Glossary

ポーカーの基本定理

アメリカの有名なポーカー プレイヤー兼理論家のデービッド・スクランスキーは、その著書「ポーカーの理論」の中で、ポーカーの基本定理 (FToP = Fundamental Theorem of Poker) を提案しています。彼の見解では、「これがポーカー理論で最も重要なもの」ということになります。

あるプレイヤーが、相手のカードのことを知っていたらとっていたであろうプレーの仕方以外のプレーをするたびごとに、その相手は利益を得ます。あるプレイヤーが、相手のカードのことを知っていたらとっていたであろうプレーと同じプレーをするたびごとに、そのプレイヤーは利益を得ます

これは要するに、「相手に誤ったプレーをさせることにより、自分が利益を得ることができる」という意味です。もしあるプレイヤーが相手のカードを知っていれば、EV を最大限にする少なくとも1 つの正しい動きがあるということになります。すなわち、最大の利益または最小の損失を生み出す動きがあるということになるのです。プレイヤーがこの動きに反した動きをするとすぐに、彼はポーカーの基本定理から外れたミスを犯したことになります。これにより次点の最適なEVを得ることになるのです。ポーカーでは、「得られたかもしれない利益」という利益は損失と同じものです。


関連トピック:

期待値、エクイティ