マイクロステークスから $10,000 へ - Pavel 'Cornie4ever' Stehno インタビュー

チーム PokerStrategy.com の一人が、最近我々のポーカートレーニング教材を使って、 $50 を $10,000 にするチャレンジを完了させました。どのようにこれを成し遂げたのか、マイクロからミッドステークスの旅で彼は何を学んだのかについて見ていきましょう。

cornie
Cornie4Ever
オンラインポーカーのでは勝てないと思っている人は、 Pavel 'Cornie4ever' Stehno の偉業をチェックしましょう。彼は数年前までは、チェコ語コミュニティーのユニットマネージャーでした。彼は個人的に PartyPoker で $50 のバンクロールを $10,000 にするチャレンジを行っていました。

チャレンジ全体で彼は自身のブログ (チェコ語)にそのアップダウンを記録しています。彼はチャレンジを 2011.8 に開始しており、10 ヶ月で317,229 ハンドをこなし、 $10,000 のゴールに達しました。

PokerStrategy.com のエディター BarryCarter はチャレンジ終了後、 Cornie4ever に $50 を 5 桁ドルにした過程での浮き沈みについてインタビューをしました。

彼はどのようにやってのけたのか ?

「PartyPokerの NL2 フルリングから始めた」 と Cornie4ever は言いました。 「一度に 9-12 テーブルをプレイしていました。これ以上プレイするとプレイの質が下がるので +EV ではない」と彼は語ります。」 

「全くの初心者には、2、3 のフルリングテーブルでプレイすることをお薦めします。私は NL10 まではフルリングをプレイしました。NL25 からは、ショートハンドのテーブルに移りました。」

//d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl2-small.png //d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl4-small.png
Pavel NL2 グラフ (クリックで拡大)
Pavel NL4 グラフ (クリックで拡大)

驚くべきことに、 Cornie4ever はこのチャレンジを初回デポジットボーナスや他のレーキバックなしに始めました。

マイクロステークスのうちは、自分のスキルとウィンレートのみで戦うことが私の計画でした。そして、テーブルがタフになってくるにつれて、 ( NL50 以上)ボーナスを使ってウィンレートを上げました。なので、 NL25 までは主に自分のスキルが頼りで、時にリロードボーナスや、月々の PartyPoker や PokerStrategy.com のプロモーションを使っていました。

//d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl10-small.png //d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl25-small.png
Pavel NL10 グラフ (クリックで拡大) Pavel NL25 グラフ (クリックで拡大)

「私が PartyPoker を選んだ理由は、マイクロステークスのレーキが最も低かったのと NL25+ では PokerStrategy.com のキャッシュバックが大きかったこと、そして、ソフトなゲームが多かったことが挙げられます。」

//d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl50-small.png //d3ltpfxjzvda6e.cloudfront.net/2012/08/22/pavelnl100-small.png
Pavel NL50 グラフ (クリックで拡大) Pavel NL100 グラフ (クリックで拡大)

「私はマイクロステークスにそんなに長い間はいないだろうと思いました私はすぐにでも NL50 に行けるだろうと感じていたのです。(これは 5 ヶ月かかったことで間違いだと分かりました)このチャレンジの前まではNL100以下はプレイしたことがなかったからです。」

「わたしはグラインドよりもむしろコミュニティーの助けになることを楽しんでいました」

cornie
Winning $10k on PartyPoker
PokerStrategy.com: このチャレンジでまず思い出すことはなんですか ?

Cornie4ever: 私は MTT をプレイしていましたが、夜寝れないので辞めたいと思っていました。再びミッドステークスのキャッシュゲームをグラインディングするモチベーションもありませんでした。加えて4ヶ月も「MTT の休息期間」を取ったあとではもはや勝てなくなっているだろうと心配していました。

我々のチェコ語/スロバキア語コミュニティーは 2011 年にスタートしたコミュニティーで、マイクロステークスで戦うビギナーが数多くいました。コミュニティーは良い雰囲気で、わたしはグラインディングで自分の利益を上げるよりはむしろ、コミュニティーの助けになることを楽しんでいました。

そこで、私も知識やコツをブログでシェアして、マイクロステークスをプレイすることで、ビギナーたちの助けになろうと決意しました。


PokerStrategy.com: 2 つのリミット間でプレイヤーが明らかに変わったのはいつですか ?

Cornie4ever: NL2 から NL25 は PokerStrategy.com の戦略記事ビデオコーチングで勝つことが出来ます。言い換えると、初歩的なミスをしないで、ソリッドにプレイし、タイトアグレッシブストラテジーを採用すれば、勝てるプレイヤーになれます。

NL50 はクレイジーなリミットです。プリフロップでの 3bet や、3bet へのコールを完全におかしな頻度とハンドでやってきます。彼らはプリフロップ 4bet と 5bet もワイドにやってきます。NL100 はニットの祭典です。 NL50 をクリアしたプレイヤーはフォールドすることができて、どのようにタイトにプレイするかが分かっています。彼らはライトに 3bet をプレイし過ぎ、 4bet にはフォールドします。そして、5bet をライトにするプレイヤーは一人もいません。


PokerStrategy.com: 今回のチャレンジで最も難しかったリミットはなんですか ?

