このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略フィックスリミット

ポスト フロップ: フロップ テクスチャー

はじめに

このセッションでは以下を説明します:
  • 重要なテクスチャー
  • ボード カードはどれくらいうまく互いに機能しているか
  • 現在のボードから、いくつのハンドができるか

テクスチャー

テクスチャーとは、コミュニティ カードの構造、および「相互作用」と定義されます。例えば「いくつのドローがどのように可能か」ということを意味します。

フロップは、テキサス ホールデムのどのハンドにとっても重要なポイントになります。3 枚のコミュニティ カードが出ると、あなたのハンドが突然飛躍的に強く変化することがあります。プリ フロップでのあなたのハンドが物足りないものであっても、フロップでモンスターになる、ということがあるかもしれません。

逆に、あなたのハンドは前に強いハンドを持っていても、極めて好ましくないフロップに当たれば、物足りないハンド、あるいはトラッシュ ハンドに変わる可能性もあります。すべてのポーカー プレイヤーが持つべき重要な技術は、フロップと状況を分析して、すぐに自分のカードと相手のカードがコミュニティ カードと結びついてどんな役ができているかを評価できる能力です。フロップ テクスチャーは、この分析過程で重要な役割を果たします。

フロップ テクスチャーには、主に3 つのカテゴリーがあります。

  • スーテッド
    ボードには同じスーツ (スーテッド) のカードが何枚ありますか? フラッシュ ドローまたは完成フラッシュは可能ですか?
  • 連結性
    ボード上で、何枚の連続したカード、または密接に接合したカードがありますか? ストレート ドローまたは完成ストレートが可能ですか?
  • ハイカード
    ボードには、何枚のハイカード、絵札、またはエースがありますか? ハイカードはよく使われます。コミュニティ カードが多ければ多いほど、だれかが何かを完成させる可能性が高くなります。

まず、ボードのスーテッドの状態と連結性を検討します。次に重要なことは、ボード上でのハイカードおよびペアの数とランクです。

ダウンロード

プリ フロップ プレー用の表

ポーカーの数学的概説 - オッズとアウツの表

 

レインボー フロップ

フロップ テクスチャーを検討する第一歩は、フロップで何枚のスーテッド カードができたか、そして、そのカードがどれくらい高いかを判断することです。フラッシュ ドローまたは完成フラッシュは可能ですか?

この場合、3 つの異なった構成があります。

  • レインボー フロップ: すべての 3 枚のフロップ カードが異なったスーツのもの。
  • 2-スーテッド フロップ: 2 枚のフロップ カードが同じスーツのもの。
  • 3-スーテッド フロップ: すべての 3 枚のフロップ カードが同じスーツのもの。
レインボー フロップ

すべてのフロップにおいて、その 40% がレインボー フロップ、すなわち、3 枚のスーツがすべて異なっているフロップになります。その場合、どんなフラッシュ ドローも不可能です。バックドア ドローとは、ターンとリバーの両方で発展しないと成立できないドローを指しますが、全体の中でこれが成功する確率はわずか 4% です。

2 つの典型的な形式のレインボー フロップは、1 枚のハイカードを有するフロップと、ラグ カード (低ランクカード) ばかりのフロップ、つまりフロップの 3 枚のカードがすべて 8 以下のものです。もちろん、より上のハイカードまたはワンペアの場合もあります。

比較的弱いドローができた場合、例えば、フロップでできたのが、オーバー カード、ミドル ペア、またはボトム ペアの場合、フラッシュ ドローは存在し得ないので、勝てる可能性が比較的大きいのです。適切なポット オッズがあれば、そうしたフロップではショーダウンまでゲームを続けてもいいでしょう。

1 枚のハイカードがあるレインボー

1 枚のハイカードを有するレインボー とは、フロップが 3 枚のアンスーテッドのカードから成っているが、その 3 枚のうちの 1 枚がハイカードであるものを意味します。この比較的一般的なフロップが役に立つことはめったにありません。なぜなら、ストレート ドローはほとんどできず、フラッシュ ドローはまったく不可能だからです。

トップ ペアはこれらのフロップで強いハンドになることがしばしばです。なぜなら、ドローが完成する可能性はかなり低いからです。

その場合、フロップでプレーをするプレイヤーはわずかしかおらず、あなたはミドル ペアまたはボトム ペアを持っています。それは、最良のハンドであることが多いため、レイズするべきです。フロップでセット (手持ちペア+ 1 枚のスリーカード) ができた場合、それは非常に強いハンドであるため、時にはスロー プレーすることも可能です。

