勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略シット & ゴー

フロップ後のプレーの仕方

はじめに

このセッションでは以下を説明します:
  • あなたが、フロップの前にレイズした場合、トップ ペアよりも強いハンドでは、強くプレーを開始します。
  • あなたがレイズしなかった場合、少なくともツーペアが必要になります。
  • ドローでは、ブラフをしないこと。また、チップも投資しないこと。

ダウンロード

バンクロール管理について学び、トーナメントではどんな段階があるかを学び、そして、どんなハンドならゲームに参加できるかを学んだ後で、もう 1 つだけ考慮すべきポイントは、フロップ、ターン、およびリバーでプレーする方法、です。

原則として、あなたが、フロップ前にレイズしたハンドと、レイズしなかったハンドの間には差別化をするべきです。レイズした場合、あなたはアグレッサー (積極的に攻めるプレイヤー) であり、イニシアチブを持っていると言えるでしょう。これは、あなたが明らかに有利さを持っていることを意味します。なぜなら、あなたは相手としばしば対決するけれども、必ずしも常に強いハンドを必要とするとは限らないからです。

フロップの前にレイズした後のプレーの仕方

あなたが、いわゆるベッティング ラウンドにおけるいわゆるアグレッサーならば、強いハンドを表わすことができる、という有利さを持ちます。

トップ ペアより良いハンドでは強くプレーしてください。

一般に、あなたはフロップ後、トップ ペア以上の良いメイド ハンドを持ちたいでしょう。トップ ペアとは、あなたの 2 つのホールカードのうちの 1 枚、および最もランクが高いコミュニティ カードのうちの 1 枚でできたワンペアです。

 

オーバーペアはさらによいもので、あなたのハンドで作られたワンペアだが、どのコミュニティ カードよりもランクが高いものです。

 

ツーペア、スリーカード、ストレート、フラッシュ、およびそれらより良いものもまた、あなたが強くプレーしたいハンドです。

 

これらはあなたがプレッシャーをかけたいハンドの種類であり、できれば、オールイン (保持する自分の持ちチップを全てベットする事) をしたいものでしょう。もちろん、すべての場合にそうするべきではありません。コミュニティ カードが自分に不利なように発展し、あなたの相手が確かにあなたのハンドより良いハンドを表わしているのに、それでも何がなんでもオールインしたがるというのは、あなたのお金を焼くのと一緒です。

高度な戦略の記事では、あなたが、自分のプレー スタイルにどのようなニュアンスを組み入れたらいいかを解説します。一般に、「あなたがフロップの前にレイズしていれば、トップ ペアが強いメイド ハンドになる」、ということを覚えておいてください。

ドローではプレーしてはいけません。

いわゆるドローでは事情は異なっています。それはまだメイド ハンドになっておらず、フラッシュまたはストレートのような強いハンドに変わるためには、ターンあるいはリバーで別のよいカードを必要とします。

フラッシュ ドロー
 
OESD
 

初期や中盤の段階では、これらの種類のハンドをプレーするべきではありません。これは一見、直観に反しているように見えるかもしれませんが、トーナメントで失われた 1 個のチップは、勝ち取った 1 個のチップ以上の価値があるということを思い出すと、それが意味を持ち始めます。

多くの初心者が、フラッシュ ドローをあきらめるのに困難を感じています。なぜなら、それが、フラッシュになるかなりよいチャンスを持っているからです。そのわなに落ちないでください。そうしたことは、キャッシュ ゲームでは、完全に意味をなすかもしれませんが、特に、トーナメントの初期の段階では、これらのハンドのうちの 1 つに多くチップを投資することは致命的な誤りになる可能性があります。

まだよいワンペアになっていないハンドにチップを投資することは、悪い考えで、めったにうまくいくことはありません。しかしながら、この規則の例外があります。クイズをパスした後にブロンズのセクションでそれを学習します。

