勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略フィックスリミット

初心者の犯しやすい 10 個の典型的な誤り

はじめに

このセッションでは以下を説明します:
  • 誰もが誤りを犯しますが、ある者は他の者以上に誤りを犯します
  • 相手が犯した誤りは、あなたの利益になります
  • あなたがしない誤りは、あなたの利益になります

ポーカーには、非常に簡単な原理があります。相手に誤りを犯させることができれば、あなたにはいつも利益がもたらされます。

しかし、もちろん、その反対も真実です。あなたが誤りを犯せば、そのたびに損をすることになります。

もちろん、相手が大きな誤りを犯して悪いカードでリバーまで勝負を続けたのに、マジック カードを引いてポットを獲得する、というようなことも起こりえます。このようなことが、何度も起きるということもあるでしょう。しかしながら、プロの観点からすると、彼は負け続けているのです。あなたの相手は誤りをし、再び誤りを犯しているのですから長い目で見れば結局、彼は負けることになるのです。 短期の結果や、彼が今いくら勝っているかは無関係です。その結果は、週末、月末、あるいは年末に分かるでしょう。

あなたがポーカーで成功することを望み、長期的に自分のバンクロールを構築し、そしておそらくは最高のステークスでプレーをしたいという野心があるのなら、プロのプレイヤーが心がけている以下のような「目標」を持つことが大切です。

思考
  • 私は自分の利益を最大にするために、誤りを最小にします。
  • 私は自分の利益を最大にするために、相手ができるだけ多くの誤りを犯すようにします。

このセッションでは、初心者が一番犯しやすい 10 個の誤りをリストにしています。これを多少、自己批判的に読んでください。なぜなら、自身の誤りを見つけることによってのみ、その誤りを正すことができるからです。次のページでそのやり方を説明します。

ダウンロード

プリ フロップ プレー用の表

ポーカーの数学的概説 - オッズとアウツの表


1: どんなスターティング ハンドでもかまわずにプレーしてしまう

問題

テーブルに 10 人のプレイヤーがいる場合、利益の出そうなスターティング ハンドは 20% しかない、というのが厳しい数学的真理です。しかも、悪いハンドでプレーするということは、負の期待値でギャンブルをしているようなものです。

A2o (o はオフスーツの意) のようなハンドをレイト ポジションであなたが持っており、かつ 2 人のプレイヤーが既にゲーム中であって、そしてあなたがフロップまで進むにはスモール ベット (SB) をしなければならない場合、予想される獲得金の額は、1 個分の SB より小さいのです。もちろん、この特定の状況下で幸運にもそのハンドで勝つこともありますが、最終的にはあなたは損をするでしょう。

忍耐はポーカーで最も大きい美徳の 1 つです。「イライラして自制心を失い、正しいカードが来るまで待つことができない」、というのは多くの初心者がする誤りです。

解決策

この誤りは技術的には修正しやすいものです。次のセッションで説明されるスターティング ハンド表に書いてあることをしっかり守ることです。この表を守れば、長期的に利益の出る状況だけで必ずプレーできるようになります。

前述の表は、右のプリ フロップ プレーに関する基本セッションにあります: 「プリ フロップのプレーの仕方

そのセッションに説明された概念を習得し、ゲームのやり方を向上させたいという意欲があるのなら、「プリ フロップ: フロップ前の高度なプレー」、でブロンズのセッションを読むことができます

あなたの態度に関して言えることは、ただ、「実践するための忍耐力がなければ、あなたの上達はしれたものである」、ということです。しかし、ことわざにもあるように、「継続は力なり!」です!

 

2: 弱いハンドでコールド コールしてしまう

問題

コールド コールとは、プリ フロップ時に、2 ベット以上に対してコールすることです。例えば、1 人の相手がベットし、別の相手がレイズし、そしてあなたがこれにコールしたとすると、あなたは 2 ベットに対してコールしているので、コールド コールをしたといことになります。あなたは、フロップを見るために、2 つのベット、ビッグ ブラインド 、およびレイズの代価を払っているのです。

レイズに対してコールド コールすることが正しい行為であるということはめったにありません。この状況について、アメリカ人のポーカー専門家で著作家のデビッド・スクランスキーが、このことをギャップ概念という単純な概念にまとめました。

ギャップ概念: あなたが自分からレイズするのでなく、相手のレイズに対してコールするためには、あなたにはより強いハンドが必要になります。

あなたが AQ を持っていると仮定します。あるプレイヤーがあなたの前にレイズした場合、(話を分かりやすくするため、そのプレイヤーはより早めのポジションにいると仮定します)、彼にはプレミアム ハンドがあるということを示しています。

プレミアムハンドとは何でしょう? AA、KK、QQ、JJ、TT、AK、AQ、およびおそらくは AJ と 99 も含まれます。AQ が強いのは AJ に対してだけです。他のハンドに対して、それは弱いものです。

投資する必要性はまったくなかったのに、あなたはなぜそのような厄介な状況にかかわったのでしょうか?

