このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略ポットリミットオマハ

PLO 入門 (2) - プリフロップ プレー

はじめに

このセッションでは以下を説明します
  • プリフロップ プレーの最も重要な基本概念
  • どのスターティング ハンドがプレー可能で、どれがプレーできないか
  • ヘッズアップとマルチ ウェイ ポットでの最も重要な相違点

「PLO 入門」シリーズのこのセッションではプリフロップ プレーの要点について説明します。従って、まずプリ フロップでプレーする時に知っておく必要がある基本を紹介します。

セッションの後半では、さまざまなハンド カテゴリーと基本概念を詳しく検討します。取り上げた例ではスターティング ハンドの選択がなぜそれほど重要なのかについて説明し、またヘッズアップとマルチ ウェイ ポットの違いについても詳しく学ぶことができます。

このセッションの最後には UTG 範囲の推奨値とベットとレイズの大きさについてのセクションがあります。

プリフロップ基本

16,432 の異なるスターティング ハンド

PLO では確率的に 270,725 通りあるすべての組み合わせの中で、合計で 16,432 の異なるスターティング ハンドがあります。

スターティング ハンド チャートなし

それがオマハには簡単なスターティング ハンド チャートがない理由です。プレイヤーはどのスターティング ハンドが PLO でベストであるかの質問において頻繁に激しく議論します。なぜなら、彼らはその質問はプリフロップ エクイティだけでなく、プレーのしやすさも関係していると考えているからです。

AAKK ダブル スーテッドまたは AAJT ダブル スーテッドのどちらを選んでも、これら両方は非常に強いハンドです。また、オマハではスターティング ハンド チャートは実用度が減少します。オマハでは複雑なポストフロップのゲームがホールデムよりもはるかに重要だからです。

プリフロップのエクイティが接近している

その上に、プリフロップ エクイティはホールデムよりもかなり接近しています。最も強いスターティング ハンドのひとつである AAKK は任意のハンドに対して 65.5% 優勢であるだけです。

エクイティ分析
ボード

  エクイティ
勝ち  引き分け
コンボ
ハンド
プレイヤー 1
65.5%
65.17%
0.33%
6,961
AA**
プレイヤー 2
34.5%
34.17%
0.33%
270,725
100%

ホールデムでは、AA を持っている場合、85% の確率で勝つ可能性があります。このエクイティの優位性は通常あまり変わりませんが、PLO では多くの場合において逆になります。多くのフロップにおいて AAKK は完全に勝ち目がない場合があります。

エクイティとプレーのしやすさを知る

それによってプリフロップでのエクイティとハンドのプレーしやすさを知ることはますます重要になります。さらに、さまざまなフロップ テクスチャにおける対戦相手の範囲に対するおおよそのエクイティを知っておくべきです。

しかし、このやり方を身につける唯一の方法は、各セッションの後に自分のエクイティを分析して、パターンを確立することです。例えば、どのボードでベット/フォールドをプレーし、またはたとえ AA を持っている時でもチェック/フォールドするか、そしていつブロークすることができるかなどです。

バランスのとれた 3 ベット範囲

しかし、初心者のミスのほとんどは、間違った範囲を 3 ベットする時に起こっています。ホールデムからオマハに移行した多くのプレイヤーは全ての AA、そしてマージナルな KK や QQ さえ 3 ベットします。彼らはリミット ホールデムでそのようなプレーに慣れているからです。

しかし、PLO では強い AA、プレミアム キングおよび高いプレーしやすさとごまかしの要素があるダブル スーテッド ハンドなどをよく混ぜたものを 3 ベットするべきです (例、ビッグおよびスモール ランダウン)。

CO または BU でリンプ ビハインド

ホールデムとは異なり、PLO ではアーリー リンパーに対してレイト ポジションからアイソレーション レイズをすることは絶対ではありません。ポジションは非常に有益であり、また優れたポスト フロップ プレーは非常に重要なので、リンプ ビハインドはミスではなく、多くの状況において強みになる可能性さえあります。もうひとつのレイズをするべきではない理由は以下の側面です。

少ないコンティニュー ベット

PLO ではコンティニュー ベットは少なくなります。対戦相手はほぼ常に良いハンドをヒットしています。従って、特にマルチ ウェイ ポットでは、ブラフ コンティニュー ベットは控えるべきです。

