エクイティ分析のやり方(Equilab)を教えてください。

    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      使い方がよくわかりません。
      ハンドレンジいれるときにvpipとpfrをいれるのは多分あってるとは思うのですが
      でたカードがどういうことをあらわしてるのかが謎です。
      SH0.1/0.2 ショートハンドでのボトムペア

      これの分析をしようと思ったのですがpfr18vpip21といれると
      (A4s-A3s,K8s-K7s,T9s,A8o,JTo)というのがでてきます。
      このカードの意味がよくわかりません。
      例えばpfrを0のままでvpip21だけだと左上のほうが大方選択されます。
      これはなんとなくわかりやすいというかありうるハンドの幅をあらわしてるので
      こっちのほうが正しそうに見えます。

      それとどれぐらいのエクイティがあればプレー可能なのか、
      ヘッズアップなら50%あれば間違いなく続けられると思います。
      フィックスリミットの3betポットなら30%でもいけるとかいけないとか
      他にもキャップされた場合やマルチウェイの場合はそのへん
      どうやって判断すればいいのか知りたいです。
  • 6 の返信
    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      なんか根本的に違うような気がしてきました :(
    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      とりあえずポジションにあわせて範囲設定しないといけないことには気づきました :f_p:

      それでもpfrは謎です
    • Yohei
      Yohei
      ブロンズ
      登録日: 05.08.2010 ポスト: 1,457
      自分もやってみましたがたしかに謎です。そのPFRとVPIPの部分が…

      なにか根本的に間違っているというのも納得。


      PFRとVPIP以外は問題なさそうですけどね…
    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      オープンリンプしてきた場合の範囲を出してるんですかね
      通常はvpipだけでそこからQハイやJハイのマージナルなハンドを多少調整して使うのかもしれません
    • Tsubi
      Tsubi
      Black
      登録日: 18.01.2007 ポスト: 592
      自分はequilabを使ってないので推測でしかないのですがたぶん
      (A4s-A3s,K8s-K7s,T9s,A8o,JTo)
      というのはVpip21とPFR18のStatsをプレーしている場合のレイズしない3%のハンドレンジのはずです。

      top21%-top18% = mid 3% = (A4s-A3s,K8s-K7s,T9s,A8o,JTo)

      このレンジはたとえばCOがオーペン、21|20|18 (3-bet%) のBUが3bしないで単にコールした場合に使うレンジです。
      彼はトップ21%のカードをプレーし、トップ18%を3ベットしますからコールのレンジは21%-18%になります。

      @tamamoさん答えになっていますか?


      サンプルハンドのほうですがフロップはチェックレイズしてOCやほかのドローからプロテクトするほうがチェックコールよりだいぶいいと思います。3bされたら簡単に降りられますし、ターンでレイズされたらますます簡単に笑って降りられます。2度コールされてリバーまでインプルーブしなかった場合はマイクロステークスではチェックフォールドでOKです。
    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      ありがとうございます。
      使い方はまだピンときませんが普通の2betでは
      使わなくていいということだけわかればとりあえず大丈夫です。

      ターンまで押してリバーでチェックフォールドはなかなかやらないプレーなので
      勉強になりました。