Sit And Go Endgame Systemについて

    • AbsoluteNull
      AbsoluteNull
      プラチナ
      登録日: 11.08.2010 ポスト: 46
      パワーインデックスについて。

      スーテッドまたはオフスートに関してポイントがつかないのはなぜでしょうか?
      たとえばスーテッドなら1点プラス、オフスートならば1点マイナス、という具合にです。

      プリフロップでオールインになるならばスートが揃っているか揃っていないかは関係なく、
      単純に数値の強さで考えてもよい、ということでしょうか?

      しかし実際には、スートが揃っているとハンドの勝率は約2%上がります。
      ヘッズアップにおいてこの2%はかなり大きいと思います。
      たとえば、98oは55に対して勝率49%しかありませんが、
      98sならば55に対して勝率51%あります。


      また、K2のパワーインデックスは28で、スモールブラインドからオールインできますが、
      相手がパワーインデックスの数値に従わずプレイした場合、
      コールされたときは経験上、常に確実にアンダードッグになっています。
      つまり相手はポケットペアかAXか、KXの上位のキッカーです。

      相手がパワーインデックスの数値に従わず常にまぁまぁ強いハンドでコールするときは、
      スチールチャンスが増えて期待値が増えるという考えでよろしいのでしょうか?
      しかしスタックの差が大きいとき(3:1など)、スタックの多い方はK8とかでコールせずに、
      A9+とかanyPairとか強いハンドが来るまで待つこともできるわけです。
      【強いハンドで待たれたときはどんどんスタック差が近づいてくる(1.5:1など)ので効果を発揮する】
      のが狙いと考えていいのでしょうか?
      スタック差は重要な要因だと思いますが、Effective Stackのみで考えていいのでしょうか?


      この「Sit And Go Endgame System」はブラインドのみに注目していますが、
      アンティがあるときは具体的に数値化するとどうなるのでしょうか?
      より数値の基準を下げて、オールインすべきなのは自然なので。

      また、賞金配分も考えなくてよいのでしょうか?
      【長期的に見れば確率に従って収束していくので、賞金配分を考えるのは意味がない】
      と考えてよろしいのでしょうか?


      いくつか疑問があって質問しました。
      どれでもいいのでどなたか答えてくれると幸いです。
  • 5 の返信
    • AbsoluteNull
      AbsoluteNull
      プラチナ
      登録日: 11.08.2010 ポスト: 46
      スートの関係やスタック差の関係については自己解決しました。
      「考えなくてもよい」という結論に達しました。
    • daisuke3823
      daisuke3823
      ブロンズ
      登録日: 05.02.2008 ポスト: 8,321
      こんにちは!自己解決されたようでよかったです。確かにスーテッドとなると、ハンドはかなり強くなりますね。もちろん、アンティも重要となります。
      いくらかの役立ちそうな練習問題を紹介したいと思います!

      バイイン$225 9人ターボ SNG
      残りプレイヤー二人
      Hero のハンド J :diamond: 2 :diamond:
      Hero は Small Blind
      ブラインドは 300/600/ アンティ 75
      SB のスタック 6000
      BB のスタック 7500

      ヘッズアップの場面です。
      ここでの Hero のベストプレーはなんでしょうか?

      答えは
      オールイン。

      手元のヘッズアップジャムオアフォールドチャートによるとJ 2 のスーテッドはアタッカーからの視点で本来スタックがビックブラインド 8.8 個分以下になったらプッシュして正しいプレーとなりますが、今回は Hero は 10 BB をまだ持っています。
      しかし、アンティを入れるとポットには1050あり、それは大体 350/700 のブラインドと等しい量となります。 なので Hero は 10BB を持っていると言うよりも 8.6 BBを持っていると考えるので
      オールインで正しいプレーとなります。
      もし J2 がスーテッドでなかったら、ヘッズアップチャートによると J2 オフスーツは 4.6 BB となっているので、4.6BB以下のチップ量とならないとオールインできません。


      ではもう一つ似た問題です。

      $525 9プレイヤー SNG
      残りプレイヤー二人
      ブラインド 300/600
      Hero のハンド J :spade: 3 :spade:
      Hero は SB
      SB 6100
      BB 7400
      相手は大変強い SNGプロプレイヤー。

      Hero はどうするべき?

