Glossary

レベルリング


レベリングという表現はレベル思考のコンセプトから派生したものです。ポーカーでは、アクションの選択前に相手のレベルで考え、そのアクションが相手にどのような印象を与えるかを考えます。簡単に言えば、相手が何を考えているかを考えるということです。

もちろんこれを続け、無限のレベルを考えることも可能です。 - 「相手は自分が相手がどう考えているかと考えているを考える」 などように無限に考えることが可能です。これは 2 次レベル思考、3 次レベル思考などと呼ばれます。

例:

自分のゲームに相手が察知できるようなパターンがあるかもしれません。例えば、ある状況のあるボードで時々ピュア ブラフでポットを取ろうとすることがあるかもしれません。そのような状況になったが、相手が自分がどうプレーするか気づいて、リブラフを考えているかもしれないと思った場合、そう一度ブラフを考えたくなるなどのような状況です。

これはうまくいくかもしれませんが、テーブルでのアクションを考えすぎている可能性もあります。相手はナッツを持っておりその状況に関してもうあまり考えを巡らせていないにも関わらず、特定のアクションを正当化しようとレベル思考に気を使いするということもあります。