このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略フィックスリミット

フロップでのヘッズアップ: はじめに

はじめに

このセッションでは以下を説明します:
  • バランスをとること、搾取 (さくしゅ) すること、および順応すること
  • フロップでのヘッズアップの選択
  • 次のセッションの概説

この課題の検討では、フロップから以後のヘッズアップ状況において、$1/$2 以上のステークスでどのようにして勝つかを説明します。相手の技能は、より高いステークスではより上手になるので、これらのセッションは、あなたがどう平均以上の相手を負かして、かつ、彼らに負かされるのを防ぐかに焦点を合わせます。あなたは、ゴールドのセクションで既にプリ フロップのゲームで不可欠な要点を学びました。そのため、これからのセッションは大部分がポスト フロップでのプレーに限られたものになっています。

上手な相手に対して勝ちたいと思うなら、あなたは最初に相手のスタイルに対してバランスをとり、それを搾取し、順応するための原理を理解しなければなりません。これらの用語の意味についてこれから説明します。

バランスをとること

フィックス リミット テキサス ホールデムは、それぞれの 4 つのストリート (プリ フロップ、フロップ、ターン、リバー) について、ベット、コール、レイズまたはフォールドの配列で成り立っています。あなたが選んだアクションの配列は『プレー ライン』と呼ばれます。このセクションでは、プレー ラインはつねにフロップ以後のものについて述べられます。『x でのプレー ライン』という用語では、『x』の部分を『フロップ』、『ターン』、または『リバー』に置き換えて、プレー ラインの 個々の部分に使用されます。

例えば、あなたがフロップでチェック/コールのプレーをした場合、あなたのフロップでのプレー ラインは C/Cです。もし、次にターンでチェック/コールのプレーをした場合、あなたのプレー ラインは C/C C/C で、ターンでフォールドしたら、あなたのプレー ラインは、C/C C/F です。

プレー ラインを選ぶとき、自分のハンドについての情報があまりに多く相手に伝わらないよう、非常に慎重にしなければなりません。確実にしなければならないことは、a) 相手に対して、「あなたには広範なタイプのハンドがある」と思わせることであり、そして同時に、b) あなたが次のストリート (あなたのプレー ラインで次のパートになる) で何をするか、できるだけ相手に情報を与えないようにすることです。プレー ラインを選ぶときに行なうこうしたアクションは、『バランスをとること』、と呼ばれます。

例: あなたは、ボタンのレイズに対してビッグ ブラインドを防御しています。フロップで 3 6 8 で、あなたは、「フロップで C/R、ターンでベット」のプレーをしました。相手には、あなたにどんなタイプのハンドがあるか、多くの情報がありますか? 彼にはそうした情報はありません。なぜなら、あなたはこうしたプレー ラインを、ワンペア、モンスター、フラッシュ ドロー、ストレート ドローでプレーしていますし、またおそらくはブラフでさえもプレーしているからです。

このハンド レンジがあれば、あなたのプレー ラインはバランスがとれたものと言えます。相手がエース ハイの場合は、彼は自分のハンドが最良かどうか分からないでしょう。しかしながら、あなたがどんなドローでもフロップで C/C のプレーをして、完成ハンドがある時だけフロップで C/R のプレーをして、かつトラッシュ ハンド (くずのハンド) の場合常にフロップで C/F をしたなら、あなたのプレー ラインはバランスがとれたものとは言えません。そして、相手はあなたがフロップで C/R をプレーしたなら、あなたに最低ワンペアがあると気付くでしょう。また、フロップで C/C をプレーしたなら、あなたにドローがあると分かるでしょう。従って、彼はエース ハイでも先行できるのです。

自分のプレー ラインにバランスがとれているかどうか、どのように判断しますか?