      答え 
      オールイン


      手元のヘッズアップジャムオアフォールドチャートによるとJ 3 スーテッドは 10.6 BB 以下になったらオールインできます。
      Hero のスタックはそれ以下なのでオールインするべきです。
      これはスーテッドカードだからオールインできます。
      もし J-3 オフスーツだったら、 5BB 以下の時しかプッシュできません。


      ではコーラーの視点からの問題も一つ

      $529 9プレイヤー SNG
      残りプレイヤー二人
      Hero のハンド K :heart: 5 :diamond:

      ブラインド 300/600
      HeroはBB
      SB 7400
      BB 6100
      相手は同じく強いSNGプロプレイヤー

      相手がオールインしてきました。
      Hero はコールするべき?

      答え
      コール

      相手のここでの理想的なプレーは非常に広いレンジでプッシュすることです。
      相手はそれを知っているでしょう。
      それらの多くのハンドはキングハイ以下のハンドです。
      ヘッズアップコールオアフォールドチャートに従うと
      K 5 オフスーツは 10.3 BB 以下の時にコールできます。
      なのでここでの理想的なプレーはコールです。
    • poyon
      poyon
      ブロンズ
      登録日: 28.01.2011 ポスト: 11
      以前メールを送ったらこちらにと言われたので。

      >もし J-3 オフスーツだったら、 5BB 以下の時しかプッシュできません。
      J-3 オフスーツはパワーインデックス25=R6なので6BB以下ではないのですか?

      Sit And Go Endgame Systemは「ビッグ ブラインド数は、最大でも10個以下」
      と書かれていましたが、Rが7までしかないのは何故でしょうか?
      7より上だった場合はSit And Go Endgame Systemは適用できないのでしょうか?
    • daisuke3823
      daisuke3823
      ブロンズ
      登録日: 05.02.2008 ポスト: 8,321
      こんにちは!
      自分はパワーインデックスを参考にしていないので詳しくはわかりませんがなぜ
      Rが7までしか書かれていないのか分かりません ?(
      もちろん8以上の時も使えて
      ちなみに私が使っているのは Bill Chen と Jerrod Ankenman が作成された
      表で大変役立っています。
      ちなみに
      Jam or Fold
      で見れます。そこによると
      J3オフスーツは5BBでプッシュしていいことになっています。
      この表では10BB以下までしか書いてありませんが、手もとの本には 20BB 以下までのジャムオアフォールドの表があります。
      しかしこの表は相手のプレイヤーが大変強いプレイヤー、もしくはアンノウンの場合の場面によく機能するように作られたものなので、その影響で J3 等多少ラインが変わってくるのかもしれません。。 :f_cool:
      そしてこの表によっていろいろなハンドのバリューというのがわかってきます。
      たとえば15BB以下の時にはあらゆるエース、あらゆるペアでプッシュしても正しいプレーというのはほとんどのプレイヤーが理解していますが、またそれらのハンドでプッシュに対してコールするのも正しいということです。
      そしてスーテッドコネクター、ノンスーテッドコネクターがどれほどハンドの価値があるかということも分かります。
      たとえば、 87 オフスーツ、 J5 スーテッドは15BBでプッシュしても正しいプレーとなります。
      これらについては The mathmatics of poker という非常に難しい数学を使ってポーカーの戦略について書かれている本に詳しくかかれています。(自分もこの本を持っていますが難しすぎます。。 :f_cry:

      あと、この表は最初に言ったように相手が上手なプレイヤーもしくはアンノウンの場合にアドバンテージをもてるように作られたもので相手が大変タイト、もしくはルーズな場合戦略は変わっていきます。たとえば相手が大変強いハンドのみプレーするプレイヤーならば、さらに広いレンジでこちらはプッシュすることができますが、相手のプッシュに対してはより狭いレンジでコールするべきということです :D
    • poyon
      poyon
      ブロンズ
      登録日: 28.01.2011 ポスト: 11
      SAGE=パワーインデックスだと思っていました。
      表を拝見させて頂きましたがパワーインデックスとかなり違うのですね。
      特に54sはこの表だとSBから全てプッシュですが
      パワーインデックスだと16なのでSBからでは1BBでもプッシュ出来ないです。
      74sでプッシュするのは勇気がいりそうです。