しかしながら、ポットが既に大きいか、またはコーリング ステーションが参加している場合、決してスロー プレーするべきではありません。逆にレイズしてください。

1 枚のハイカードを有するレインボーのフロップでは、めったに相手のハンドが完成することはないので、通常これはブラフをかけるには良い状況です。

典型的な例: あなたはビッグ ブラインドで、フロップでは、K75 のレインボーができました。あなたを除くとリンパーは 1 人しかおらず、ポットにはスモール ブラインドがあります。スモール ブラインドのプレイヤーがあなたのアクションにチェックしてきました。ここで、あなたはセミ ブラフ、またはピュア ブラフをかけることができます。ポットの中には 3 つのスモール ベットがあり、あなたがそれに勝ち取るためには 1SB を投資しなければならないため、ブラフが実を結ぶためには、相手が 25% の割合でフォールドしてくれないといけません。

すべてラグのレインボー

この種類のフロップは、あなたが、フリー プレーの場にでもいない限り、自分のハンドが役立つことはめったにありません。なぜなら、相手の方が通常ハイカードを持っているからです。しかしながら、リンパーがセットを完成させたり、ルーズ プレイヤーが少なくともワンペアを容易に完成させることはありえます。

あなたがブラインドにいるなら、ここでの非常に強いハンドは、明らかにセットまたはツーペアでしょう。ツーペアの場合、あなたは常にベットするかチェックまたはレイズするべきです (チェックして、次に相手がベットしてきたらレイズする)、なぜなら、これらのハンドは弱すぎて、スロープレイに値しないからです。あなたがセットを完成した場合も、通常はフロップでベットしてレイズするべきです。そうして自分のハンドで最大限の収益を引き出してください。

だれもそのような強いハンドがない場合は、オーバー ペアが通常は最良のハンドです。フロップでのオーバー ペアは強いですが、傷つきやすいハンドでもあり、ベットやレイズでいつもプロテクトしなければなりません。

ブラフはこのタイプのボードでは通常あまりうまくいきません。なぜなら、相手がしばしばどんな 2 枚のカードでも勝負を続行してくるからです。実際、ここにはどんな高いスケア カード (より強い手を完成させる可能性を持ったカード) もないのですから。

ビッグ ブラインドからフリー プレーが始まった場合、あなたはしばしば弱いトップ ペアをフロップで完成することがあるでしょう。例えば、652 レインボーでの T6 です。1 人または 2 人の相手の場合なら、常にベットするべきです。なぜなら、あなたが最良のハンドを持っている可能性が高いからです。

多くの相手がいる場合には、通常チェックして、だれかがベットした場合に何をしたらよいかを検討することが良いことです。そのハンドがどうプレーされるかにもよりますが、チェック/レイズでプレーしている人数を減らすことが推奨されます。例えば、ボタンまでチェックで進み、攻撃的なプレイヤーであるボタンがベットしたら、あなたはチェック/レイズして、ハンドから何人かの相手を追い払うべきです。アーリー ポジションにいるだれかがチェック/レイズした場合、あなたがフォールドを決断するのは簡単なことです。なぜならあなたの方が勝っている可能性はほとんどないからです。

スーテッド フロップ

2-スーテッド フロップ

すべてのケースのちょうど半分以上 (55%) において、フロップは 2-スーテッドになります。つまり、同じスーツの 2 枚のカードを含んでいる、ということです。これは、「ボードと同じスーツの 2 枚のカードを誰かが持っているなら、フラッシュ ドローが可能」、ということになります。もしあなたがフラッシュ ドローを持っている場合、通常はリバーまでプレーするべきです。

フラッシュ ドローは強いハンドで、すべてのケースの 35% で、リバーまでに非常に強いハンドになる可能性があります。

ワンペアがボードに現れたなら、フラッシュ ドローはかなり弱いハンドになります。なぜなら、ツーペアまたはセットを持っている相手がフルハウスを完成させて、たとえあなたがフラッシュを完成させても打ち負かされる可能性があるからです。この場合フラッシュ ドローでプレーしてもかまいません。ただし、あまり攻撃的にならないようにしてください。

完成ハンドはほとんどがトップ ペアですが、レインボー ボードよりも 2-スーテッド フロップではいくらか弱くなります。なぜなら、相手がフラッシュ ドローを完成させてしまうリスクがあるからです。それにもかかわらず、トップ ペアは通常フロップからベットして積極的にプレーされます。たとえ相手が持っているフラッシュ ドローでフォールドしなくても、こちらに最も良いハンドがある限りは相手にお金を払い続けさせるようにしておくことが非常に重要です。

フラッシュ ドローの可能性があれば、より弱いドローでは、レインボー ボードに比べてより良いオッズがある場合にのみプレーするべきです。よくあることですが、オーバー カード、ガッツショット、またはスモール ペアのアウツ (自分の手が強くなるカードのこと) があてにならない場合があります。なぜなら、そうしたアウツが相手にフラッシュをもたらすことがあるからです。また、たとえターンでハンドを完成させても、誰かがリドロー (ドローに成功した後、更に良い手へのドローの形になること) をリバーで完成させたために負けを被る危険性もあります。このため、あなたは弱いドローは進んであきらめるようにし、非常に高いポット オッズがある場合にのみ弱いドローでもプレーしてください。

