ポーカー本を語るスレ

    • hydrangea
      hydrangea
      Super Moderator
      Super Moderator
      登録日: 07.09.2012 ポスト: 1,455
      ポーカーに関する本のことなら何でも語ろうというスレです。

      日本語のポーカー教則本から、洋書、はたまたポーカーシーンの出てくる小説やら何やら、お好きなことをなんでもどうぞ。
  • 3 の返信
    • hydrangea
      hydrangea
      Super Moderator
      Super Moderator
      登録日: 07.09.2012 ポスト: 1,455
      というわけで、まずは私からなんですが、日本語の翻訳されたポーカー教則本については、私自身がその多くの出版に関わっていることもあって、自分から「これがいい!」とか言い難い部分があります。

      そんなわけで、いきなり変化球ですが、これ



      アダム・ファウワー著 「数学的にありえない」(上・下)(文春文庫)

      この小説、ポーカーのシーン自体は、ごく一部に出てくるだけなんですけど、この物語の世界観そのものが「ポーカー的」というか、ポーカー的世界観である「確率的世界観」をパロディ的にしたもんなんですね。

      主人公には未来を予知する能力があって、それを変えることができるんですけど、その変え方が魔法でちちんぷいぷいと変えるのではなくて、「確率的にあり得ない」ことがどのようにして起きるのかを理解できるために、それを実際に起こして未来を変えるっていうやり方なんです。

      私の下手な説明だと上手く伝わりませんけど、バッドビートに常に心を乱されている、私たちポーカープレイヤーが「あんなこといいな、できたらいいな」ってな感じのファンタジーとして読むと、面白い本だと思います。
    • imagawa
      imagawa
      ブロンズ
      登録日: 01.01.2011 ポスト: 460
      無ければ自分で作れば良いじゃない!

      と思って小説書き始めてみたものの、思った以上に難しい。
      変だなぁ。
      若い頃に書いてた時はこんなに難しくなかったと思ったのだけれど。
    • hydrangea
      hydrangea
      Super Moderator
      Super Moderator
      登録日: 07.09.2012 ポスト: 1,455
      imagawa さん、

      日本のポーカーを盛り上げたい人間のひとりとして、心待ちにしているのが、ポーカーを題材とした漫画と小説がでてくることです。

      自分自身、小説のアイデアは湧いても、なかなか文章になりませんね~。

      でもまだ諦めてはいません。なんかの表紙に短編小説でもいいから書けないかな~と思っています。

      imagawa さんも諦めずに、お互い「時」が来るのを待ちましょうね。