ブラフをかけるべき時

もしあなたがフロップの前にレイズすれば、人は、「あなたにはブラフする権利がある」、と言うでしょう。これがいわゆる継続ベットです。フロップ上でトップ ペア以上のものを完成できなかった場合でも、ただ 1 人の相手と対決する場合は、なおベットを続けるべきです。

同時に、チェックしたただ 1 人の相手と対決する場合は、さらに、ブラフをかけることができます。それがうまく行かないで、彼がハンドをフォールドしない場合、あなたはブラフをあきらめてください。

1 人以上の相手がいる場合、もはや継続ベットをしても割に合いません。ブラフが成功する確率、および相手が全員フォールドしてくれる確率は、劇的に減ります。

練習からの例
例 1
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 9 人のプレイヤー
あなたは UTG2 です。
  • あなたは 80 個のチップにレイズ (2100 のスタックで)
  • UTG3、MP1、MP2、MP3、CO および BU がフォールド。
  • SB が 70 個のチップにコール (1890のスタックで)
  • BB がフォールド
フロップで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 180 個のチップ
  • SB がチェック
  • あなたは 120 個のチップをベット
  • SB が 120 個のチップにコール
ターンで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 420 個のチップ
  • SB が 200 個のチップをベット
  • あなたは 600 個のチップにレイズ
  • SB が 400 個のチップにコール
リバーで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 1620 個のチップ
  • SB が持っているすべての 1100 個のチップでオールイン
  • あなたはオールインにコール

以前にも言及しましたが、あなたがフロップの前にレイズしている場合、トップ ペアは強いハンドです。特に、あなたがエースと共に最高のキッカー (ペアになっていない中で最高ランクのカード) を持っていれば、それが言えます。フロップでのポットサイズの約 2/3 相当をベットするべきです。

この例はターンで面白くなります。相手は、急にあなたにベットしてきました。そのプレーの仕方は、悪いプレイヤーからのみ通常見られるものです。一定の距離を保つには、何らかのブラフまたはベットが必要なように思われます。相手がこのプレー方法を選んだ場合は常に、「彼が、例外的に最良のハンドを持ったのだ」、と確信することができます。そのため、ここではレイズするべきです。

相手があなたのターンでのレイズにコールし、リバーで自分のチップをすべてベットしてきた時には、あなたにとってそのオールインに対してコールする以外の道は残されていません。あなたは時には、K2 のような非常に悪いハンドでプレーすることもありますが、大抵の場合、あなたが先行しています。

例 2
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 9 人のプレイヤー
あなたは UTG2 です。
  • あなたは 80 個のチップにレイズ (2100 のスタックで)
  • UTG3、MP1、MP2、MP3、CO および BU がフォールド
  • SB が 70 個のチップにコール (1890のスタックで)。
  • BB がフォールド
フロップで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 180 個のチップ
  • SB がチェック
  • あなたは 120 個のチップをベット
  • SB が 120 個のチップにコール
ターンで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 420 個のチップ
  • SB が 200 個のチップをベット
  • あなたは 200 個のチップにコール
リバーで ― アクティブなプレイヤー (2名): あなた、SB ― ポット: 820 個のチップ
  • SB が 600 個のチップをベット
  • あなたはフォールド

この状況は前のものとは異なります。 フロップの前のレイズは標準的なものです。というのも、2 枚のクイーンはテキサス ホールデムでは 3 番めに最良の開始時ハンドだからです。

しかしながら、フロップで不運にもキングが 1 枚出たため、あなたのハンドがトップ ペアよりも悪いものになったのです。単一の相手しかいないし、恐らく、自分が先行していると思えるので、あなたは通常の 2/3 ポットのサイズをベットします。

ターンで、相手が急に再度ベットしてきました。今回は、決定を急ぐ必要があります。ここでフォールドしても問題はありません。しかし、ベットはポット サイズの半分程度で、とても小さいものなので、この特殊なケースでも、なおコールすることができます。しかしながら、それを習慣にしてはいけません! ここでのポイントは、「ハンドのこのプレー方法は、相手よりも弱いハンドを通常示している」、ということです。また、ベットも特に大きくなりません。