あなたが最初に AQ でレイズしたのなら、あなたがテーブルで最良のハンドを持っているという十分な見込みがあります。PokerStrategy.com でも提案しているように、AQ のハンドを持っている別の相手に対しても、その人が慎重なプレーをする人であれば、フォールドさせることができるかもしれません。

また、AQ は 88 のような小さいワンペアに対しては若干弱いのですが、そうしたワンペアのハンドを持つプレーヤーを追い払うこともできるでしょう。あなたの相手は、あなたが AQ 「だけ」を持っているとは知らないのです。彼らは、それが高いワンペア (99 以上) と思っている可能性もあるのです。

ワンペアはより高いワンペアの次に来るもので、勝率は約 20% です。このため、小さいワンペアでは 2 つのベットにコールすべきではないのです。実際、あなたは、AK または AQ のような 2 枚のオーバー カードに対して若干有利な立場にいるか、あるいは、より高いワンペアに対して非常に弱い立場にいるかのどちらかなのです。

これは悪い状態です。しかしながら、あなたが AQ でレイズしたことは、スモール ペアに対してうまく防御したことになりますし、AQ がビッグ ペアになる可能性もあります。また、あなたが主導権を持っていると、ポーカーで非常に貴重な利点になります。

解決策

表に書いてあることを守ること! それ以外の道はありません。あなたがレイズに立ち向かう場合や、自分のハンドを見ながら、「うん、これは良いカードのように見えるな」、と思う時はいつでも、ギャップ概念を思い出し、そして、自分のハンドがコールド コールすることができるくらい十分強いかどうか自問してみてください。このため、自分からレイズするのでない場合、より強いハンドを持っていなければなりません。

 

3: AK または高いワンペアなのにリンプしてしまう

問題

時には、一部のプレイヤーがプリ フロップで AK、AA、KK、または QQ で、相手をわなにはめるために、コールしてくる場面に出くわすこともあるでしょう。これはほとんどの場合、誤りです。特に QQ の場合そう言えます。なぜならこのワンペアは、フロップで 2 つのオーバー カード (エースまたはキング) で簡単に負かされることがあるからです。あなたがフロップまで、より多くの相手を招き入れようとしてこのハンドで消極的にプレーすると、相手のうちの 1 人がエースまたはキングのワンペア、もしくはツーペアさえも作ってしまう可能性が非常に高くなります。

相手が 1 人の場合には、あなたが勝つ可能性に変化はありません。AA でさえも複数の相手に対しては弱いのです。ですから、少なくともブラインドだけは、あなたがレイズをかけてゲームから降りさせるようにしないといけません。「ブラインドが易々と居残ることを許したために、AA がつまらないツーペアに対して負ける」、ということが何度あったと思います?

さらに、より低いステークスでは、プレイヤーはコールド コールをしてくることが多くなります (ポイント 2 を参照)。AA でレイズすれば、コールするのよりももっと多くのお金をポットに集めることができます。駆け引きをする必要はありません。むしろ、そのようなプレーはまったくやらない方がいいのです。そういう企ては空振りに終わって、稼ぐお金よりもより多くのお金を失うことになるでしょう。

ポットが既に大きいなら (レイズによって)、プレイヤーは完成する可能性が低いハンドや発展途上のハンドでも、フロップでコールする傾向があります。ここでもまた、AA のプレイヤーはお金を得ることができます。

解決策

単に、実直にプレーして、表に書いてあることを厳密に守ってください! トリックやトラップはいりません! あなたには、レイズしても良いようなハンドがあるのでしょう? それならば、レイズしてください。多くの初心者は、AA のように強いビッグ ハンドを持った場合、ポットにもっと多くのお金を集めるためには、リンプしなければいけないと考えます。ナンセンスです!

