このサイトはブラウジングの便宜上の目的のためクッキーを使用しています。このウェブサイトをブラウジングし続けることで、あなたはそれらクッキーを承認したこととなります。詳細や設定変更には、当サイトの クッキーポリシーおよびプライバシーポリシーをご覧下さい。 閉じる

勝てる戦略を使ったオンライン ポーカーでの長期的成功 – 無料で登録!

最高の戦略 正しい戦略でポーカーは簡単なゲームとなります。私どもの著者が1歩ずつ、どのようにしてに成功するのかご説明いたします。

頭の切れる人達 私どものライブ コーチング セッションや掲示板で国際的に成功しているプロ達から学んでください。

フリーポーカー資金 PokerStrategy.com は無料です。それに加え、フリーポーカー資金を提供いたします。

すでに PokerStrategy.com のメンバーですか? ここからログイン

戦略フィックスリミット

ターンとリバーのプレーの仕方

あなたには、主導権がありますか?

このセッションでは以下を説明します:
  • 主導権の有無
  • 良いハンドなら、アクションを続ける
  • リバーにおけるドローは価値がない

ここまで来れば、あなたはもう最初の2回のベッティングラウンドでの戦略について習熟されていることと思います。しかし、まだ、2つのラウンド、ターンとリバーが残っています。これらのラウンドでどうプレーするかをこれから説明します。

プレーの方法は、あなたがフロップの後で何をしたかで決まってきます。あなたは、リード役になっていますか、それとも受け身役にまわっていますか?

あなたに主導権がある場合

主導権を持つということは、あなたがポストフロップでベット、またはレイズする最後のプレイヤーであることを意味します。つまり、「リード役になって強いハンドを持っている」、ということです。

あなたに主導権がない場合

その逆が、前のラウンドで別のプレイヤーが最後のベット、またはレイズをしたケースです。
このプレイヤーは今主導権を持っています。

ターンでのプレーの仕方

この段階は少し複雑になってきます。以下の表は、ターンのラウンドでの全体的戦略をまとめたものです。では、戦略の学習を開始します。内容がかなり多いように思えるかもしれませんが、少し経験を積めば、すぐに第2の天性になりますので、心配しなくて大丈夫です。

だれもまだベットをしておらず、あなたに主導権がある場合

次の場合、ベットします...

  • トップペアよりも良い完成ハンド。

  • 最大で2人の相手がいる場合のドロー。

次の場合、チェックします...

  • 3人以上の相手がいる場合のドロー(最終的には、別のベットにコールするため)。
  • それ以外のすべてのハンド。

例 1
プリ フロップ - 10 プレイヤー
あなたはミドル ポジションで
以下のカードを持っています
  • あなたの前の全プレイヤーがフォールドします。
  • あなたはレイズします
  • 4人のプレイヤーがコールします
フロップ - 残り 5 プレイヤー
  • あなたの前の全プレイヤーがチェックします。
  • あなたはベットします。
  • 3人のプレイヤーがベットをコールし、1人がフォールドします。
ターン - 残り 4 プレイヤー
  • あなたの前のプレイヤーがチェックします。
  • あなたの番です・・・

あなたはプリ フロップにKQoでレイズしました。フロップでは OESDが完成し、戦略のとおりにベットします。ここで3人のプレイヤーがあなたのベットをコールしてきます。

ターンでは残念ながら何もヒットしませんでした。主導権を持ってはいますが、まだ3人の対戦相手が残っているため、ここではベットしないほうが良いでしょう。

ここではチェックし、ベットがあればコールをし、リバーでストレートかペアが完成する可能性にかけます。

1人、または2人のみと対戦している場合、あなたは強いドローを持っているのでベットをするべきです。それによってターンで両プレイヤーをフォールドさせることができるかもしれません。

だれもまだベットしていませんが、あなたには主導権がありません。

次の場合、ベットします...

  • ツーペア以上。

次の場合、チェックします...

