Glossary

コーリング ステーション

定義

コーリング ステーション、またはステーション フォー ショートとは、極端にルーズでパッシブなプレイヤーのことです。彼は、あまりに多くのハンドをプレーし、しかもそれでやり過ぎることが多いのです。彼は勝ち目の薄いハンドであってもすべてのベットにコールし、自分がいつ負けたのかも分かりません。彼はまた良いハンドでもパッシブ (消極的) にプレーします。つまり彼は「ポットを大きくするためのベットは滅多にしない」、あるいは「弱いハンドを保護することもない」という意味です。なぜコーリング ステーションと呼ぶかというと、コールが彼にとってのお気に入りの動きだからです。従って、ブラフはかけません。

このプレー スタイルをとる理由

コーリング ステーションがこのようなプレーに走る理由はたくさんあります。1 つには自分のハンドの強さが分からないのです。それで弱いハンドでプレーしすぎてしまうのに、強いハンドの時には十分アグレッシブにプレーすることができません。その一方、彼はポーカーにおける社交的側面に注目しています。つまり、アグレッシブな雰囲気を作り出す代わりに、プレーにただ参加していたいだけなのです。それ以外のことをする自信がないプレイヤーもまたコーリング ステーションなのでしょう。そのため、相手からベットがかかるとブラフ ビハインドになるのです。


関連トピック:

マニアック、TAG、LAG、パッシブ、アグレッシブ


:同義語

ステーション