こういうプレイヤーが、2 枚のエースを持っていたとき、72o を持っているビッグ ブラインドにツーペアを作られて、「俺はなんてついていないんだ」、と不平を言うのです。プリ フロップでレイズをしていたなら、ブラインドにフォールドまたは誤りを犯させることができたかもしれないのです。そういうやり方をしていれば、長い目で見れば、お金があなたにもたらされるのです。これがポーカーの基本原理の 1 つです (「はじめに」を参照)。

 

4: 潜在的な優越性しかないハンドでプレーしてしまう

問題

ゲームを学んでいる多くのプレイヤーが、キッカーに関する問題を持っているように思えます。そういう人たちは、A3o のようなハンドでプレーしている時に、エースがフロップに出ると、良いハンドだと考えます。そしてリバーまでコールしていったあげくに、より高いキッカーを持っていたプレイヤーの作った別のワンペアのエースによって負かされるのです。

アーリー ポジションで A9 のようなスモール エース、またはそれよりも悪い、またはより小さいスーテッド エースでプレーするのを好む場合、あなたはしばしば他のハンドによって打ち負かされるでしょう。エースが、フロップで出た場合、通常 2 つのシナリオが考えられます。

  • どの相手もエースを持っておらず、全員がフォールドして、あなたが少額のポットを獲得する。
  • 1 人のプレイヤーが、より大きい数と組み合わさったエースを持っており、そのため、あなたのハンドはお金のかかりそうな次善のハンドということになる。つまり、リバーまでお金を支払ったあげく自分のハンドが弱いということを知るのである。

潜在的に優越性のあるハンド (トラップ ハンド) のその他の例は、KJ、KT、QJ、QT、そして JT です。これらの 1 つを使ってトップ ペアのハンドを得た場合、あなたはより良いキッカーを持った「正統」のハンドとしばしば対決することになるでしょう。例えば、KJ は、AK、KQ、および AJ に対して優越性で負けます。

トラップ ハンドが、アーリー ポジション、またはミドル ポジションからプレーされた場合、それは「正統」のハンドではありません。この場合、優越性で負ける危険性があまりに大きいからです。優越性で負けたハンドで勝てることはほとんどなく、負けることが多いのです!

解決策

トラップ ハンドを避けて、表に書いてあることを守ること! ポーカーは、きれいな組み合わせのカードを見せびらかして、美を競い合うビューティー コンテストではありません。キングとジャックのように、2 つの絵札は良く見えるかもしれませんが、正しくプレーしないと、損をすることが多いのです。「KJ ではプレーをしないことを学ぶことが、良いポーカー プレイヤーになるための最初のマイルストーンである」、と一般に言われています。

 

5: 弱いドローなのにコールしてしまう

問題

多くのプレイヤーは、ポット オッズとアウツ (見返りとベットのリスクについての数学的評価) に関する基本概念を理解していません。

この考え方に慣れるのが簡単ではないということは理解できます。しかし、これは正しい決定を下すためには欠かせないものです。特に、あなたはハンドをあきらめる能力を身につけなければなりません。

ドローは未完成のハンドで、ベットはそれが持つ期待値に対して行います。相手からベットがあった場合、あなたは自分のドローがもし完成したら、完成できなかったときに比べて平均でより多くのお金が得られそうな場合にのみ、コールをしたいと思うでしょう。

ほとんどのプレイヤーが、自分のハンドに深入りし過ぎて、そのために必要以上のお金を支払っています。例えば、KQ7 のフロップに対して、A2o を持っている場合、「私にはエースを得るチャンスがあるので、コールをしよう」、と考えたとします。

その場合、忘れていることは、「エースがターンで現れる確率は 1/15 しかなくて、しかもそれでもまだそれは比較的弱いハンドでしかない」、ということです。(より大きいエースや、より良いハンドに対して負ける可能性があります)。

こうした状況でいつもコールをすると、長期的には多額のコストがかかります。これはあなたの相手が最も一般的に犯しやすい誤りであり、そこからあなたの勝利が大部分導かれるのです。彼らは自分のハンドをあきらめようとしないのです。彼らは、自分に必要なカードがターンかリバーで現れてポットを得ることができると期待するのですが、自分のドローのためにお金を使いすぎていることには気付かないのです。

解決策

ポット オッズやアウツを習得するのは難しいことです。なぜなら、その背景にある理論の精緻さのレベルが高いからです。しかしながら、自分のアウツの数をその強さに基づいて数えたり、低めに考える方法を学ぶだけでも十分なのです。また、次のカードで手がよくなる確率を計算する方法を学だけでも十分でしょう。(「ポスト フロップ: ポーカーの数学的概説 - オッズとアウツ」 を参照。)

 

6: 良いハンドなのに消極的にプレーしたり、ゆっくりプレーしてしまう

問題

多くのホールデムの初心者がこう考えます。「私の相手はどんな種類のカードの組み合わせでも勝負してくる。私が火になってベットやレイズをしても、彼らはフォールドしないで、リバーまでコールをしてくる。 そして、突然良いカードを引いて、私を負かしてしまう。これなら、最初からベットをしない方がましだ!」

これは明らかに数学的な誤りです。まず、あなたは潜在的に勝つ見込みをあきらめています。また第 2 に、相手が次のカードを無料で見ることを許しているのです!

