Glossary

ギャップ概念

ギャップ概念はデービッド・スクランスキーによって公式化されました。彼は、「レイズにコールするには、レイズを初めてする場合よりも、より強いハンドが必要である」と言っています。レイズができるハンドと、レイズにコールできるハンドの間にはギャップがあります。
これは、「トーナメントの後半の段階では、相手のオールインに対してコールできるようなハンドよりも、自分からオールインできるようなハンドの方が多い」という意味です。同様に、ディフェンスできるようなハンドの範囲よりも、ブラインドやアンティをスティールできるようなハンドの範囲の方が広いです。
ギャップ概念の結論は、「アグレッサーは常に有利である」ということです。



関連トピック:

ブラインド スティール、ファーストイン ビガーリッシュ