このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略トーナメント

フィックス リミット トーナメントをプレー

はじめに

このセッションでは以下を説明します。
  • なぜフィックス リミット  MTT が面白いか
  • 異なるトーナメント ステージのプレー方法
  • キャッシュ ゲームとの相違点と類似点

大半のポーカー プレイヤーと同じく、トーナメントをいくつかプレーしたことはあるでしょう。このタイプのゲームは多くの可能性を秘めています。: アクションの多さ、比較的小さいバイインで得られる大きな賞金、弱いプレイヤーの多さなどです。トーナメントの多くはノー リミットですが、他のタイプも見てみる価値があります。例えばフィックス リミットなどがそうです。

しかし、FL MTT (フィックス リミット マルチ テーブル トーナメント ) は普段、お馴染みのノー リミットの影に隠れてしまいます。参加者の少なさから、賞金ももちろん小さくなりますが、これらのトーナメントで収益が上がるようにプレーすることは可能です。このセッションではそのやり方を説明します。

MTT ではバイインである数のチップを買います。これがスタート時に持つことになるスタックです。ブラインド レベルが定期的に上がり、有効スタックが小さくなることになります。チップを全て失うと敗退することになります。これがキャッシュ ゲームとの大きな構造上の違いです。

異なるトーナメント ステージ

ノー リミットと同じく、フィックス リミット トーナメントもいくつかのステージに分けることができ、各ステージに自分のゲームを合わせる必要があります。

序盤

トーナメント序盤、ブラインドは低く、全てのプレイヤーは堅実なスタックを持っています。最初のスタック サイズがビッグ ベット (BB) 何個分かということは、バイインとポーカー ルームのストラクチャに大きく左右されます。ここではスターティング スタックが 75 BB であるとしましょう。これは PokerStars で一般的なサイズです。キャッシュ ゲームで得たフィックス リミットの知識は、序盤では自分のゲームの基礎となります。

序盤の段階では、キャッシュ ゲームとの違いはあまりありません。: そこそこ負けてもそれを吸収するだけのスタックがありますので、キャッシュ ゲームで利益の出るハンドをプレーすることができます。

Axs、スーテッド コネクタ (SC)、ポケット ペア (PP) などのあまり良くないハンドはよりパッシブにプレーすることをオススメします。ブラインドの小ささゆえにこの段階では多くのプレイヤーがルーズにプレーしすぎる傾向にあります。あまり良くないショーダウン バリューのハンドではバリューを失う一方で、投機的なハンドはバリューを得ることになります。

相手は多くコールし、ブラインドを取ることで得られるチップは少ないことから、スチールはタイトにするべきです。これが不明のハンドに対してブラインド ディフェンスをするときはタイトになるべき理由でもあります。

序盤では、堅実なスタックで中盤を迎えるためにチップを集めることを目標とするべきです。ハンドに関わっていない時間を使い相手をよく観察しましょう。情報を多く持ったものが一歩先を行くということは、ポーカーの常です。FL MTT に関するコンテンツは少ないですから、多くのプレイヤーは経験不足で、弱いでしょう。相手の弱点を見つけ利用することは中盤、終盤で相手に対して優位に立つために重要な側面です。

中盤

最初のプレイヤーが敗退しました。ブラインドが上がり、平均スタックは 10-15BB ほどとなりました。中盤では、スタック サイズにより次にすべきことを決めることになります。いくつか負けてしまい 0-10BB あまりうまくいっていない場合は、タイトなゲームを続け、弱いプレイヤーを攻撃する適切な状況を待ちます。

そこそこのスタック (> 10BB) を持っている場合、プレッシャーをかける時です。ロー ステークスの平均的な FL トーナメント プレイヤーは弱いパッシブなプレイヤーですので、格好の獲物となります。スチール レイズやルーズな 3-ベットをすることで、プリ フロップで既に相手にプレッシャーをかけることができます。

コールするとスタックの大部分を出すことになるため、多くのプレイヤーが中盤で非常にタイトにブラインド デフェンスをします。コールは非常に大きな投資であり、フィット オア フォールドでディフェンスをするのは割に合いませんので、自分のデフェンスの動きよく考えるべきです。弱いプレイヤーに対した時は、多くの場合、3-ベットやフロップでもっとブラフすることでアクティブにディフェンスすることが推奨されます。

