Glossary

スクーリング [群れをなす]

スクーリング (群れをなす) もしくはフィッシュ スクーリング (フィッシュ (下手でカモになるプレイヤーのこと) が群れをなしている) とは、ルーズ パッシブなプレイヤーが間違いを犯しても、それがそれほど重要でない状況のことを指します。つまり、あまりに多くのルーズ パッシブなプレイヤーが (フィッシュ (魚) が群れをなしているように) プレーしているからです。下手で無益なコールをプレイヤー達がしても、他のプレイヤー達も同じことをしてくれれば、全員のポット オッズが増加するので助かります。

例 (テキサス ホールデム):

プレイヤー A プレイヤー B プレイヤー C ボード
ポットには $4 があります。プレイヤー C が $3 をベット。プレイヤー A と B (どちらもルーズなプレー スタイル) がコール。彼らはインサイド ストレート ドローを持ち、そのアウツは 4 枚なので、有利なコールはできません。彼らは全員が誤りを犯しています。なぜなら、動きにかかるコストが高すぎるからです。しかし、異なる 2 つのケースのことを考えてみましょう。1 つは A と C だけが含まれている場合で、もう 1 つは B も含まれている場合です。この場合、下記があてはまります。

最初のケースでは、A は $7 のポットに対して $3 をコールします。彼のポット オッズは 7:3 です。しかし、2 番目のケースでは B も $3 をポットに加えます。これにより A のオッズは 10:3 になります。もう 1 人のルーズで弱いプレイヤーがいることで、彼ら 2 人の誤りによる影響が緩和されるのです。

スクーリングがあるために、弱くてルーズなゲームでは弱くてルーズなプレイヤーが頑張ることができるのです。彼らは勝ち目の薄いハンドであまりにコールをしすぎるのです。しかし、他のプレイヤーも同じことをするので全員が OK なのです。


関連トピックス:

フィッシュ、ルーズ、パッシブ