  • それ以外のすべてのハンド。

例 2
プリ フロップ - 10 プレイヤー
あなたはレイト ポジションで
以下のカードを持っています
  • 1人のプレイヤーがレイズします。
  • もう1人のプレイヤーがコールします。
  • あなたもコールします。
フロップ - 残り 3 プレイヤー
  • レイズしたプレイヤーがチェックします。
  • その直後のプレイヤーがベットします。
  • あなたはレイズします。
  • プリ フロップでレイズしたプレイヤーがフォールドします。
  • ベットしたもう1人のプレイヤーがリレイズします。
  • あなたはコールします。
ターン - 残り 2 プレイヤー
  • あなたの前のプレイヤーがベットします。
  • あなたの番です・・・

これはわりと難しい状況です。あなたはフロップでトップペアとガッツショットを完成させました。最初にレイズしたプレイヤーが幸いにもフォールドしますが、他のプレイヤーがベットをし、あなたのレイズをリレイズしてきます。

相手がターンでベットしてきます。ここであなたはこのベットをコールします。ここではまだ自分が負けているか、勝っているかは定かではありませんが、ガッツショットは役にたつハンドなのでプレーを続けます。ただし、レイズするには弱すぎるハンドであり、フォールドするには強すぎるハンドであるため、ここではコールのみです。

だれかがあなたの前にベットしました。

次の場合、レイズします...

  • ツーペア以上。

次の場合、コールします...

  • トップペアまたはオーバーペア。
  • モンスタードロー、フラッシュドロー、OESD(またはダブルベリーバスター)。
  • ポットオッズが10対1ならガッツショットでも可 (ポットの金額が、あなたのベット額の少なくとも10倍あるとき)。

次の場合、フォールドします...

  • それ以外のすべてのハンド。

例 3
プリフロップ - 10プレイヤー
あなたはミドル ポジションで
以下のカードを持っています
  • あなたの前の全プレイヤーがフォールドします。
  • あなたはレイズします。
  • ブラインドにいる両プレイヤーがコールします。
フロップ - 残り3プレイヤー
  • スモールブラインドのプレイヤーがベットします。
  • ビッグブラインドがコールします。
  • あなたはレイズします。
  • 両対戦相手がコールします。
ターン - 残り2プレイヤー
  • スモールブラインドがチェックします。
  • ビッグブラインドがベットします。
  • あなたの番です・・・

あまり良い状況ではありません。フロップでは1人のプレイヤーがあなたに対してベットしてきています。これはドンクベットと呼ばれます。オーバーペアを持つあなたはここで勿論レイズします。

フロップでパッシブにコールしてきたプレイヤーがターンで突然ベットしてきます。ここであなたが負けている可能性は少ないですが、レイズをするとより弱いハンドをフォールドさせ、より強いハンドが行動に出ることを誘発してしまうため、コールが一番無難と言えるでしょう。

このプレー原則は更に上級セッションで詳しく検証していきます。

だれかがベットをし、1つ以上のレイズがあった場合

次の場合、レイズします...

  • ツーペアまたはそれよりも良い場合で、コミュニティカードを考慮しても、自分がベストのハンドを持っていると想定できる場合。

次の場合、コールします...

  • ツーペアまたはそれよりも良い場合で、コミュニティ カードを考慮しても、自分がベストのハンドを持っていると想定できない場合。

次の場合、フォールドします...

  • それ以外のすべてのハンド。

あなたの後でアクションがとられた場合

前のセクションは、最初にアクションをとった相手にどう対応するかに関するものでした。しかし、あなたの後でアクションを起こすプレイヤーもいます。彼らが何をするかによって、あなたの将来の判断も決まってきます。

当サイトのフィックスリミットの専門家によるシステムは、すでにこの問題に答えを出しています。これは、あなたの後でいくつのベットが行われたかに応じて分類すればよいのです。だれもベット、またはレイズしなかった場合、状況は簡単です。そのベッティングラウンドが終わるだけです。

しかし、あなたがチェックして、だれかがあなたの後でベットした場合、あるいはあなたがベットしてさらに別のプレイヤーが1人レイズした場合、追加で1つの大きいベットがあったことになります。これは1つ目のセクション、あなたの後で1つだけさらにベットがあった場合 で説明します。

しかし、あなたがチェックして、その後で、ベットまたはレイズが来た場合はどうでしょう? または、あなたがベットまたはレイズしてあなたの後で2つ以上のレイズがあった場合はどうでしょう? これは2番目のセクション、あなたの後で1つ以上のベットがあった場合 で説明します。

あなたの後で、1つだけさらにベットがあった場合

次の場合、レイズします...

