Glossary

ショーダウン バリュー

一般的に、これはあるハンドがショーダウンで一定のバリューを持っており、これで長期的に利益を得るに十分な数のショーダウンを勝つことができることを表しています。

しかし、この言葉は通常、自分のハンドがショーダウンに安く行くのに十分な強さを持ち、多くの場合ベストなハンドである状況で、相手がベットしてくる弱いハンドがほぼ無いためバリューのためのベットができない状況で使われます。

以下はこれを説明する簡単な例です。:

スタック & 統計
UTG ($100.00)
MP ($100.00)
CO ($100.00)
ヒーロー ($100.00)
BB ($100.00)
SB ($100.00)

 

プリ フロップ: ヒーローは BU でハンドは 7  8
3 人がフォールド、ヒーローが $3 にレイズ1 人がフォールド、 BB がコール

フロップ: ($6.50) 2 K A (2 プレイヤー)
BB チェック、 ヒーローが $4 をベット、 BB がコール

ターン: ($14.50)  7 (2 プレイヤー)
BB がチェック、ヒーローがチェック

リバー: ($14.50) 6 (2 プレイヤー)
BB がチェック、ヒーローがチェック
 

最初に自分がスーテッド コネクターでレイト ポジションからレイズし、ブラインドの 1 人がコールします。フロップでは 2 枚のオーバー カードが出て、ペアも、フラッシュ ドローもストレート ドローもヒットしませんでした。

相手がフロップでチェックし、プリ フロップ アグレッサーとして、相手をフォールドさせることが唯一の目的であるフロップでコンテニュー ベットをします。フォール エクイティを作ること以外自分のハンドに価値は全くありません。

しかし、相手がこれをコールし、自分はターンでスモール ペアをヒットします。相手がチェックします。ペアが出来ましたが、弱いハンドで相手がコールする可能性は低いのでバリュー ベットをすることはできません。相手はここでドローを得て、ドローがヒットしなければリバーでもチェックする可能性があります。そのため自分のペアにはショーダウン バリューがありますので、ショーダウンに行く目的でチェックします。