自己診断をすることができます。あなたのホール カードを見ないで、あなた自身のデータバンクからハンドを分析してください。あなたが自分のプレー ラインを調べるだけで自分がどんなハンドのタイプを持っているかを推論できるなら、そのプレー ラインはバランスがとれているとは言えません。

例: あなたが、アウト オブ ポジション (OOP) およびプリ フロップ レイザーとして、フロップでベットしたハンドや、ターンでチェックしたハンドを調べてください。あなたは、「これらのハンドで、ターンでチェックした後、どんなベットに対してもフォールドしている」ということに気付くでしょう。あなたのプレー ラインでターンのパートでのチェックはバランスがとれていないので、あなたのプレー ラインはバランスがとれているとは言えません。このプレー ラインは、あなたのハンドはほぼ確実に弱いハンドだと言うことを相手に伝えてしまうものです。

しかしながら、ハンド (この場合、ゲームのこと) がより進めば進むほど、バランスをとることは、あまり重要でなくなってきます。例えば、あなたがリバーで 3-ベットした場合、あなたはほぼ常に非常に強いハンドを持っていることになりますが、ポットの中に資金の大部分が既にあるので、通常、相手はどちらにしてもコールしてくるでしょう。相手は、ビッグなポットに対して最良のハンドでフォールドするのは惜しいと考え、あなたがブラフしているだけだと希望的観測を持つので、あなたがブラフに対してバランスをとるのは、ハンドのこの段階ではあまり必要なことではなくなります。

また、あなたが相手のことを、「自分のゲームを読もうとしている上手な相手だ」と見なすことができる場合には、徹底的にバランスをとる必要があります。もし、注意力散漫なフィッシュ (カモ) とプレーしている場合には、あなたはそのフィッシュをできるだけ搾取できるようなプレー ラインを選ぶべきできます。このプレー ラインがたとえバランスがとれていなくても、フィッシュはそのことに気付くことはないし、また順応してくることもないでしょう。

搾取 (さくしゅ) すること、および順応すること

あなたが、注意深く相手を観察して、彼のゲームから情報が漏出していることに気付いたと仮定してみましょう。それが根本的な誤りであったとします。例えば、プリ フロップであまりにルーズ (脇が甘い) にプレーしたとか、ポスト フロップであまり消極的にプレーしたなどです。しかしながら、私たちが見てきたように、よりささいな漏出の場合もあります。例えば、「ポスト フロップでのプレー ラインのバランスがよくない」、とかです。あなたの相手の誤りから利益を得ようとするのは、『搾取する (弱みにつけ込む)』と呼ばれます。

例: あなたの相手はルーズ パッシブで、弱いハンドでも何回もコールダウンしてくる上に、決してブラフ (はったり) をかけようとしません。あなたが彼を搾取するためには、プリ フロップよりももっとタイトにプレーしたり、良いハンドで彼を孤立化させたり、ビッグなバリュー ベットをしたり、また、彼がアグレッシブにプレーしてきたら、良いハンドでもフォールドすればいいのです。これがこうしたタイプの相手を搾取する方法です。あなたが、彼よりも良いスターティング ハンドを持っている場合、自分の完成ハンドで最大限の利益を上げるようにしてください。ただし、彼が強いハンドを持っていたら、勝ちをあげるようなことはしていけません。上手に降りましょう。

また、上で説明したようなターンでバランスをとることに関する情報が漏出した例を、ここでも使用できます。相手は、主導権のある OOP (アウト オブ ポジション) で、フロップでベットしました。彼がこの状況ではフロップでコールされた後、比較的ターンで C/F をプレーすることが多いことに気付きました。あなたは、「彼がトラッシュ ハンドより良いハンドを持っているときは、ターンでコンティニュー ベットをするだけ」、と結論を下しています。

彼がターンでチェックした後にいつもベットすれば、当然容易にこのことから搾取ができます。たとえ、あなたのハンドにショーダウン バリューが全くない場合でも、それは可能です。あなたはさらに一歩進んで、フロップでの彼の漏出から搾取ができます。

