Glossary

Hi Lo

オマハやセブンカード スタッドなどのポーカーの変則形には 2 つの異なる形式が存在します。最強のハンドを持ったプレイヤーがポット全部を獲得するのは、昔からある変則形です。また、Hi/Lo (ハイ/ロー) という変則形もあります。この場合、最強のハンド (ハイ ハンド) を持ったプレイヤーが最弱のハンド (ロー ハンド) を持ったプレイヤーとの間でポットをスプリットします。

ロー ハンド

「ロー」ハンドにはさまざまな定義があります。ほとんどのオンラインポーカーのプラットフォームや、オマハのハンドあるいはセブンカード スタッドのハンドで Hi/Lo のうちの Lo になるのは、ペアのない 9 以下の 5 枚のカードのコンビネーションになっている場合です。ただし、ストレートかフラッシュはできていてもかまいません。

例:



カードの順序は 8 から下に数えます。また、ハンドは最も強いカードで比較されます。従って、8、6、5、4、3 は 8、7、3、2、エース よりも良いハンドです。

最強のハンドはエースから 5 までのストレートです:


ポットのスプリット

通常、ポットは最強の Hi ハンドと最弱 (すなわち、最強) の Lo ハンドの間で 50/50 でスプリットされます。Lo ハンドの資格を得ているハンドがない場合、最強のハンドが全てのポットを得ます。2 人のプレイヤー同等の Lo ハンドを持っている場合、両者はポットのうちの Lo のシェアにあたる部分を得ます。もしくは全部のポットのうちの 4分の1 を得ます。 このルールはより多くのプレイヤーが等しい Lo ハンドを持っている場合にもあてはまります。したがって 3 つ Lo ハンドがあった場合には、それぞれが全体のポットの6分の1を得ます。その他の類似の場合も同様です。

同じルールが、複数のプレイヤーが同等の Hi ハンドを持っている場合にもあてはまります。1 人のプレイヤーが Hi ハンドと Lo ハンドの両方を持っている場合、彼が全体のポットを勝ち取ります。これはスクープと呼ばれます。



関連トピック:

スクープ、クォータード、オマハ、セブンカード スタッド


同義語:

エイト オア ベター