いくつかのリバイトーナメントについての一般的な情報

私達は常に最初のリバイを行います、相手に対してダブルアップできるチャンスが増え負ける可能性も減り有利になるからです。

もし負けたら、常に私達はダブルリバイを行います ( 理由は上記)

私達はほぼ常にアッドオンをします、なぜなら 最初のスタックに比べて500 チップ多くを同じ値段で手にいれることができるからです。


もし私達がプリフロップでレイズするなら常に 4BB をレイズします、なぜなら相手はどうせコールするのでビッグハンドでより大きいポットを確立したいからです。


トーナメントの最初の数時間でダブルアップすることはとても役立ちます。
それによって後により多く相手から勝つことができます。

最初の 1 時間で決してリバイトーナメントから去りません。 もしあなたが居心地悪く感じるのならより低いバイインのトーナメントでプレイするべきです。

もし私達が最初の 1 時間でビックスタックを確立することができたなら、スローダウンして、よい場面をよいインプライドオッズと共に他のビックスタックに対して待つことができます。


1. Tag-style ( タイトアグレッシブスタイル )

あなたはポーカーの基本に忠実に、お金をビックハンドと共に手に入れようとするべきです。
相手を見て、誰がたくさんのチップをショーダウンを見るために払ってくれるか見極めるのが大事です。
そのような相手に対してプレーすることはとっても利益的です。
もっとも大きい利点はあなたはリバイのフレーズをとても安く生き残ることができることです。
欠点は私達はたくさんのアクションをビックハンドを持っているときに得ることができないことです。それ故に最初のフレーズの後、チップリーダーにはなりにくいでしょう。

2. Lag -style ( ルーズアグレッシブスタイル)

その名前が言う様に、私達はルーズにプレーします。たくさんのハンドでレイズして、たくさんのハンド例えば、T9o,45s 等でコールします。 もしくはそのようなハンドでリンプします。
そしてフロップで度々セミブラフします。 
長所は、良いハンドで度々お金を得ることができることです。
あなたは、また、AA 等でスロープレーして、チェック/レイズをフロップですることができます、なぜなら相手は私達が良いハンドを度々持っているとは思わないからです
そしてほとんどの場合において、あなたはダブルアップをトーナメントの最初の 1 時間ですることができるでしょう。
欠点は、ゴールを達成するために、より多く投資をしなければならないことです。
5-6 回のリバイをしなければいけないことを視野に入れてください。

3. The rebuy-maniac ( リバイマニアック ) * 初心者にはオススメしない

この戦略のゴールはフィッシュと思われることです。 例えば、レートポジションから92o でプッシュしてハンドを見せる、もしくは、3-ベットをゴミハンドでしてハンドを見せます。
でもあなたがコールをめったにされない状況を選びこのプレーをすべきです。
長所はあなたの良いハンドでお金をとても多くの場合手に入れることができることです。
プリフロップ、ポストフロップも同様です。
他の長所は、あなたが最初の 1 時間の後、度々チップリーダーになることです
しかしこの戦略はゆうに13 -14 リバイを支払わなければならないでしょう。
http://de.pokerstrategy.com/forum/thread.php?threadid=316576  (原文、ドイツ語)