Cornie4ever: やはり NL100 です私はコーリングステーションになるという問題を抱えていました。 - 私はいつもニットにペイオフしていました。何が起こっているのかが分かるまで、とても多くのコストがかかりました。同じ間違いを犯さないでください:大きな紙に「リバーをコールするな」と書いて、スクリーンの横に貼っておいてください。


「もし自分のスキルでは今のステークスで勝てないのであれば、下に降りて、勉強してください」

cornie
Cornie4Ever  Vegas にて
PokerStrategy.com: 今回のチャレンジで多くのダウンスイングはありましたか ?

Cornie4ever: グラフにあるように、3 度の大きなダウンスイングがありました。始めは NL2 で、10バイインのダウンスイングがありました。 - とても怖かったです。25 バイインでスタートした最も低いリミットだったからです。

それは単なる分散でした。良いマインドセットを維持し、落ち着いて、いいプレイをして戦いました。チャレンジのビギナーにとってはいいストーリーになったと思います。

もっと大きな問題は NL25 と NL50 で起こりました。 6-max に移行していたので、何がダウンスイングで、何が自分が愚かなことをしているかがわかりませんでした。

それは、フラストレーションがたまり、事象をコントロールできない嫌な感覚になりました。私のグラフもショッキングなものになっています。これらのリミットからは、ハンドレビュー掲示板を用いることを強くおすすめします。


「低いリミットに下がるのは辛いことでした」

PokerStrategy.com: どのくらい下のリミットに下がりましたか ?


Cornie4ever: 何度もそうしました。上のリミットへの挑戦でうまくいかなかったとき、バンクロールを再構築するために下のリミットでグラインドをしなければなりませんでした。

下がるのは辛いことです。受け入れるのに時間がかかりました。しかしそれはゲームの一部で、早く下がらないと、バストしてしまいます。

結局大切なのはスキルなのです。今のステークスを十分に勝つスキルがない場合は、下に降りて、もっと勉強してください。これは長いゲームなのです。最後に分かることは、簡単な事実だけです:他の大多数よりもあなたは優れているか ? です。もしイエスなら、あなたは勝ちます。もしノーなら、リミットを下げる(もしくは、受け容れられないでバストする)だけです。


PokerStrategy.com: 使用した教材を教えてください

Cornie4ever: 私は ノーリミット戦略記事 から始めました。ブロンズとシルバーに優れた知識が隠されています。私は全部読みました。 ゴールドとプラチナは必要と感じた時だけ読んでください。 

そして、たくさんのビデオとコーチングを見ました。それらは実際にセオリーをどう使うのかを示してくれます。最後になりましたが戦略掲示板は重要です。あなたのハンドをポストして、他人のハンドをジャッジしましょう。

「自分がフィッシュであることを学び、それを受け容れるのはいいことです」

schoolPokerStrategy.com:  このチャレンジで学んだことはなんですか ?

Cornie4ever: 自分がフィッシュであり、それを受け容れるのはいいことだということを学びました。ポーカーは複雑なゲームで、一度に全ては理解できません。あなたにできるのは、ゆっくりと学び、相手よりも上手くなることだけです。我々にはたくさんの素晴らしいコーチと、ビデオプロデューサーがいて、我々を向上させてくれます。 - それら全てに感謝したいです。

もしあなたが、いくらかの時間を学習に費やすことを決意したのならば、より多くの相手を倒すことができ、ポーカーを楽しむことができるでしょう。いいことに、我々はコミュニティーです。たくさんの人々が知識を共有し、あなたはゲームを向上させるためにそれらを使うことができるでしょう。

ゴールを設定し、決意をするならば、マイクロステークスでバンクロールを気づくことは可能です。もう一つ自覚しておかなければならないことがあります。 - 初めは、誰もが負けるか、ブレークイーブンのプレイヤーであるということです。

ポーカーを勉強することは、すぐには結果に結びつかないことかもしれません。しかし、一旦うまくいき始めると、上達は早くなり、 NL4 から NL100 
までは比較的簡単でしょう。なぜならば、ゲームの基本は同じだからです。

1 2

1 2
Pavel overall results (クリックで拡大 image)

ステークスを駆け上がりたいですか ?

Pavel はポーカーでステークスを上がっていくことは不可能ではないと証明しました。では、次にあなたを待つものはなんでしょう ? あなたは彼が使用した教材全てにアクセスできます。

ポーカー ビデオで学習
戦略セッションを読む
コーチング カレンダー
ハンド評価で学習


このページをシェア

コメント (1)

  • drummerSHIN

    #1

    オレも負けてられない!!