  • ツーペア以上。

次の場合、コールします...

  • トップペアまたはオーバーペア。
  • モンスタードロー、フラッシュドロー、OESD (またはダブルベリーバスター)。
  • ポットオッズが10:1ならガッツショットでも可 (ポットの金額が、あなたがベットしようとする金額の少なくとも10倍あるとき)。

次の場合、フォールドします...

  • それ以外のすべてのハンド。

例 4
プリフロップ - 10プレイヤー
あなたはレイト ポジションで
以下のカードを持っています
  • あなたの前の全プレイヤーがフォールドします。
  • あなたはレイズします。
  • 2人のプレイヤーがコールします。
フロップ - 残り3プレイヤー
  • あなたはベットします。
  • 両対戦相手がコールします。
ターン - 残り3プレイヤー
  • あなたはベットします。
  • 1人のプレイヤーがレイズします。
  • もう1人のプレイヤーがフォールドします。
  • あなたの番です・・・

フロップでは主導権を利用してブラフベットをしましたが、残念ながら2人のプレイヤーにベットをコールされてしまいました。

ターンでトップペアが完成し、あなたはベットしますが、1 人の相手がレイズしてきます。ここからはコールのみでプレーを続けるべきです。

もしあなたがツーペアかそれ以上のハンドを持っていた場合はレイズをしながらプレーを続け、もしそれ以上に弱いハンド(例:K8)である場合はフォールドするべきです。

あなたの後で、1 つ以上のベットがあった場合

次の場合、レイズします...

  • ツーペアまたはそれよりも良い場合で、コミュニティカードを考慮しても、自分がベストのハンドを持っていると想定できる場合。

次の場合、コールします...

  • ツーペアまたはそれよりも良い場合で、コミュニティカードを考慮しても、自分がベストのハンドを持っていると想定できない場合。
  • モンスタードロー、フラッシュドロー
  • フラッシュの可能性がない場合、OESDとダブルベリーバスター。

次の場合、フォールドします...

  • それ以外のすべてのハンド。

例 5
プリフロップ -10プレイヤー
あなたはアーリーポジションで以下のカードを持っています
  • あなたはレイズします。
  • 3人のプレイヤーがコールします。
フロップ - 残り4プレイヤー
  • あなたはベットします。
  • 2人のプレイヤーがコールします。
ターン - 残り3プレイヤー
  • あなたはベットします。
  • 1人のプレイヤーがレイズします。
  • もう1人のプレイヤーがレイズします。
  • あなたの番です・・・
ターンではあなたが先行しているため、ベットするべきです。その後2つのレイズがあり、ここで負けの可能性が出てきました。しかし、対戦相手もここでオーバーペアやツーペアのようなハンドを持っている可能性があり、あなたにもフラッシュやストレートに対してフルハウスを作って勝てる可能性があります。

そのため、ここではただコールします。


リバーでのプレーの仕方

リバーにおける、重要かつ明白なテーマは、「あなたのハンドに発展の余地はもうない」、ということです。従って、ドローハンドは無価値です。例えば、あなたがフロップとターンでベットして、相手が常にコールしてきた場合は、リバーで相手のハンドにブラフをかけても、彼を降ろす効果はあまり期待できません。

リバーでの戦略はコンパクトなものですが、ここでもまたあなたが主導権を握っている場合とそうでない場合の2つのケースを分ける必要があります。つまり、あなたがターンでベットまたはレイズをした最後のプレイヤーだったかどうか、ということです。

