Spin & Go メンタルゲームのヒント

メンタルゲームコーチ Jared Tendler による当サイト独占記事をお届けします。ビッグマルチプライヤーを引いた時にどう平常心でプレイするか、学びましょう。

Poker coach Jared Tendler
Jared Tendler

メンタルゲームコーチである私は、クライアントがビッグトーナメントのファイナルテーブルで受けるようなプレッシャーへの対処法について手助けしています。とりわけ、Spin & Go はユニークな特徴を持っていて、それはいつプレッシャーがかかってくるかが分からないと言うことです。トーナメントの場合だと、ファイナルテーブルが近づくにつれ、プレッシャーが上昇していくのが分かりますが、1,000 回スピンして大したマルチプライヤーを引けなかったのが、突然人生を一変させるような大金を賭けてプレイすることになるのです。

その意味において、私から出来るベストのアドバイスは何よりもまず、どんなマルチプライヤーが出ているかにかかわらず、常に自分のベストのパフォーマンスが出せるよう集中するしておくというのに優先順位を置くことです。これはこのゲームに内在するこれまでなかったタイプの分散で、自分ではコントロールが出来ません。ランダムに飛び出すビッグマルチプライヤーを気にすること無く、常にベストのプレイを心がければ、ビッグスピンがヒットした時にも、ベースとなるゲームをベストでプレイ出来るでしょう。良いパフォーマンスを維持するためのルーティン、すなわちいいウォームアップとクールダウン、ミスを修正して学習するシステム作りを行いましょう。それによってほぼ毎日いいパフォーマンスが出せるようになります。

とは言え、それが百万ドル級のゲームか、いつものステークスでの 10x Spin であるかは分かりませんが、Spin & Go にはいつもより強烈なプレッシャーがかかる瞬間が必ずやってきます。

戦略的備忘録

PLO Spin & Go
C-ゲーム同士の戦い

そういうゲームに自分が直面したら何よりもまず、自分がプレッシャーのかかる状況でプレイする場合にやってしまう一番大きなミスが何かを思い起こしておくことです.。私の著書であるThe Mental Game of Poker の中で、私は常に自分の C-ゲームがどんなものかを意識しておけと勧めていますが、それはそういうプレイこそが、プレッシャーのかかったときに飛び出すプレイだからです。また、「戦略的備忘録」を作っておくことも勧めていて、これはあなたがやりがちな最大のエラーの修正方や、自分にとっていい決断のプロセスを書き付けた文書、あるいは紙一枚です。あなたの頭の中が一杯になっている時、そういうエラーこそが最も犯しがちなのですから、少なくともそれの修正方法ぐらいは、手元に置いておくべきなのです。

自分がビッグスピンのゲームをプレイすると分かったら、2、3 回深呼吸をしましょう。. これは高ぶった神経を静めて、精神的に一歩引いて、自分のメンタルを良い状態に置き直すためです。

その後は、自分の心をいい決断を下すことだけに砕くようにして、金のことは考えないようにしましょう。目の前にある戦術的ゴール、例えば、難しい場面での自分のレンジは何かといったことにに集中しましょう。勝ったらいったいいくら転がり込んでくるかといったことを考えたくなる誘惑には駆られるでしょうが、考えを先走りさせてはいけません。これはファイナルテーブルで言い流れでプレイ出来ている場合と同じで、あなたはそれで勝つことを運命づけられているかのごとく思い込んでしまうのです。そういう考えはあなたの心にリラックスしていいよと告げます。リラックスすると、あなたのプレイは切れ味を失い、些細なミスを犯すようになります。パフォーマンスは落ち、勝つチャンスも損なわれるのです。ゲーム終了まで金のことは考えないこと。それが出来れば、勝っても負けても、自分自身に対して、やれることはぜんぶやったと言うことが出来るのです。

怖いのは何か?

Live Spin Go
小さなスピンでの常勝を目指す

プレイヤーの中にはこういう状況に立たされると固まってしまう人がいます。通常の場合、私はクライアントに、ベストのパフォーマンスを出せるように努力して、小さなエラーは修正して、こういう場面でこそ自分自身について学ぼうとアドバイスします。でも Spins ではこんなビッグプライズプールでプレイするのはこれっきりかもしれないのです。だからこそ、ビッグスピンがヒットしてから慌てるのでは無く、今準備を整えておくことが重要なのです。そういう場面になってしまったら、自分自身に問いかけてください。自分はいったい何に固まっているのか? 自分は何を恐れているのか?失敗を恐れているのか?後で後悔することを恐れているのか?ミスを犯すことか?こんなマルチプライヤー二度と引けないかもという恐れか?あらかじめそういう予習をしておけば、実際にそれが起きた時に自分自身に何を思い起こせがいいのかが分かってくることでしょう。

最後にもしあなたが今ビッグスピンを引いて、それで頭の中が一杯になってしまっているのなら、それを吹っ切るために何か自分をびっくりさせるようなことをやるというのがあります。例えば、トイレに駆け込んで、顔に水をぶっかけるといったことです。また、ラッキーにもビッグスピンを引いた場合、大抵は「残念賞」であってもかなり立派な額が手に入ります。そういう風に考えることが出来たら、ゲームはフリーロールのように感じられ、プレッシャーがかなり取り除かれるのではないでしょうか。

Spin & Go のメンタルゲームでのカギは、おそらく、他のゲームのそれと変わりないのではないでしょうか。すなわち、勝利の心構えを通常のマルチプライヤーの時に身につけておき、ビッグスピンはボーナスと捉えるということです。他のゲームをビッグマルチプライヤーのようなものを期待しつつプレイしているとしたら、どのみち選ぶゲームを間違っていることになるのです。

Spin & Go についてもっと学びたいですか?

Spin & Go についてもっと知りたい、どうやったら無料のステーキングと、最高のエキスパートからコーチングを受けられるのか知りたいという方は今すぐ SpinLegends サイトをチェックしてみてください。

関連ニュース

このページをシェア

コメント (1)

  • junichiro

    #1

    The Mental Game は本当に良い本。できれば、各種メモの具体的な例がもっとあると、自分に置き換えて実践しやすかったと思う。