドすべきです。続けるためのオッズがありません。また役が完成した時の将来の予想勝ち金もアクションを起こせるほど十分大きくありません。例外: あなたはベッティング ラウンドで最後にアクションする番で (誰もあなたの後ろでベットできない)、よいポット オッズがある時です。ガッツショットを持っている時は 1:10 のオッズが必要ですが、私は 1:6 のポットオッズでコールします。何故なら、獲得できる勝ち金がその後のストリートで十分大きいからです。

コンボ ドロー

コンボ ドローではチェック/コールしてパッシブにプレーすべきです。もし適切なポット オッズがあるのなら、そうすべきです。もしインプライド オッズなしではコールできないなら、常にアウツの強さを考慮する必要があります。ベストのハンドへドローしている時は、ただのワンペアにドローしていて既にツーペアに負けている可能性がある時よりも、確実に良く、より多くのお金を投資できます。従ってワンペアのアウツがあり、またベストなハンドへのアウツが少しある時は、インプライド オッズを考えるのはあまり良い考えではありません。

強いドロー

一般的に、強いドローを持っている時はチェック/コールしてパッシブにプレーすべきです。何故なら 1 人の対戦相手だけに自分を孤立させてしまう危険性が高いからです。3 回ごとに 1 回だけフロップからリバーまでにドローを完成させる可能性なので、ポットの 50% に貢献して、33% の勝ち金を受け取っていたのでは大きく勝つことができないのは明らかです。

それに反して、もし 2 人以上の対戦相手がポットをプレーするつもりなら、全てのチップを投資することが出来ます。 ポットの 1/3 のお金を支払い、1/3 以上のポットの勝ち取ることができます (9 アウツ以上)。従って、9 アウツ以上でフロップでオールインするのは実際には価値があります。

いつ強いドローをアグレッシブにプレーできるのか

もしあなたがスモール ブラインドだけとプレーしていて、相手がチェックしてきたら、あなたは当然ベットすべきです。 スモール ブラインドはほとんどの場合フォールドするでしょう。一般的に言って、対戦相手に対して正確な読みがあり相手がフォールドする気があるなら、あなたはまた強いドローをアグレッシブにプレーできます。しかし 2 人以上の相手に対しては、パッシブなアプローチを選ぶべきです。

モンスター ドロー

たとえ対戦相手が何人いようとも、また前のベッティング アクションに関係なく、モンスター ドローはアグレッシブにプレーすべきです。既に述べたように、あなたは役を 50% 以上の確率で完成させます。更に大きなポットを築き、ハンドをヒットしなくてターンで大きなベットで追い払われるような危険を避けることができます。もし抵抗にあったら、ポットに全てのお金を入れるようにすべきです。

ターンでのプレーの仕方

ドローを完成させた場合

ドローを完成させた時は、必然的にベットして価値を最大限に引き出すべきです。更に、所謂リドローに対してあなたのハンドを守る必要があります。例えば、78s でのフラッシュ ドローは対戦相手がより高いフラッシュ カードを持っていて、リバーでより良いフラッシュを完成させてしまって負けることもあります。

弱いドローを持っている場合

今度はオッズとアウツに従ってプレーすべきです。インプライド オッズについて考えるべきではありません。何故なら、 より多くの勝ち金を稼げる可能性があるストリートは 1 しか残っていないからです。経験からいって、チェック/フォールドでプレーすべきです。ベットをコールするだけのオッズを十分得ることは本当に少ししかありません。

コンボ ドローを持っている場合

このドローも同様にパッシブにプレーされるべきです。あなたはより多くの勝ち金を稼げる可能性があるストリートは 1 しかなく、レイズされた場合難しい判断をすることになります。多くの場合、レイズをフォールドすることになるでしょう。反対に、パッシブにプレーすれば無理なくチェック/コールでプレーできます。

いつこれらのドローをアグレッシブにプレーし続けることができるのか

1 人しか対戦相手が残っていなければ、相手をフォールドさせることが出来るならベットすることもできます。相手がフォールドするのに確信があるなら、あなたからベットする方が良いです。ベットすべき適切な状況は、スケア カードがボードに出た時です。例えばオーバーカードです。

またあなたが前のラウンドで主導権を持っていたプレイヤーなら、相手をフォールドさせることが出来ることを考えるべきです。もしそのような状況なら、再度ベットすべきです。しかし、通常はパッシブにプレーすべきです。2 人が相手なら私はほぼパッシブにプレーするでしょう。

強いドローを持っている場合

強いドローはコンボ ドローのようにプレーされるべきです。対戦相手がハンドをフォールドする可能性が本当にある時にだけベットします。リレイズにフォールドしなくてはならないほど、悪いことはありません。そのような状況は避けるべきです。

モンスター ドローを持っている場合

あなたはフロップでモンスター ドローをアグレッシブにプレーしたので、通常続けて早くプレーすべきです。ターンからリバーへはちょうど 30% しかエクイティがないので、対戦相手はフォールドすることができます。そしてポットはあなたがリレイズをコールできるぐらいの大きさのはずです。しかし、全てのチップをベットすべきではありません。オッズとアウツに従ってベットすべきです。リバーでヒットした場合、巨大なポットの大きさにより別のベットを得られるはずです。

リバーでのプレーの仕方

リバー プレーは比較的簡単です: ハンドが良くなったらベットします。もし良くならなかったら、チェック/フォールドします。

例外: あなたはショーダウンに勝てる可能性があるワンペアを持っています。小さいベットをコールする必要があるだけです。更に、対戦相手のベッティング スタイルは、完成しなかったドローや弱いハンドをベットする可能性があります。通常、対戦相手がかなりパッシブだった時はこれがその例になります。

まとめ

このセッションではフリー プレーの状況でのドローの種類、ドローの強さの評価、そしてそれらをプレーする時の重要なポイントを説明しました。繰り返しになりますが、あなたはアウツ、オッズ、ポット オッズ、そしてインプライド オッズの数学的基礎をしっかり理解しておく必要があります。

上記で説明した概念を利用すれば、ショートスタック戦略で新しい利益を出せる方法を獲得したことになります。