あなたの計画は次のとおりです。ターンでベットにコールし、リバーでももしあれば、もう 1 つのスモール ベットにもコールしください。例にあるように、相手がリバーでビッグな金額をベットしてくれば、あなたは降りるべきです。

例 3
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 9 人のプレイヤー
あなたは UTG2
  • あなたは 80 個のチップにレイズ (2100 のスタックで)
  • UTG3、MP1、MP2、MP3、CO および BU がフォールド
  • SB が 70 個のチップにコール (1890のスタックで)。
  • BB が 60 個のチップにコール (2300のスタックで)
フロップで ― アクティブなプレイヤー (3名): あなた、SB、BB ― ポット: 240 個のチップ
  • SB と BB がチェック
  • あなたはチェック
ターンで ― アクティブなプレイヤー (3名): あなた、SB、BB ― ポット: 240 個のチップ
  • SB と BB がチェック
  • あなたは 160 個のチップをベット
  • SB と BB が 160 個のチップにコール
リバーで ― アクティブなプレイヤー (3名): あなたは、SB、BB ― ポット: 720 個のチップ
  • SB と BB がチェック
  • あなたはチェック

あなたは再びエースとキングでレイズし、今回は、2 人のプレイヤーがコールしました。フロップでは、2 人が両方ともあなたにチェックしましたが、あなたは何も完成しなかったので、あなたもチェックしました。

ターンでは、あなたはついにトップ ペアを完成しました。しかし、ドローが他にできている高い可能性があります。例えば、ハートやダイヤのフラッシュ ドローなど、最強のハンドになる可能性を備えたアンメイド ハンド (未完成のハンド) がそうです。両方の相手が再びチェックした後、あなたはここでベットするべきです。ドローからあなたのハンドを保護するために、2/3 のポット サイズよりさらにわずかに大きなベットもすることができます。

ターンで両方の相手がベットにコールし、リバーで 3 番目のダイヤが出て、フラッシュ ドローが完成した可能性が生じたら、もう 1 回ベットすることにはあまり意味がありません。あなたより弱いハンドはほとんどないので、あなたが勝てる見込みはほとんどありません。にもかかわらず、フラッシュあるいは別のより良いハンドのためにあなたがお金を払わなければならなくなるリスクはあるのです。ここでの最良のアクションは、単にチェックして、無料でショーダウンを見ることです。そうすれば、しばしば勝つことができるでしょう。ここでベットすることは無意味でしょう。なぜなら、あなたが実際に負かすことができるハンドを持った相手は、フォールドしてしまうからです。 

あなたが、フロップの前にレイズしなかった場合のプレーの仕方

ツーペアより良いハンドの場合、強くプレーしてください。

あなたがフロップの前にレイズしなかった場合、あなたのハンドの相対的強度は多少変わります。この場合、フロップ後に強くプレーするためには、少なくともツーペアを持っているべきです。特に数人を相手にする場合、それより悪いハンドには見切りをつけるべきです。

これもまた直観に反しているように思えるかもしれません。特に、あなたが、たまたま小さなオーバーペアを捨てるような場合には、そうでしょう。しかし、私たちが既に何度も繰り返したように、トーナメントは、「普通の」ポーカーとは異なってプレーされるのです。

ドローではプレーしてはいけません。

あなたがアグレッサーである事例は既に見てきましたが、ドローではプレーするべきではありません。つまり、フラッシュまたはストレートへ発展する可能性を持ったハンドではプレーしてはいけないのです。

キャッシュ ゲームでは正しいプレーも、トーナメントでは、即、間違っているプレー、または致命的な誤りにつながってしまいます。これは、特にドローに当てはまります。あなたが勝ち取ることができるかもしれないチップの価値は、あなたがリスクを冒してまで取るほどの価値をもっていません。

