8 月 24 日から PartyPoker がプレイヤーのレーキ計算方法をディールから加重拠出レーキに変更します。

ディール レーキの例:
10 ハンド フル リング テーブルで、3 名 (A, B and C) 以外の全員がフォールドし、この3 名がフロップに行き、プリ フロップで各 $10 を出したとします。
プレイヤー A がフロップで $35 オールインし、B がフォールド、C がこの $35 をコールします。
これでポットは合計 $100 となり、ハンド終了後に $5 がレーキとして徴収されました。

ディール方法を用いた場合、テーブルにいる 10 名が $5 / 10 = レーキ $0.50 を支払ったことになります。

新しい加重拠出レーキ ストラクチャの例:
加重拠出計算法では、各プレイヤーのレーキ額はそのプレイヤーがポットに出したお金の割合によって決まります。上記の例の場合、実際にポットにお金を出した 3 名のプレイヤーのみにレーキがクレジットされることになります。

プレイヤー B は $10 を出し、フロップでフォールドしましたがので、レーキ額は $0.50 ($5 の10%) で、残りの 2 名のレーキ額はそれぞれ $2.25 ($5 の 45%) となります。結果的に、プレイヤーのアクションへの参加がレーキ額の分配により反映されることになります。

詳細は こちらのニュースをご覧ください