Glossary

キッカー

キッカーとは、ポーカーのハンドを作る 5 枚のカードのうち、カードのどのコンビネーションにも属さないカードですが、同等の価値があるコンビネーションを持った 2 つのハンドがある場合に、そのランクを決める役割を果たすものです。 従って、5 枚未満のカードを使ってコンビネーションができるハンドにしかキッカーは存在しません。すなわち、フォーカード、スリーカード、ワンペア (ツーペア)、そしてハイ カードの場合だけです。キッカーは、2 人のプレイヤーがランクが等しいハンドを持っている場合、どちらが勝者になるかを決めるものです。一番高いキッカーが一番強いキッカーです。より狭い定義では、1 つのキッカーしか特定しません。すなわち、2 人のプレイヤーが似たようなハンドを持っている場合にどちらが強いかを決めるキッカーだけです。プレイヤーがまったく同じハンドを持っている場合、コンビネーションを作っていないカードで最も高いものがキッカーになり、彼らはポットをスプリット (分割) します。


例 (テキサス ホールデム):

プレイヤー A プレイヤー B ボード

両方のプレイヤーが等しくキングと 6 のツーペアを持っています。A のキッカーはスペードのエースで、B のキッカーはクラブのクイーンです。エースはクイーンに勝ちます。したがって、A のキッカーの方がより高いので彼が勝ちます。

テキサス ホールデムでは、プレイヤーの 2 枚のスターティング カードのうちのより小さい方がキッカーと呼ばれます。



関連トピック:

ポーカー ハンド


同義語:

サイド カード