有効スタックが小さくなったことから、この段階ではポット コントロールが役に立ちます。フロップでのコンティニュー ベットはまだ意味を成しますが、時にはターンを諦めるかチェック ビハインドで良いリバーが出るのを願う方が良いということもあります。ここでの利点は、キャッシュ ゲームとは違い、中盤でのその他のアクションと同様にブラフもスタックの大部分を投資することになることから、多くのプレイヤーはこのようなスポットでブラフをする勇気が無いようであるということであり、。このため多くのプレイヤーはブラフに投資することを避けます。

終盤/バブル

終盤、平均スタックが 7BB 未満となり、ほとんどのプレイヤーがクリエイティブなフロップ後のプレーをする余裕がなくなります。この段階では通常非常にタイトなゲームとなります。多くのプレイヤーが自分のプレー スタイルを守りプレーしますので、終盤でもまだ良いタイトなプレイヤーに対してアグレッシブなプレーを利用することができます。

このかなりの終盤の段階では、これまで築いてきた相手の読みが特定の状況にゲームを合わせるために重要な役割を果たします。多くのプレイヤーがフロップでフィット オア フォールドでプレーするようになり、特に 3-ベット ポットでそうなるため、攻撃しやすくなります。ノー リミットと同じく、常にテーブルでの配置に気を配ることが重要になります。どのプレイヤーが弱く、どのプレイヤーが強いかだけではなく、彼らのスタック サイズに気を配ることも重要となります。

ビッグスタックはよりルーズに、そしてスモールスタックはよりタイトにプレーし、良いハンドを待つことになります。スタックが十分な大きさであるなら、ミドルスタックの相手にプレッシャーを与えるべきです。このようなプレイヤーは十分なスタックがあり、 ITM に入ることが現実的な目標であるため、あまり良くないハンドでスタックを危険に晒したくないと考えます。

そしてより重要なのはテーブルの動きを観ることです。他のプレイヤーもこれを利用しようと考えている可能性がありますので、そのようなプレイヤーにプレッシャーをかけるのも良いかもしれません。

ITM/ファイナル テーブル

バブルを抜けると、多くのプレイヤーがルーズになり、フォールド エクイティが減少します。特にショートスタック (< 3BB) はできるだけ多くのチップを手にするか負けるかにかけオールインしてきます。この状況でプレッシャーにさらされていない場合、この段階では慎重に行き、タイトなイメージを作って、相手を観察し読みを築くことができます。

ゲームの理論的な側面からすれば、この段階は終盤とそれほど変わりありません。ブラインドは大きく、平均スタックは 5BB で、スチールはスタックにとって非常に重要となります。ファイナル テーブルが近くなったら、テーブルの動きに注意を払うべきです。テーブルが閉じられ一緒にされる前に、フルリングやショート ハンドでプレーする段階があり、多くのプレイヤーがこのテーブルでの動きの違いを過小評価しています。

まとめ

FL MTT の序盤はキャッシュ ゲームと同じですが、若干タイトに、そしてもっと投機的ハンドをプレーするべきでしょう。NL MTT との類似点が多くあり、両方共、相手が見せる典型的な行動によって自分の通常のゲームを調節または通常のゲームから逸脱する段階があります。各ステージでの理想的なプレーがどんなものであるかを知るには経験を必要とします。このセッションは FL MTT を理解するための土台を築くものです。

このセッションのまとめとして、NL と似たように、異なるスタック サイズがどのようにゲームに影響するかに関するいくつかのガイドラインを説明します。:

  • > 12BB: 良いスタックがある。説明したゲームの調節と相手にプレッシャーを与えながらキャッシュ ゲームと似たようにプレーすることができる。
  • 8-12BB: 堅実なスタックがある。しかし若干タイトにプレーし、ショーダウン バリューのあるハンドをもっとプレー、ブラフはあまりしない。
  • 3-8BB: パニックにならないことが重要。スタックはまだ大丈夫。スターティング ハンドを慎重に選択し、良い状況を利用してスチールする。
  • < 3BB: NL とは違い、 3BB は FL トーナメントではまだ大丈夫。 - 我慢して、良いスターティング ハンドでポットにコミットする。