長期的に見ると、コンティニュー ベットではお金を失うだけになります。AA** でレイズして 3 人がコールし、ボードが 875 レインボーだった場合、一般的に言ってハンドをマックすることができます。チェック/フォールドをプレーするべきです。

異なるスターティング ハンドの概要

ハンドの種類: ペア ハンド

最初のハンド カテゴリーはペアがある全てのスターティング ハンドで構成されています。

ワンペアがある異なる PLO スターティング ハンドが合計で 10,725、ツーペアがあるハンドが 234 あります。スターティング ハンドにワンペアがある確率は 30.4% です。一方、ツーペアはあまり一般的ではなく、ツーペアがハンドに来る確率はごくまれで 1% のみです。

PLO においてワンペアでショーダウンに勝つことはめったないので、セットをフロップすることが常に目標になります。セットは強いハンドですが、テキサス ホールデムのようにセットでモンスターを持ったことにはなりません。

AdAcJdJc (プレミアム、かなり強い)

AsAhQhJs (プレミアム、かなり強い)

AsAh8d4c (弱いエース、スーツはそろっておらず、つながっていない)

 

しかし、次のことを覚えておく必要があります:

  • スーツがそろっているとペアのハンドは強くなる。
  • ダブル ペアは非常に強いハンドである (21% の確率でフロップでセットをヒット)。
  • PLO では、スモール ポケット ペアは容易に大きいセットとぶつかる可能性があるので少し危険になる。
ハンドの種類: スーツがそろっている

オマハでは、スーツがそろっていることはもうひとつの非常に重要な点です。フラッシュ ドローは PLO で非常に強いハンドです。PLO のルールでは、同じスーツのカードを 2 枚持っている時だけフラッシュを完成させることができます。従って、同じスーツのカードが 2 組みあるハンドがベストであり、ハンドの価値をかなり増大させます。

それがダブル スーテッド ハンドが PLO で最強のハンドである理由です。それらを持てるのは約 13.5% の確率です。

シングル スーテッド ハンドはダブル スーテッド ハンドほど強くありません。半分以上の確率、はっきり書くと約 75% の確率でシングル スーテッド ハンドになります。しかし、これらのハンドでもフラッシュを完成させるチャンスはあります。

ダブル スーテッド:AsAhQhJs

シングル スーテッド:AsAhJs4c

レインボー:AsAh8d4c

シングル スーテッド ハンドの中の例外はワン スーテッド ハンドです。つまり、同じスーツのカードが 4 枚あることです。またワン スーテッド ハンドは弱いです。なぜなら、フラッシュへのアウツをみずから奪っていることになるからです。その上、他のプレイヤーもフラッシュを持っている可能性 (願わくばより小さいフラッシュ) があります。

レインボー ハンドはたいていトラッシュです。例のように AA があってもプレーしやすさは劇的に減少します。レインボー ハンドを持つ確率は約 10% です。

しかし、次のことを覚えておく必要があります:

  • ダブル スーテッド ハンドはハンドの強さとそのプレーしやすさを劇的に増やす。
  • シングル スーテッド ハンドはレインボー ハンドより価値がある。
  • レインボー ハンドはたいていトラッシュである。
  • またワン スーテッド ハンドはフラッシュへのアウツをみずから奪っているので弱い。
ハンドの種類: ラン ダウン

ラン ダウンは PLO で頻繁に遭遇するハンド カテゴリーです。これらは PLO のハンド グループで最強かもしれません。なぜなら、高いストレートとナッツになる可能性があるからです。

AdKhQsJs

JsTs9h8d

9h8d7d6s

オマハでのランダウンは 4 枚の連続するカードがあるスターティング ハンドです。

以下の基本的なルールを覚えておいてください:

  • ラウンダウンが高ければ高いほど、それらは通常良くなる。カードが高ければ高いほど、より低いカードを持った対戦相手にフリーロールする可能性が高くなる。それに加えて、ハイ カードの値の面が常にあります。ツーペアを完成させた場合、たいていより良いツーペアを持っている。
  • 小さいランダウンはたいていナッツへドローしない。
  • 小さいランダウンはやや投機的なハンドである。
  • ダブル スーテッド ランダウンはフラッシュの可能性もあるので極めて強い。

ランダウンについて話す時は、浮いているものについても言及しなければなりません。浮いているカードとは、他のカードとうまく組み合っていないもので、追加のアウツの可能性をつくりません。AKQ4 の例で言うと、浮いているカードは他のカードと協力していない 4 になります。

