Glossary

オマハ

ルール

オマハは 2 ~ 10 人のプレイヤーでプレーされます。オマハはテキサス ホールデムに似ていますが、その違いは、各プレイヤーがラウンドの初めに 4 枚のダウン カードを受け取る点です。ゲームが進行するにつれて、さらに 5 枚のカードが表を上にしてボードに加えられます。これらは、フロップ (最初の 3 枚のカード)、ターン (4 番目のカード)、およびリバー (5 番目のカード) に分けられます。


フロップ ターン リバー

目的は、5 枚のボード カードとプレイヤーが持つ 4 枚のダウン カードを使って、可能な中で最高のカードのコンビネーションを作ることです。ホールデムと違い、「プレイヤーは自分のカードの 2 枚だけと、ボード カードの 3 枚だけを使用しなければならない」、ということに注意してください。

最高のハンドを持ったプレイヤーあるいは残っている最後のプレイヤーがラウンドにあるすべての賭け金を手にします。

ゲーム プレイ

ゲームのすべてのラウンド (これもまたハンドと呼ばれる) は、5 つの基本的段階に分けられます。

プリ フロップ

プレイヤー全員に 4 枚のカードが表を下にして配られます。これをホール カードと呼びます。そのカードが配られれたプレイヤーだけがそれを使用できます。その後、最初のベッティング ラウンドが起こります。ここでプレイヤーは賭けをしてもいいし、ハンドから引き下がることもできます。

フロップ

最初のベッティング ラウンドが完了した後、最初の 3 枚のボード カードが表を上にして配られます。すべてのプレイヤーがこれらのカードを使用できます。2 回目のベッティング ラウンドが行われます。

ターン

4 番目のカードがボードに表を上にして配られ、3 回目のベッティング ラウンドが行われます。

リバー

5 番めと最終のボード カードが配られ、さらに多くの賭けが行なわれます。

ショーダウン

すべてのカードが配られて、そしてすべての賭けが行われた後で、残っているプレイヤーはカードを比較し、誰がハンドで勝利したかを決めます。

プレイヤーがアクションを起こす順序

オマハでは、ディーラーの任務はプレーされた各ラウンドの後でプレイヤーからプレイヤーへと右回りに移ります。 ディーラーはディーラー ボタンと呼ばれる小さなチップによって表示されます。ディーラーは「オン ザ ボタン」と言われます。ブラインドが強制ベットとして使用されている場合、ディーラーのすぐ左側にいる 2 人のプレイヤーはそれらを支払わなければなりません。


ブラインド

ディーラーの左側のプレイヤーはスモール ブラインドを払います。スモール ブラインドの左側のプレイヤーはビッグ ブラインドを払います。



ディーラー スモール ブラインド
ビッグ ブラインド

ベッティング ラウンドでのプレイヤーの順序

最初のベッティング ラウンドは、ビッグ ブラインドのすぐ左側のプレイヤーによってオープンされます。

その後、テーブルを右回りにアクションが起こされていきます。従って、プレイヤーがベットをした場合、そのすぐ左側のプレイヤーが次に行動を起こすことになります。


ベッティング ラウンドの構造

プレイヤーができるアクションには 5 つのタイプがあります。


チェック プレイヤーが次のプレイヤーにアクションをパスすることです。
ベット プレイヤーがお金またはチップを賭けることです。
コール プレイヤーが相手の賭け金とまったく同じ金額を賭けた場合は、「コールした」と言われます。
レイズ プレイヤーが相手のベットにコールして、自身のベットもすることです。
フォールド プレイヤーが自分のカードをレイダウンして、現在のハンドから退くことです。

プレイヤーがベットまたはレイズしている場合には、次のプレイヤーはそのベットまたはレイズに対してコールかレイズをしなければならず、チェックはできません。ただし、フォールドはいつでもできます。レイズする回数には制限があり (ハウスのルールで決まる)、レイズはその回数までしかできません。通常、1 回のベッティング ラウンドにつき 4 回レイズできます。
ベットが行われていない場合、プレイヤーは賭けをしないでチェックし、次のプレイヤーに回すことができます。プリ フロップのラウンドでは、ブラインドは賭け金とみなされるため、ビッグ ブラインドだけがチェックできます。ただし、彼がアクションを起こすまでに他のどのプレイヤーもレイズしていないことが条件になります。

アクションは右回りに順番にとられていきます。これはすべてのプレイヤーがフォールドするか、またはそのラウンドでのすべての賭け金に対してマッチがなされるまで続きます。例外は、プレイヤーがテーブルでベットにマッチできるだけの十分なチップを持っていな場合に生じます。その場合、彼はオールインを考慮しますが、オールインをするとベッティング ラウンドにはもはや参加しないことになります。ただし、彼はショーダウンに参加することが保証され、フォールドは強制されません。

オマハ Hi/Lo

オマハ Hi/Lo は変則形の 1 つで、最強と最弱のハンドを持ったプレイヤーがポットをスプリット (分割) します。ロー (Lo) ハンドとは 8 以下のカードで構成されています。それはまた「オマハ エイト オア ベター」とも呼ばれます。

ロー ハンドのカードのバリューは、 A、2、3、4、5、6、7、8 です。このケースではエースがローです。ロー ハンドを計算する際には、ストレートとフラッシュは無視されます。従って、最強のロー ハンドは 5432A です。ワンペア、ツーペア、スリーカード、クワッズ (フォーカード) があるとローである資格が失われます。例えば 544AA はロー ハンドではありません。

最強のロー ハンドは最弱のハイ カードを持ったものです。これは初心者がよく間違えるところです。 例えば、76543 のハンドは 8542A のハンドに勝ちます。

ロー ハンドの資格を持ったハンドがない場合、最強のハイ ハンドを持ったプレイヤーが全体のポットを勝ち取ります。 原則として、ポットはロー ハンドに半分、ハイ ハンドに半分、分けられると考えられます。もし 2 人以上のプレイヤーが等しい価値のハンドを持っている場合、彼らのハンドのタイプに与えられる半ポットがスプリットされます。従って、等しい価値のロー ハンドが 2 つある場合、彼らはそれぞれが全体のポットの 1/4 を受け取ります。つまり、ポットの半分がロー ハンドにいくのでその 1/2 になるのです。この場合、ハイ ハンドの方はポットの 1/2 を得るでしょう。

オマハ Hi/Lo はゲームの変則形で、ポットが最強のハンドを持つプレイヤーと最弱のハンドを持つプレイヤーによって分割されるものです。ハンドのカードがすべて 8 以下の場合、そのハンドは「ロー (Lo) ハンド」と呼ばれます。それでこの変則形は「オマハ エイト オア ベター」とも呼ばれるのです。


関連トピック:


ポーカー ハンド、ブラインド、フロップ、ターン、リバー、ショーダウン、オールイン、ベット、レイズ、チェック、フォールド