ボードの 2-スーテッド カードと同じスーツの 1 枚のエースまたは 1 枚のキングを持っているプレイヤーは、バックドア フラッシュ ドローを持っていると言えます。これは、約 4% の確率でリバーまでに完成します。バックドア フラッシュ ドローは、最低限のハンドよりわずかに強いですが、それだけではプレーを続行するだけの強さはありません。

3-スーテッド フロップ

すべてのフロップの約 5% が 3-スーテッド フロップ、すなわち、フロップに出ているすべての 3 枚のカードが同じスーツになります。これらの場合では、フロップにおけるフラッシュは可能です。

あなたが幸運にもフロップでフラッシュを完成させた場合、より高いフラッシュのドローからそのハンドをプロテクトするため、ベットまたはレイズを常に行うべきです。ただし、ナッツ フラッシュ (可能な中での最強のフラッシュ) の場合を除きます。

逆に、あなたがナッツ フラッシュを持っている場合、それは非常に強いハンドですから、どうプレーすることが最も良いかを検討するべきです。ここでもまた推奨されるのは、だれかがより低いフラッシュまたはセットを完成させた場合に備えてバリューを求めて積極的にプレーすることです。それに、ターンで 4 番目のフラッシュ カードが出てしまうと、積極的にアクションをしても無駄になります。しかしながら、相手が弱いハンドを持っていると思える場合には、ナッツ フラッシュでスロープレイをしても時にはそれが正しいことになるでしょう。

あなたが、オフスーツのカード 1 枚と最高のカード 1 枚、または 2 番目に高いカード 1 枚を持っている場合、通常は、リバーまでプレーしてもかまいませんし、セミ ブラフをしても有益なことがしばしばあるでしょう。しかしながら、より小さいフラッシュ ドローの場合、どんなアクションに対してもすぐにフォールドするべきです。なぜなら、どんなにあなたのハンドを発展させても、ポットを獲得できないという非常に高いリスクがあるからです。すなわち、あなたは、ドローイング デッド (ドローに成功しても負けている) だったのです。

だれもフラッシュを完成させていない場合で、かつ、だれかがセットまたはストレートを持っている場合は、もちろん先行していることがしばしばです。3-スーテッド フロップでは、トップ ペアでもまだプレー可能です。ただし、できる限り控えめにプレーする必要があります。ミドル ペアやボトム ペアなどのより弱いハンドは、常にフォールドするべきです。

コネクトテッド フロップ

フロップ テクスチャーを評価するための第 2 のステップは、ボードにどれだけの連結性があるか、それらのカードにどれだけ近接性があるか、どのストレート ドローが可能か、そしで、どのような完成ストレートがあるかどうかを見つけることです。2 つの主なタイプは以下の通りです。

  • 2-コネクト フロップ: 2 枚のコネクティングしたカードがある場合。例えば、JT。
  • 3-コネクト フロップ: 3 枚のコネクティングしたカードから成るもので、完成ストレートを可能にするもの。
2-連結フロップ

約 40% の割合で、フロップは 2-コネクトのものになります。これはストレート ドローのみならず、ツーペアの可能性をより高めるものです。なぜなら、コネクティング カードのスターティング ハンドでプレーすることを好むポーカープレイヤーはとても多いからです。

まず、レインボー フロップの OESD は比較的強いハンドです。それは 32% の割合でストレートになります。

また、ストレート ドローでオーバー カードがあると、それは、フロップでは非常に強いハンドであり、積極的にプレーされるべきです。

典型的な例は、JT2 レインボーのフロップでの KQ です。もう 1 つのプレー可能なドロー ハンドは、ボードに出ている AK などの 2 枚のオーバー カードでできたガッツショットでしょう。

3-コネクトフロップ

3-コネクトフロップは、プレイヤーが完成ストレートを作ることを可能にします。これのため、このタイプのフロップはいかなるハンドを持っていたとしても非常に危険なものです。

ナッツ ストレート (可能性のある中での最高のストレート) はまた、ナッツ フラッシュほど強くはありません。なぜなら、それはショーダウンではフラッシュに負かされるからです。さらに、より多くのストレート系のカードがターンまたはリバーで現れた場合、フロップでナッツ ストレートだったプレイヤーは、ポットを分けることしかできませんし、最悪の場合はより高いストレートに対して負けることさえあります。したがって、フロップでストレートになった場合は、常に積極的にプレーするべきです。

ストレート ドローでは、それがハイエンドのストレートの場合にだけプレーするべきで、ローエンド (間抜けエンドとも呼ばれる) の場合にはプレーするべきではありません。ローエンドでプレーすれば、より高いストレートに対して負ける可能性が高くなります。