解決策

数学的な例を見てみましょう。あなたには、AK があって、相手は、76 があり、フロップは K62 です。あなたが今先頭です。平均的に、あなたはすべてのケースで 80% 以上勝つでしょう。

あなたが $1 ベットして、相手がそれにコールした場合、ポットにある $2 のうち約 80%、つまり $1.60 はあなたに属します。あなたの相手は、$0.40 しか得ないでしょう。これは、あなたが自分のベットで $0.60 の利益を得たことになり、それは事実上、あなたの相手があなたに支払ったものなのです。

これらはもちろん平均値ですが、長期でみればそうしたベットは本当にお金をあなたにもたらすでしょう。相手が不正確なコールをしてくれる毎に、あなたにお金が入ってくるのです。

では、相手のコールが正しい場合、どうなるでしょうか? 彼がフォールドしてくれるなら歓迎すべきことですが、そのことは今は忘れてください! 彼らは、悪いハンドで既に過大なコールをしています。彼らが正統なハンドを持っているのに、フォールドさせることはできないでしょう。

あなたが利益を得るには、彼らに悪いコールをさせることです。あなたがしなければならないことは、現在、ベットとレイズで先行しているあなたのハンドをプロテクトすることです。相手が次のカードを見るには、あまりに多額の費用がかかるようにしてやりましょう! 自分の利益を最大にして、相手のものを最小にするのです。

では、プロテクションを必要としないほど良いハンドはどうでしょう? これはスロープレイと呼ばれます。より低いステークスの相手がコールをし過ぎるので、多くの場合、スロープレイではあなたはあまり利益を得ないでしょう。1 つには、相手はいずれにしてもコールをしてくるでしょう。そして、あなたが何回もレイズしても、彼はそれをただのブラフだと思うでしょう。

 

7: あきらめが悪い

問題

多くのプレイヤーが、自分が明らかに負けたと分かっていても、自分のハンドを手放そうとしません。

シナリオ 1: あなたはビッグ ブラインドで A 2 を持っています。フロップは A 5 9 です。フラッシュ ドローもストレート ドローも不可能です。あなたはベットし、一度コールされ、次に、レイズされました。目下のところ、あなたのハンドは負けているように見えます。リバーまでコールダウンした (すべてのベッティング ラウンドでコールすること) のは大きな間違いであったように思えます。

シナリオ 2: あなたは A A を持っています。フロップは 7 8 9 です。アーリー ポジションのプレイヤーがベットし、コールされて、次にレイズされました。この場合、あなたはそのエースのワンペアを手放さなければなりません。どう見ても、あなたは既に負けています。たとえ、あなたが今先頭に立っているとしても、リバーでは負けてしまう危険性が大いにあります。

解決策
前の 2 つの例と違い、これは自分が負けているとは分かりにくいケースです。あなたは、経験を積むことやゲームのやり方を学ぶ中で、自分がいつ負けたかを知ることができるようになるでしょう。そのために大いに役立つのが、コーチングとサンプル ハンド掲示板です。あなたがハンドに関して疑問があるなら、それに関して議論をして、プロの審判にフォーラムでそれを分析してもらいましょう。また、他のプレイヤーのハンドを見たり、分析を読むことも非常に重要です。


8: ポジションを無視してしまう

問題

ポーカーとは、ただカードでプレーすることだけを指すのではありません。多くの初心者が、このゲームについて多少狭い視野を持っており、カードでプレーすることだけを考えています。しかしながら、ホールデムはまたポジションのゲームでもあります。「あなたのハンドの強さは、あなたのポジションに依存する」、という概念は初心者用のセッションで既に学びました。また、これはあなたの相手にもあてはまることです。

シナリオ 1: AT を持つプレイヤーが UTG (アンダー ザ ガンの略で、プリ フロップで決断を下す最初のプレイヤーの意味) の立場でコールしました。

AT は悪いハンドではなく、ミドル ポジションなら、自分の前にコールがまったくなければレイズをしても良いものです。しかし、UTG では、それは弱いハンドです。なぜなら、まだ後 9 人のプレイヤーがこれからアクションを起こすからです。彼ら全員に、より高いエースまたは高いワンペアを持つ可能性があります。