ブラフをかけるべき時

もし、あなたがアグレッサーでなければ、ブラフもするべきではありません。あなたの前にプレーしなければならない 1 人の相手と対戦している場合で、彼がチェックし、コミュニティ カードがどんなハンドの役にも立つようには思えない場合、あなたも時にはブラフのことも考慮するでしょう。

しかし、一般に、あなたがブラフをかけると勝利の見込みが薄い状況へ導かれます。それくらいなら、最初から何もしない方がいいでしょう。特により低いリミットでプレーしているプレイヤーは、すべての種類の任意のカードをあきらめることには困難を感じます。これに対処するよい戦略は、論理的に考えて、あなたがよいハンドを完成するのを待ち、そしてそれで強くプレーすることでしょう。

練習用の例
例 1
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 9 人のプレイヤー
あなたは BB です。
  • UTG2、UTG3、MP1、MP2 および MP3 がフォールド
  • CO と BU が 20 個のチップにコール
  • SB が 10 個のチップにコール
  • あなたはチェック
フロップで ― アクティブなプレイヤー (4名): あなた、SB、CO、BU ― ポット: 80 個のチップ
  • SB がチェック
  • あなたはチェック
  • CO が 80 個のチップをベット
  • BU と SB がフォールド
  • あなたはフォールド

ターンまたはリバーでもう 1 枚のスペードが出た場合、つまり、あなたにフラッシュを得る機会ができた場合、あなたはフロップでいわゆるフラッシュ ドローを持っていることになります。あなた自身がベットすることは無意味でしょう。なぜなら、それは単にブラフになるからです。また、これら 3 人の相手が全員ハンドを放棄するという可能性はわずかです。したがって、あなたはチェックするべきです。

CO のプレイヤーがポット サイズにベットした後では、このハンドはあなたにとって終わりです。たとえあなたのハンドが非常に有望に見えたとしても、そのような高いベットにコールするのは割に合いません。もし彼がわずか 20 個のチップしかベットしなかった場合には、コールすることも考えてよいでしょう。

例 2
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 10 人のプレイヤー
あなたは BB です。
  • UTG1、UTG2、UTG3、MP1、MP2 および MP3 がフォールド
  • CO と BU が 20 個のチップにコール
  • SB が 10 個のチップにコール
  • あなたはチェック
フロップで ― アクティブなプレイヤー(4名): あなた、SB、CO、BU ― ポット: 80 個のチップ
  • SB がチェック
  • あなたは 50 個のチップをベット

この例は、あなたにとって類似の状況ですが、あなたがフロップ上ですぐにフラッシュを完成したところが違っています。あなたは直ちに約 2/3 のポット サイズをベットすることにより、ポットを得ることを目指すべきです。

多くの初心者が、このような時にスロープレイをしてしまいます。つまり、もう 1 人のプレイヤーがベットしてくれるのではないかと希望して、チェックをしてしまうのです。これは大失策です。1 つの単純な原則を思い出してください:より低いリミットでは、あなたの相手は自身からベットするより、ベットにコールする可能性の方が高いのです。

もし、あなたのハンドが強い場合は、それで強くプレーしてください。あなたの相手をトリックにかけようとはしないでください。なぜなら、結局あなた自身がトリックにかけられることになるからです。もしあなたがベットしなければ、ポットの中にチップがこれ以上増えることはないでしょう。さらに、ターンでどんな種類のアクションも無意味にしてしまう可能性のある、かなり多数のハンドがあります (例えば、もう 1 枚のスペード)。あなたは、ここでのフラッシュに対して既にエースを持っているので、誰もポットへさらにもっとたくさん投資したいとは思わないでしょう。