オーバー ペアとトップ ペアでは慎重にプレーするべきです。なぜなら、この場合もまたツーペアの相手に対して負ける危険があるからです (ほとんどのプレイヤーが、コネクティング カードでプレーするのが好きだからです)。

オーバー ペアは、それがストレート ドローと結合するとかなり強くなります。例えば、987 のフロップにおける JJ など。時には、ガッツショットの 2 枚のオーバー カードでプレーしてもかまいません。

ペア ボード

17% の割合で、ボードにワンペアが出ます。トリップス (スリーカード) を持っていると、そのようなフロップでは非常に強いものになることは明らかなことです。しかしながら、あなたのトリップスが弱いキッカーと共にあり、かつ相手が大きなアクションをとってきた場合には、あなたは注意しなければなりません。なぜなら、相手がより良いキッカーのあるトリップスを持っていたり、あるいはフルハウスをも完成させている可能性があるからです。

フラッシュ ドローやストレート ドローは価値をかなり失います。なぜなら、フルハウスや、より強いリドローが完成されるリスクが増しているからです。

めったにないことですが (425 回のハンドで 1 回)、ボードにスリーカードが出ることがあります。クワッド (フォーカード) ができたプレイヤーが、もちろん最良のハンドを持っていることになります。しかしながら、たいていの場合、だれもクワッドは持っていないのです。これらの場合では、ポケット ペアが強く、それが高いものであればあるほど、より良いのです。だれもワンペアがない場合、ハイ カード エース がハンドで最も良いものになります。

ハイ ペア

特に危険なのは、ハイ ペアのあるフロップです。なぜなら、ハイカードでプレーされることがとても多いからです。そのハンドに数人のプレイヤーが参加しているのなら、大抵は少なくとも 1 人はトリップスができています。

フロップまで残ったプレイヤーがほとんどいない場合、オーバー ペア、トップ ペア、またはハイ エースでさえもしばしば最良のハンドになります。なぜなら、ペア ボードでは、他のボードのように 9 枚ではなく、 5 枚のカードとの組み合わせしかないからです。

スモール ペア

通常、同じことはフロップでのハイ ペアについても言えます。しかしながら、そのようなボードで、アーリー ポジション、またはミドル ポジションにいる堅実なプレイヤーが、トリップスを完成させることはほとんどありません。 T44 でのようなフロップでは、タイト プレイヤーはめったに 4 を持っていません。この場合、オーバー ペアまたはトップ ペアでも積極的にプレーするべきです。一方、ルーズ プレイヤー、またはブラインドがポットに参加している場合、彼らがトリップスを持っている可能性を考慮するべきです。

レイズが起きていないポットで、ボードにスモール ペアが出た場合、ビッグ ブラインドに対してブラフをするのに良いチャンスです。例えば、ボードに J44 のレインボーが出た場合です。3 人の相手がそのフロップまで残っていて、スモール ブラインドが参加していなくて、参加している他ののプレイヤーがフロップでチェックしている場合、だれにも良いハンドができてないと十分推定できます。そのため、ビッグ ブラインドに対して「あなたがトリップスを完成している」、と思わせることができるのです。

ハイカードのみ

もう 1 つの特別なフロップは、例えば、AKT または QJ9 など、ハイカードだけを有するボードです。この場合プレーを続行するには、他のフロップのケースよりもさらに良いハンドを必要とします。

その理由は、ほとんどのプレイヤーが通常ハイカードでプレーをしています。したがって、より低いカードのフロップに比べて、より高いカードのフロップでは激しくプレーしてくるからです。

ハイカードだけのフロップでショーダウンに持ち込むためには、たいていの場合、少なくともトップ ペアと良いキッカーを必要とします。

ミドル ペアまたはボトム ペアはフォールドするべきです。なぜなら、ミドルペア、ボトムペアがどんなに発展したとしても、それでも負けている可能性の方が高いからです。3 枚のハイカードが密接に結びついているため、ストレートと対決する可能性が比較的高いのです。

まとめ

スーテッドネス、コネクティビティ、およびハイカードは、ボードのテクスチャーを検討するための 3 つの主たる評価基準です。また、ボードには、ハイかローのワンペアが出ることもあります。

「スターティング ハンドのいくつが、ボードとコネクトしていますか?」「あなたの完成ハンドにとって、ボードの危険性はどれくらいですか?」「相手のハンドは、ボードとどれくらいコネクトしていそうですか?」これらは、プレイヤーが自問自答しなければならないことの一部です。これは自然に備わるものではありませんが、昔ながらの方法で学習しなければならないものです。練習し、掲示板に参加し、コーチングを受けて、セッションを読み、ハンド評価に参加することです。