シナリオ 2: あなたはフロップでフラッシュ ドローができました。あなたの右のプレイヤーがベットし、あなたがレイズ、そして他のすべてのプレイヤーがフォールドしました。

レイズは誤りでした。なぜなら、あなたは完成ハンドを持つプレイヤーと 2 人きりになってしまったからです。望ましくは、2 人のプレイヤーに対してフラッシュ ドローでプレーするべきだったのです。

フラッシュ ドローでは、相手を追い払うようなことはめったにしてはいけません (ポットが既に大きくなっている場合は別です)。

解決策

決断を下す前にまずするべきことの 1 つは、自分のポジションと相手のポジションをチェックすることです。なぜなら、それがテキサス ホールデムで非常に重要なことだからです。これのため、あなたはポジションとハンド表を徹底的に研究するべきです。正しいか正しくないかの相違点は、わずかに 1 つか 2 つ、場所が離れているだけで決まってくるのです。  

 

9: 相手および相手の起こすアクションを無視してしまう

問題

ポジションの過小評価の場合と同様、プレイヤーの中には、ポジションは重要な意味を持っていることを無視して、自分のカードだけに固執したプレーをする人がいます。

どんなハンドでも、絶対的価値はありません。スリーカードが強いのは、他の誰もストレートまたはフラッシュを持っていない場合だけです。どんな決断も、相手のプレイヤーのアクションを考慮して行われるべきです。そうした相手のアクションは、彼らのハンドの強さを示しているからです。

どのような場合でも、量ではなく、品質が問題なのです。したがって、内気で受け身のプレイヤーがレイズした場合はモンスターがあることを意味するかもしれませんし、逆に、テーブル マニアック (過度に攻撃的なプレイヤー) からのレイズは、単に彼が 2 枚のカードを持っているだけなのに、ベットしたがっていることを意味しているのかもしれません。
解決策

注意を怠ってはいけません! いつもテーブルで起こっていることを見てください。決断をくだすときは、相手のアクションとそのアクションが意味することについて考えてください。

あなたがハンドに加わっていないときは、相手を観察して、以下のことに注意を向けてください。

  • 彼らは、ルーズ プレイヤーですか? つまり、どんなスターティング ハンドでもプレーしたがったり、意味もないのにコールしたがったりしていませんか?
  • 彼らは、タイト プレイヤーですか? つまり、スターティング ハンドが良く、かつコールが有利な場合にだけコールしていませんか?
  • 彼らは消極的にプレーしていますか、それとも積極的にプレーしていますか?


10: 根拠もないのにブラフしてしまう

問題

映画におけるポーカーの場面は、ブラフしている場面が多いですし、それで勝敗がつくシーンを見せています。しかし、これはまったくの間違いです。すべての相手がフォールドするだろうという十分な見込みがある場合にだけ、ブラフすることが正当化されます。プレイヤーの中にはポーカーを、ブラフのコンテストのように思っている人もいますが、それは違います。極端な例では、ブラフばかりしているプレイヤーについて、他のプレイヤーが、「彼は何も言わなくなったから、何かハンドができたのかもしれない」、などと推測してしまう場合すらあります。

解決策

よく理解していただきたいことは、ステークスの低いプレイヤーが犯す大きな誤りは「コールをし過ぎる」、ということです。コールにはあまりブラフの効果はありません。

多少の例外を除き、たとえブラフするのが良いように思えても、あまりそれをするべきではありません。例えば、あなたが AK でレイズしました。フロップは T92 です。これに 4 人がコールした場合、あなたのベットで相手をフォールドさせることができる見込みはほとんどありません。この場合、唯一の正しいプレーは、チェックして、次に何が起こるかを確認することです。

正しいアプローチは、単純なことですが、ビッグ ポットにはビッグ ハンドでプレーして、スモール ポットには弱いハンドでプレーすることです。


まとめ

誰もが誤りを犯します。良いプレイヤーと悪いプレイヤーの違いは、良いプレイヤーの犯す誤りは、より少ない、ということです。このため、彼は絶えず自分のプレーと決断を評価しています。

彼らは言います。「誤りを犯すのは OK だが、誤りから学ばないのは悪いことだ」と。

最初のうちは、誤りを犯すのは当たり前のことです。このセッションで学ぶべきことは、こうした誤りをしないよう、どうそれを見つけて修正するかということです。このことをさらに深めて学ぶために PokerStrategy.com で利用可能な多くの教材があります。セッション、ビデオ、コーチング、および掲示板などがそうです。