例 3
フロップの前 ― ブラインド: 10/20 ― 10 人のプレイヤー
あなたは MP3
  • UTG1、UTG2、UTG3、MP1 および MP2 がフォールド
  • あなたは 20 個のチップにコール
  • CO と BU が 20 個のチップにコール
  • SB が 10 個のチップにコール
  • BB がチェック
フロップで ― アクティブなプレイヤー (5名):あなた、SB、BB、CO、BU ― ポット: 100 個のチップ
  • SB がチェック
  • BB が 70 個のチップをベット
  • あなたがフォールド

開始時ハンド表に従って、あなたは、9 のワンペアでプレーに参加しました。フロップでは、あなたはさらにオーバーペアを持っています。しかしながら、それを過大評価するべきではありません。BB のプレイヤーからのベットは、「あなたがここでハンドを放棄したら良い」、という明瞭なサインになっています。

ポットに 4 人のプレイヤーがいますが、あなたが持っているのは、できる可能性のあるうちで一番小さなオーバーペアです。強いドローの可能性も多くあります。レイズすることは、明らかに自分の力を過信し過ぎた行為でしょう。しかしながら、あなたがコールしただけでも、あなたがターン上で見たくないカードは、概算で 30 億枚あるのです。

あなたがまだ先行している場合でも、誰かがあなたを追い越す可能性は高いのです。また、あなたはこのハンドの強さがどれくらいなのかはまったく分かりません。あなたが、なぜこの状況でオーバーペアをフォールドなければならないかを理解できれば、あなたはポーカー キャリアでかなりの進歩をしたことになります。

ベットやレイズはどれくらいの大きさでしますか?

あなたがベットすれば、あなたは通常それをポット サイズの約 2/3 ぐらいにするでしょう。もしあなたの前に誰かがベットし、あなたがレイズしたくなった場合、あなたは、彼のベットの 3 倍までレイズするべきです。ベットにコールしたプレイヤーが多ければ多いほど、あなたのレイズはより高くするべきです。できれば、コールするプレイヤー 1 人につき、あなたのレイズのサイズにもう 1 つ分のベットを増やすべきです。

しかしながら、あなたが、ポットに自分のチップの半分以上を入れなければならない場合は、すぐにオールインしてください。いずれにしても、あなたは後からカードを放棄するわけにはいかないでしょう。なぜなら、ポットが既にその時点で大きくなりすぎているからです。

まとめ

ここでは結局、学習することはそれほど多くありませんでした。また、フロップ後のプレー戦略もそれほど難しくないし、広範囲なものでもありません。初期や中盤の段階できわどい状況に陥らないようにすることがなぜ大切かというと、後半の段階で フロップ後 になると、もう発展性がないからです。

「トーナメントでの初期と中盤の段階で生き延びることが大切」、というモットーに忠実であってください。従って、フロップ後のプレー戦略は次のように要約することができます。すなわち、「強いハンドを完成させ、それで勝利を得ること」、です。そうならなかったら、あなたはアウトです。

あなたがフロップの前にレイズした場合、トップ ペア以上のハンドは、強いハンドと考えられます。あなたがレイズしなかった場合、強いハンドはツーペアからスタートします。

この原理は単純です。しかし、初心者にとって、実際にこの原則にしたがうことは必ずしも簡単だとは限りません。あなたは、これからもベットにコールしたり、ブラフをかけたいという誘惑にかられる状況に陥いるでしょう。あなたが誘惑に勝てそうにない場合、この種のポーカーはあなたに向いていないのかもしれません。フィックス リミットなど別のもので運を試すべきです。そこでなら、シット アンド ゴーのトーナメントでは損が出てしまうようなハンドでも、有利にプレーすることができるでしょう。

ただ、なぜ、このようにトーナメントでプレーしなければならないかは理解していただけたと思います。では、クイズに挑戦してみてください。トーナメント戦略には 20 の質問がありますが、正解すると無料で開始資金が手に入ります。これが、あなたの非常に成功したポーカー キャリアのスタートになるでしょう。

最後に付け加えるべきは、「私たちは、あなたのために幸運をお祈りしております」、ということです。また、高度な戦略のセクションには、追加の記事やビデオがあることも忘れないでください。