例:浮いているカード

AdKhQs4c

ランダウンとの関連で、ギャップがあるハンドも言及しておく必要があります。

ハンドの種類: ギャップがあるハンド

ギャップがあるハンドもランダウンですが、間が空いています。4 枚のカードにあるギャップを、トップ ギャップ、ミッド ギャップ、およびボトム ギャップに分けています。ギャップはナッツ ドローをヒットする確率に影響を及ぼすので、品質特性です。ギャップが下にあればあるほど、ハンドは良くなります。しかし、ギャップが上にある場合、多くの場合ナッツにドローしていません。

トップ ギャップ:Js9h8d7d

ミッド ギャップ:9h8h6s5s

ボトム ギャップ: 9h8h7d5s

ランダウンを持っている時は (ギャップがあってもなくても)、ラップをフロップすることが目標になります。

ラップはボードに巻き付いているドローで、そのためたくさんのアウツがあります。

ヒーロー:9h8h7d5s

フロップ: 
Ad6s4c

この例は明らかにその意味を示しています。9875 を持っていて、フロップには A64 が来ました。ハンドは事実上 6 と 4 に巻き付いており、そのためたくさんのアウツがあります。すべての 3、すべての 5、7、または 8 はストレートを完成させます。ラップはそのアウツの数により非常に強いハンドです。

さまざまなハンドの種類についてはこれで十分でしょう。スターティング ハンドを選ぶことに関しては、ひとつのことが特に重要です:強い完成ハンドおよび非常に強いドローの両方をフロップできるハンドを常に持つべきです。例えば、ナット フラッシュ ドローがるセットや、追加のフラッシュ ドローがあるラップ、または同じように強いハンドです。

プリフロップ:基本概念

スターティング ハンドの選択は非常に重要

特にプリフロップでのエクイティは接近しているので、ルーズなプレーをすることで利益を出せると考えるかもしれません。なぜなら、相手よりもフロップによくヒットすることができるし、多くの場合フロップでそれなりのエクイティを持っているからです。

しかし、これは間違った考えです。エクイティの弱みは常にハンド全体に影響を及ぼすからです。3 ベットをコールして、対戦相手の範囲に対して 40% のエクイティを持っていると仮定します。多くの場合、フロップでもまだ 40% のエクイティがあり、ポット オッズに基づいてプレーを続けます。同じことがターンおよびリバーでも言えます。最終的には、ずっと期待値マイナスでプレーすることになります。しかし、この不利な状況に自分自身を追いやってしまいました。

注意してスターティング ハンドを選び、手堅いハンド選択をして、フリーロールされるのを避けます。

大きければ大きいほど良い

大きければ大きいほど良くなります。なぜなら、小さいペアをそして2 つ目に小さいランダウン ハンドをドミネートするからです。常により良いドローを持つことになります。その上、ツーペアは相手のツーペアよりも優れています。他のプレイヤーとともにトリップスをヒットした場合、より良いキッカーを持つことになります。

これらすべての面が、ブロードウェイ カードを特にマルチ ウェイ ポットで主にプレーするべき理由です。

マルチ ウェイ = ナットハンド

マルチ ウェイ ポットでは、常にナッツにドローすることがとても大切です。既に言及したように、フリーロールされたくはありません。言い換えると、他の誰かがナット フラッシュをドローしている場合にセカンド ナット フラッシュをドローするべきではありません。PLO では、K ハイ フラッシュでもたいてい良くありません。このルールを覚えておくようにしてください。多くのお金を失わずに済むでしょう。

ヘッズアップ = ナットでないハンドが可能

ヘッズアップ ポットでは、例えばブラインド バトルや 3 ベット ポットでは、必ずしも相手がナッツを持っていると考える必要はありません。この場合、特定の状況では小さいフラッシュでさえベスト ハンドかもしれません。

これらがフロップに関連する全てのトピックであるということに、あなたは反対するかもしれません。そしてこれらはプリフロップで関与していないと思っているかもしれません。しかし、それは完全に正しくはありません。スターティング ハンドを選ぶ時は、これら全てを既に考えておく必要があります。スターティング ハンドを選ぶ時は、常に将来のフロップの組み合わせと対戦相手の組み合わせを考慮します。