あなたに主導権がある場合

  • あなたはどんな完成ハンドでもベットできます。
  • だれかがあなたの後でレイズした場合でも、コミュニティカードでより良いハンドができそうな場合は、レイズに対してコールだけをしてください。それ以外の場合で、最も良いハンドができることに自信がある場合は、さらにレイズができます。
  • 相手があなたの前にベットした場合、ツーペア以上のハンドの時にレイズします。ただし、それよりも良い役が他にありそうもない場合に限ります。それ以外の場合は、コールだけします。
  • あなたが完成ハンドを持っていない場合は、チェックしてください。そして、相手がベットしてきたらマックしてください。
例 6
プリフロップ - 10プレイヤー
あなたはレイトポジションで
以下のカードを持っています
  • あなたの前の全プレイヤーがフォールドします。
  • あなたはレイズします。
  • ブラインドの両プレイヤーがコールします。
フロップ - 残り3プレイヤー
  • 両対戦相手がチェックします。
  • あなたはベットします。
  • 両対戦相手がコールします。
ターン - 残り3プレイヤー
  • 両対戦相手がチェックします。
  • あなたはベットします。
  • 両対戦相手がコールします。
リバー - 残り3プレイヤー
  • 両対戦相手がチェックします。
  • あなたはベットします。
  • スモールブラインドがレイズします。
  • ビッグブラインドがフォールドします。
  • あなたの番です・・・

トップペアが完成しているのでリバーでは再びベットするべきです。コミュニティカードが割と安全に見えるため、ここでベットをしないのはもったいないです。

その後再び別のプレイヤーからレイズがありますが、これは相手がより良いハンドを持っている、という事を示しているため、あまり良い状況ではありません。しかし、相手がより良いハンドを持っている頻度はここで心配するほどのものではないため、ショーダウンを見るために、コールするべきです。

あなたに主導権がない場合

  • リバーでトップペアができた場合は、ベットします。だれかがあなたの後でレイズするか、前でベットした場合は、コールしてください。1回以上のベットをする必要がある場合、例えば、だれかがあなたの前にベットして、さらにレイズがあった場合、フォールドするべきです。
  • あなたがコールだけをしたフロップあるいはターンで、トップペアまたはオーバーペアを持っていた場合で、さらにリバーでも、最終的なベットがコールドコール(2ベット以上に対してコールすること)で、複数の相手がベットやレイズで強さを示している場合、あなたの方が弱いことがほとんどですので、フォールドしてください。
  • あなたより良いハンドがありそうにない場合は、ツーペアまたはそれ以上の役なら、ベットまたレイズできます。それ以外の場合、コールだけしてください。
  • あなたが完成ハンドを持っていない場合は、チェックしてください。そして、相手がベットしてきたらマックしてください。

例 7
プリフロップ - 10プレイヤー
あなたはスモールブラインドで以下のカードを持っています
  • 2人のプレイヤーがコールします。
  • あなたもコールします。
  • ビッグブラインドがチェックします。
フロップ - 残り 4 プレイヤー
  • あなたはベットします。
  • ビッグブラインドがレイズします。
  • 他の残っているプレイヤーがフォールドします。
  • あなたはコールします。
ターン - 残り 2 プレイヤー
  • あなたはチェックします。
  • 対戦相手がベットします。
  • あなたはコールします。
リバー - 残り 2 プレイヤー
  • あなたの番です・・・

フロップでベットするまであなたはフラッシュドローをパッシブにプレーしました。リバーでフラッシュは完成しませんが、トップペアが完成します。ここでできる最善のアクションは対戦相手に対してベットすることです。相手がレイズしてきたら、コールするべきです。

例外  

リバーでなんらかのワンペアを持っており、それがトップペアやそれ以上の役ではない場合、かつ相手は1人しかいない場合、どのような場合でもベットにコールするべきです。


まとめ

おめでとうございます。これで、初心者用レッスンがほとんど完了しました。もうどのようなカードの組み合わせならプレーしてもよいかがお分かりのことと思います。また、フロップ後もプレーを続けてよいハンドはどれか、そしてフロップのベッティングラウンドでどのようにプレーするかについても学びました。また、ターンとリバーでの戦略についても学びました。

しかし、どんなポーカープレイヤーでも忘れてはいけない 非常に重要なことがまだあります。それはバンクロール管理です。カードを上手にプレーするということも大切ですが、ポーカーをして利益が増えなければ意味がありません。バンクロール管理がどのようなものか、またあなた自身がどのように実践したら良いかについては、このシリーズの最後のセッション: 「安全なステークスの上げ方」で学ぶことができます。