Glossary

回線接続切断保護

回線接続切断保護とは、プレイヤーのインターネット接続が切れた場合でも、そのプレイヤーがオンライン ゲームで行ったベットを保護するための手段です。通常の方法はそのようなプレイヤーをオールインしたものとみなすものです。彼はショーダウンまでそれ以上アクションをする必要がなくなります。

この機能はプラットフォームごとに異なります。通常、これは所定のプレイヤーに適用される回数に制限があります。トーナメントでは利用できないことがしばしばで、回線の接続が切断したプレーヤーのカードはフォールドと見なされ、彼はそれまでに行ったベットを失います。

制限はこの機能の乱用を防ぐことを目的としています。なぜなら、賭け金があまりにも高くなりすぎたがフォールドしたくない場合、プレイヤーが自分のマシンの回線接続をわざと切断するかもしれないからです。そうした回線接続切断保護の乱用は、一部のプラットフォームではいかさまと見なされていますが、それを証明するのは非常に難しいです。


関連トピック:


いかさま