第 88 回アカデミー賞

T今度の日曜はハリウッドのベストピープルが集まってビッグプライズを競う日です。ブックメーカーたちもまた、この日のために皆さん方にビッグプライズ獲得のチャンスをオファーしています。

1 年の映画シーズンもいよいよピークを迎えようとしています。この
日曜には、ハリウッドの最高の才能が一堂に会して、お馴染みの肩を叩き合うシーンや、リハーサル済みの受賞スピーチを見せてくれることでしょう。司会進行は、コメディアン Chris Rock が務めます。

興奮がどんどん最高潮へと盛り上がっていく中、あのビッグな一夜にサイドベットを入れておきたいとお考えの方には、当サイトパートナールームのチェックをお勧めします。オリジナル楽曲賞から外国語映画賞まで、当日の夜与えられる賞には全てベッティングのマーケットが開かれております。(注意: サイトによっては日本からのベットを受け付けていないところもあります。)

とはいえ、皆の注目が集まるのはやはりメジャーな賞である、作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞といった賞になりそうです。ただしカテゴリーによってはブックメーカーがバリューを絞り込んでいるものもあり、監督賞などは現在ベストプライスは、 1/7 at Netbet の 1/7 でこれはメキシコの Alejandro Gonzalez Inarritu についており、作品は The Revenant です。

それ以外の分野ではもう少し面白いことになっています。

作品賞



このカテゴリーは、どうやら開拓時代を描いた歴史もの 「レヴェナント 蘇えりし者」 と教会のスキャンダルを暴いたジャーナリストの物語 「スポットライト 正規のスクープ」の一騎打ちのようです。後者は当初最有力候補でしたが、ゴールデングローブと 英国アカデミー賞での強力な結果から「レヴェナント」がトップランナーとなったようです。リーマンショック危機を背景とした「「マネーショート 華麗なる大逆転」も強力なキャストにより競り合いに加わる者と見なされていますが、オッズは 6/1 にまで落ち込んでいます。



主演男優賞



大きくオッズ面でフェイバリットになっているのは、かつてポーカーの名人や、ウォール街の狼を演じ、今回は熊の友達となった、Leonardo DiCaprio です。その値段が今や 1/100 にまでなっているところを見れば何が起きているのかは明白でしょう。昨年の勝者 Eddie Redmayne は「リリーのすべて」での演技で次点となっており、それに続いているのが、実在の人物であるスティーブ・ジョブズやダルトン・トランボを演じた Michael Fassbender と Bryan Cranston です。



主演女優賞



このカテゴリーでのレースにはワクワクさせられるものがあり、現在レースをリードしているのは比較的まだ名前の知られていない Brie Larson で、彼女は 2014 のポーカーの話もちょっと出てくる作品 The Gambler にも出演しています。今回の作品「ルーム」では、彼女は 7 年間換金されそこから外の世界に出た若い母親の訳を演じています。彼女のパフォーマンスは、ブックメーカーの予想では Saoirse Ronan の演じた貧困からの脱出のためにアイルランドからアメリカへ移民してきた人達の物語に競り勝つようです。それ以外にはどうも強力な候補はいないようで、Jennifer Lawrence のジョイ役も Cate Blanchett のキャロル役もその退屈さがベッティングオッズに表れているようです。