ビデオディスカッション:Doyle、Greenstein & Negreanu 激突

    • Yohei
      Yohei
      ブロンズ
      登録日: 05.08.2010 ポスト: 1,457
      PokerStars Big Game は AQ、 KK そして 63 のコンビネーションを生み出し、そしてそれらのハンドは $25 万ポットを取り合う事となりました。

      しかし、あなたはこのハンドのプレーを通してどう思いますか?

      クエスチョンとなりうるのは、Doyle のプリそしてポストフリップでのコール。 Negreanu はなぜ自分のハンドを低く見せプリそしてポストフロップでただコールをしたのでしょうか? Greenstein は自分のハンドを完璧にプレイしたと思いますか? Doyle はあのリバーから逃げられたと思いますか?

      以下のハンドを観て、意見を聞かせてください!

  • 2 の返信
    • inariage
      inariage
      ブロンズ
      登録日: 25.09.2010 ポスト: 21
      Doyleがボタンかと思って一回考え書いたらボタンじゃなかったというwwwwwwww

      おそらくDoyleくらいになると36とかでもいいハンドを持っているように
      ポスフロでもプレイできる自信とかがあって参加をしたのかと。
      でレイズにコールしたのはレイズされて単純に降りるのはあまりに弱く見えるのでイメージを気にしたのかもしれません。
      あと2人コールで2人のハンドがかぶっている可能性とポスフロに自信がある。
      また2人いることによるフロップでの動きにくさ。
      またハンドレンジから外れていると思われるハンドなので相手がCBを打つのに適したドライなボードで強いハンドを持ち大きく稼ぐことができるかもしれない。 

      ポスフロはGreensteinが3ベットして強さを示しているのでノーヒットでもCBで絞りにきている可能性があり
      一応ボトムヒットしていて2ペア、ランナーランナー、セットの可能性が一応あり、ここでもCBにすぐ降りるような弱いイメージを作らないことを気にしたのかもしれません。

      Negreanuは自分はオリジナルレイザーではなくただコールしたという弱さをうまく使えば
      ただレイズするより相手が打ってきてくれて稼げる可能性があると思った。
      ポスフロも上の理由+周りの様子見でしょうか。

      正直かなーり推測だらけですがw
    • Yohei
      Yohei
      ブロンズ
      登録日: 05.08.2010 ポスト: 1,457
      以前私たちがこちらでお伝えしたように、ポーカーのゴッドファーザー Doyle Brunson がベガスからカルフォルニアにもっと良いキャッシュゲームテーブルを求めて移動すると考えているそうです。

      あなたはこのニュースを聞いて "老いぼれは耄碌したんだ" とか "ニットな Brunson には金を稼ぐのが難しくなったんだ" とか "今朝玄関の鍵を閉めたっけ?"とか思っているかもしれませんが、実際のところは - Ivey も同じようなことを発言しています。

      -ニュースより抜粋-

      これじゃないですよね?wwwwww



      Negreanuはそうですね、スロープレイしようとしてターンでまくられたの気がついたっぽいですね。
      相当考えておりましたね。

      うーん、でもハイステークスにはハイステークスのルールがあるという…