Glossary

イディオット エンド

イディオット エンドとは共有されているカードがあるゲームでできたロー ストレートです。これはよりハイなストレートに対して非常に弱いので、イディオット (アホ) と呼ばれます。特にイディオット エンドが生じるのは、ボードにストレートのカードが 4 枚出ていて、プレイヤーがそのストレートを完成するロー カードを持っている場合です。大きな抵抗に遭遇しても、自分がそうしたハンドで先行していると考えるプレイヤーは、イディオットなプレーヤーしかいません。


例 (テキサス ホールデム):

プレイヤー ボード

プレイヤーはエースのあるストレートを持っていますが、どの 6 が出ても彼は負けてしまいます。彼はイディオット エンドを持っているのです。



関連トピック:

ストレート ドロー