「彼が、最低でもワンペアより強いハンドを持っていない場合、どのハンドでも、ターンで C/F をプレーする」、とあなたがみなすことができる場合には、「彼が弱いハンドでは、ターンで C/F をプレーする」と希望的に考えて、彼のフロップでのベットにコールをすることができます。これは、『ブラフ コール』と呼ばれます。フロップでコールすることで、あなたは相手にブラフをかけるのです。また、彼がベットしないならターンでブラフする予定でいます。

これはフロップでレイズするよりも実際には効果的です。なぜなら、このコールはあなたにとって 1 回の SB しかコストがかかりませんし、ターンでブラフをしても、それがコールされることはほとんどありません。このため、ブラフがとても安くできるのです。この戦略を使うことによって、あなたは相手に対して優勢になることができて、彼から利益を得るようにプレーできます。

相手が、「自分はブラフ コールで搾取されている」と気付いたと仮定しましょう。そうなると彼は、あなたが彼から搾取するのを止めさせるために自分のプレー ラインを変えようと決心するでしょう。これがいわゆる、『順応させること』です。彼があなたのブラフ コールに対抗するためには、「あなたはブラフ コールをしただけで、ターンでは何も良いハンドを持っていない」ことに彼が気付き、彼自身が弱いハンドでターンでブラフしなければなりません。また、彼は強いハンドで、「ターンで C/R」のプレーをすることができます。これで、あなたのブラフの費用が 1.5BB に上がりました。あなたは、自分のポジションがどこにあるか分からないまま、さらにビッグ ベットをしなければなりません。こうした進展に順応するためには、ブラフ コールの回数を減らすか、またはそれを一切止めるかのどちらかをする必要があります。順応と搾取の関係はネズミとネコの関係に似ているのです。あなたがネコにならなければなりません!

どの状況で、どのプレー ラインを使用するか

次は、このセッションの実例、フロップでのヘッズアップです。あなたは、ステークスが増えるに従って相手のハンドも向上してくることに気付くでしょう。これは主に相手がアグレッシブになってくることから分かります。これがはっきりするのは、プリ フロップでより多くのレイズやリレイズがあることからです。そうした場合のポットの大部分は、フロップ以降ヘッズアップ (1 対 1)で争われることになります。これらの状況では、相手に適応して、自分のプレー ラインのバランスをとることが重要です。このトピックに関するセッションは、あなたがどのようにプレー ラインのバランスをとったらいいかを示すと同時に、相手を搾取し、または相手があなたを搾取しようとすることに対し、どのように自分を順応させるかについて、説明するものです。

ヘッズアップでは、フロップ以降に可能なすべてのプレー ラインが、正確には以下の 4 つの状況の中の 1 つで行なわれます。:

  • 主導権のないアウト オブ ポジション (OOP)
  • 主導権のある OOP
  • 主導権のないインポジション (IP)
  • 主導権のある IP

これらの状況から始めて、利益の出るプレー ラインのことが、できるだけ詳細にカバーされます。フロップでプレー ラインに関して読むときには、その後すぐに対応する必要の出てくる、ターンでのプレーに関してもしっかり読むべきです。フロップでのプレー ラインとターンでのプレー ラインが、あなたが選んだ全体的なプレー ラインに適合することが大切です。つまり、あるプレーが正しいか正しくないかは、その他のストリートととの関連によってのみ決まる、ということです。例えば、あなたがプレー ラインの残りを調べないでプレー ラインのフロップでのパートを調べるなら、それは正しく見えるかもしれませんが、実際にはターンでのプレー ラインに合っていないので、不正確なプレーになります。

このシリーズでの最初のセッションは、主導権がない、フロップでのチェック/コールのプレー ライン、およびショーダウン値がある、フロップでのチェック/コールのプレー ラインをカバーしています。 セッションへ

セッションはさらに続きます。

 

このセッションには続きがあります。

PokerStrategy.com のメンバーシップによりフリーポーカー資金を受け取ってポーカーをプレーし、数多くの戦略セッションそしてもちろんビデオ、コーチング セッション、戦略掲示板へのアクセスを得ることができます。無料登録し、プレーすることで全てのコンテンツへのアクセスを得ましょう。

今すぐ登録