2NLフルリングZOOM AKフォールド

    • ONIPIKA1
      ONIPIKA1
      ブロンズ
      登録日: 19.01.2015 ポスト: 23
      Poker Stars, $0.01/$0.02 No Limit Hold'em Cash, 9 Players
      Poker Tools Powered By Holdem Manager - The Ultimate Poker Software Suite.

      SB: $2.60 (130 bb)
      BB: $1.56 (78 bb)
      UTG+1: $1.92 (96 bb)
      UTG+2: $6.39 (319.5 bb)
      MP1: $1.76 (88 bb)
      MP2: $2.92 (146 bb)
      MP3: $3.36 (168 bb)
      CO: $2.54 (127 bb)
      Hero (BTN): $2 (100 bb)

      Preflop: Hero is BTN with Ad Kd
      UTG+1 raises to $0.06, 5 folds, Hero raises to $0.21, 2 folds, UTG+1 calls $0.15

      Flop: ($0.45) 6d 5s Td (2 players)
      UTG+1 checks, Hero bets $0.28, UTG+1 calls $0.28

      Turn: ($1.01) 3c (2 players)
      UTG+1 checks, Hero checks

      River: ($1.01) 5c (2 players)
      UTG+1 bets $0.32, Hero folds

      Results: $1.01 pot ($0.04 rake)
      Final Board: 6d 5s Td 3c 5c
      UTG+1 mucked and won $0.97 ($0.48 net)
      Hero mucked Ad Kd and lost (-$0.49 net)

      ①プリフロップ
      UTGでレイズにコール→JJ、QQ、KK、AQ、AK、AA?

      ②フロップ
      チェックコール→JJ以上のペアあるいはフラッシュ待ち?

      ③ターン
      チェック→JJ以上のペアあるいはフラッシュ待ち?

      ④リバー
      ポットの1/3をベット→フラッシュ外しでのブラフ?JJ以上のペアがあるためベット?

      プレイしていた時は自分に役ができていないこととプリフロップでレイズにコールしたことから
      少なくともJJ以上のペアは持っていると判断しフォールドしましたがこの判断は正しかったでしょうか?それとも私がフラッシュ待ちであることを相手が分かり、ブラフで降ろされたのでしょうか?

      よろしくお願いします。
  • 2 の返信
    • masayukiAAA
      masayukiAAA
      ブロンズ
      登録日: 06.06.2014 ポスト: 23
      ①タイトなプレイヤーであれば、JJ、QQ、AQ、AKでプリフロップコール。
      ②相手にはフラッシュドローはありえない中フロップコールですから(ダイヤのAもKも、こちらが抑えています)、JJとQQの可能性がぐっと高くなりますよね。ただ、AQとAKをフォールドできず、コールというのもあるにはある。
      ③ターンチェックチェック。ここでの相手のチェックは、基本的には何の意味もありませんよね。フロップでベットして主導権を握っているのはONIPIKA1さんなので、UTGはチェックで回すのがふつうです。
      ④リバー。ほぼ33%。これをどう見るかは二通りあると思います。JJかQQの可能性も、AQかAKの可能性もあると思います。ターンでONIPIKA1さんは弱みを示しています。JJかQQがコールしてもらおうと小さく打った。あるいは、AQかAKがブラフを打った。リバーだけ見ても、前者の方が確率は高いと思います。

      なので、総合するとJJかQQの可能性が極めて高いと思います。ですが、最後のコールは19.4%の確率で勝っていればいいため、フォールドが正しかったかは難しいところではないでしょうか。実際にはレーキがあるので、もう少し必要な勝率は上がります。


      以下、追記します。
      思いついたんですが、相手のハンドがJJ、QQ、AQ、AKだとするなら、フロップオールインしてOKです。こちらには9枚のダイヤとAとKがアウツになりますから、JJやQQにコールされたとしても(コールされる可能性が高いと思います)、54%の勝率があります。仮に、相手のJやQの一枚がダイヤであったとしても、52%です。ただし、TTには25%しかありません。
    • hydrangea
      hydrangea
      Super Moderator
      Super Moderator
      登録日: 07.09.2012 ポスト: 1,455
      プリフロップ: 他の方の意見も伺いたいですが、UTGからのオープンは確かに強いレンジを予想させるものの、こちらのスリーベットにフォーベットせずコールに留めたことは逆にレンジの一番上の部分がないであろうことを示唆しています。つまりAA、KK、(もしかしたら QQ も)レンジからない可能性が高くなるわけです。これを「レンジにキャップがかかる」という言い方をします。(AとKをこちらが1枚ずつブロックしているのも、その読みを後押ししますし)

      一方で、ポケットペアなどは、特にこのステークスでは、ポジションに関係なくオープンして、スリーベットされたらセットマインでコールというプレイヤーもざらにいると思うので、私なら相手のレンジは AJs+、22-JJ、ぐらいに絞ります。

      フロップ:テンハイで、ストレートとフラッシュの目がありますけど、これに噛み合うハンドは相手のレンジには数多くありません。そこへ相手がチェックコールしたということは、一番下の方のペア、22、33、44あたりはあまりなさそうです。55-JJのポケットペアと、AJd+ぐらいまで絞っていいと思います。

      ターン: ストレート完成の目はあるカードですけど、それは相手のレンジにないのでそれほど心配いらないでしょう。ここが勝負所でダブルバレルを打つかどうか決めなくてはなりません。打たないということは基本的にはこちらはやや諦めモードに入るということになります。というのも、フロップまでのこちらのレンジはAQ+、JJ+ぐらいだと思うのですが、ターンでオーバーペアで打たないというのは可能性が低いので、ここでチェックで回すと、AK、AQ ぐらいがこちらのレンジになり、ポケットペアの相手に負けているのがほぼバレバレになるからです。ただ、打ったとして降ろせるのは、77、88、99で、このステークスだとまだ粘るのもいますから、諦めるのも悪くない選択だと思います。

      リバー: 1/3 ベットは、相手がミドルペアでのブロックベットか、セットを引いていての絞り出しベットのどちらかであることを示しています。ターンでチェックしている以上、レイズしてもこちらのストーリーと合わなくなるので、ここはフォールドするより仕方ないでしょう。