3 ベット

テキサス ホールデムとは対照的に、よくバランスの取れた 3 ベット戦略は初心者には実現させるのが難しいです。ノー リミットとは違い、PLO での 3 ベットはたいていコールされます。ひとつに、これはプリフロップ エクイティが接近していることと関係しています。また一方で多くのハンドはフロップでプリフロップとは根本的に異なるエクイティになります。それがプレイヤーはまずフロップをよく見てみるべき理由です。

従って、つねによくバランスの取れた 3 ベット範囲を持つことが重要です。AA だけでなく、強いエース、プレミアム ダブル スーテッド キング、およびビッグとスモール ダブル スーテッド ランダウンなどもバランス良く 3 ベットするべきです。こうすることで範囲のバランスが非常に良くなって対戦相手を欺きやすくなり、相手にハンドを読まれることがなくなります。

反対に、AA だけを 3 ベットする弱いプレイヤーを簡単につけ込むことができ、彼らのハンド、つまり AA に対して完璧なプレーができます。

フロップ:9h8d6s

このフロップは AA** にとってかなり良くないものです。対戦相手は AA だけを 3 ベットすると分かっているので、このフロップは常に攻撃することができます。もし相手が良いキッカーを持っていない場合 (例、AAT7、AA99)、相手はそのアクションに対してフォールドしなければならないでしょう。当然、あなたが AA** だけを 3 ベットする場合、同じことが当てはまります。対戦相手はこのボードで攻撃してくるでしょう。

3 ベット範囲に AA の他にランダウンを含めている場合、対戦相手はむやみにこのボードで攻撃できなくなります。また、この状況で JT97 や似たような強いラウンダウンを含めることができるなら、AA をプレーしてもっと利益を出すこともできるようになります。

マルチ ウェイ対ヘッズ アップ

例:
ヒーロー: Jc9c8d7d

フロップ:
KdQdTh

スターティング ハンドを選ぶことの重要性を示すために、次のフロップでの例を検討してみましょう。スターティング ハンドのプレーのしやすさを常に考慮しなければなりません。

あなたは J987 ダブル スーテッドをプレーすることにしました。フロップで強いドローをフロップしたように見えます。ストレートおよびフラッシュ ドローがあります。

多くのプレイヤーはこの状況で深く考えず、フロップでオールインします。しかし、それは良いプレーでしょうか?

他のオールインしてくる可能性があるハンドに対してのエクイティを調べてみましょう:

  • フラッシュ ドローがある Axxx: 46.92%
  • あらゆるキッカーがあるセット: 54.99%
  • AJxx:27.75% (AdJd**: 0,00%)
  • セットとフラッシュ ドロー: 26.54%
  • セット、より大きいフラッシュ ドローとナット ストレート: 0.00%

フロップはあなたにとって素晴らしく見えますが、実際はそうではありません。フラッシュ ドローのような比較的弱いハンドに対してさえも、五分五分以上を実現させることはほとんどできません。より強いハンドに対しては、ドローイング デッドになるでしょう。

ベット サイズ

強いハンドは常にレイズするべきです。標準的なレイズ サイズは 3 BB またはポット サイズまでのいずれかです。

時には UTG からの AA などでリンプ/3 ベットしたり、または投機的なハンドでリンプ/コールしたりして、ポットを小さくすることも考慮できます。これは確実に選択肢でしょう。しかし、標準的なレイズをした方がゲームはより簡単になります。標準的なレイズをした時は、プレーのバランスを取る必要さえありません。どれが自分に適しているか試してみてください。

上記で非常に重要な部分については言及しました。3 ベット範囲はいくらかバランスが取れているべきです。AA だけでなく、強いエース、プレミアム ダブル スーテッド キング、およびビッグとスモール ダブル スーテッド ランダウンなどもバランス良くレイズするべきです。こうすることで範囲のバランスが非常に良くなって対戦相手を欺きやすくなり、相手にハンドを読まれることがなくなります。

まとめ

このセッションでは、PLO で成功するために優れたスターティング ハンドの選び方がどれくらい大切であるかについて学びました。その選び方は、ノー リミット ホールデムよりもはるかに複雑で、より多くの要因に影響されます。それが PLO ではチャートが全く意味をなさない理由です。

さまざまなハンドの種類を紹介し、与えられたスターティング ハンドの質を判断するのに役立つ特徴を見てきました。

さらに、それらのハンドで 1 人を相手にする時、または複数の対戦相手とプレーする時によってどのような違いがあるかに学びました。

ここで紹介した基本概念を身につけた時、また続くセッションを注意深く読めば、PLO で素晴らしいスタートを切ることができるでしょう。