今回の主なトピックはコーリングステーションに対してどのようにプレーするかです。
一般的に、コーリングステーションは私達にとって好ましい相手です。なぜなら。とても簡単に彼らとプレーできるからです。 特にハンドレンジが他の相手に比べて、それほど重要ではないのです。
でも多くのプレイヤーにとって、いくらか彼ら相手にトラブルを持つことがあります。

どのようにコーリングステーション相手にプレーするか :


1 バリューベットとアイソレーション
0.10/0.25 No-Limit Hold'em (6 人テーブル)

プリフロップ: Hero は CO でハンドは K :spade: , J :spade:
MP2 がフォールド, MP3 が $0.25 をコール, Hero が $1.25 にレイズ, 3 人フォールド, MP3 が $1.00 をコール.

フロップ: ($2.85) J :heart: , A :club: , 5 :heart: (2 プレイヤー)
MP3 がチェック, Hero が $2.20 をベット, MP3 が $2.20 をコール.

ターン: ($7.25) 8 :diamond: (2 プレイヤー)
MP3 がチェック, Hero が $5.00 をベット, MP3 が $5.00 をコール.

リバー: ($17.25) Q :heart:( 2 プレイヤー)
MP3 がチェック, Hero がチェック.

ファイナルポット: $17.25


もちろんプリフロップレイズは、たとえタイトアグレッシブ、ルーズアグレッシブ相手でも基本です。
特にコーリングステーション相手なら、アイソレーションレイズはより重要です。
この名前が意味するようにこれらのプレイヤーはあまりにコールをしすぎます。そしてポットに弱いハンドで参加します。
この場面では私達のレイズはメリットをもっています。
ポジションがいいので、レイズされたポットでヘッズアップを下手な相手にいいポジションでプレーすることができます。
ポジションはまたなぜコンティニューベットをするべきでない理由です。なぜかというと、コーリングステーションはより多くの場合、私達にフリーカードを見させてくれるチャンスをくれるからです(ターンでも)
この例では私達はミドルペアをヒットして、コーリングステーション相手には充分強いハンドです。
私達はフロップでバリューとプロテクションのためにベットします。
プロテクションがどんな種類のドローでもどうせコールする相手にするのは重要でないと考えるのは正しくないです。
プロテクションが意味することはまた、私達の相手にバッドコールを続けて欲しいのです。
そして私達の EV が上昇します!!
彼のフロップでのコールは沢山のことを意味します: 多くの場合彼はエースのペア、ジャックのペア、ファイブのペアを持っているでしょう。
ガッツショット、フラッシュドローの可能性もあります。 キングハイ、バックドアドロなんてこともあるかもしれません。どんなハンドも除外できません。
ターンカードはブランクで、それが意味することは、私達はいいポジションで、より多くのバリューを引き出せます。
再びベットします。なぜなら 8 がシチュエーションを変えたとは思いにくいからです。
リバーは私達にとって大変悪いものでした : フラッシュドローとガッツショットは完成されました。
KT は今ストレートになりました。 QT はより高いペアを作り、QJ も私達を負かします。
時々コーリングステーションはリバーでこれらのハンドでベットしません。
そしてほとんどの場合たとえ彼らがフラッシュを持っていてもチェック/コールします。
それ故、私達はチェックビハインドをすることにします。なぜならもしリバーでベットしたら私達は全てのスタックをリスクに賭けなければいけなくなるかもしれないからです。
コーリングステーションはより悪いハンドで多くコールしてくれます。でもあまりにも多くの完成したかもしれないドローがあります。
もしリバーでブランクだったら、バリューベットをしていました。


2) 私達にレイズしてきました。なにをするべきですか?
0.10/0.25 No-Limit Hold'em (6 人テーブル)

プリフロップ: Hero は MP2 でハンドは A , Q
Hero が $1.00 にレイズ, MP3 がフォールド, CO が $1.00 をコール, 2 人フォールド, BB が $0.75 をコール.

フロップ: ($3.10) Q , 9 , 7 (3 プレイヤー)
BB がチェック, Hero が $2.10 にレイズ, CO が $2.10 をコール, BB がフォールド.

ターン: ($7.30) J (2 プレイヤー)
Hero が $5.00 をベット, CO が $12.00 にレイズ, Hero がフォールド.

ファイナルポット: $24.30


プリフロップとフロップでのプレーはそんなに迷うとこではありません。
でも、よくみると最初の例と違うとこがあります。
ポットはマルチウェイで、私達はコーリングステーションに対してアウトオブポジションです。
すでに言ったようにプリフロップでなんら特別なことはありませんでした。
そしてフロップでも同様です。 でもターンでは多くの相手がいるならいろんな選択肢を考えなければいけません。
多くの場合、私達はアンノウンな相手もしくはタイトアグレッシブ、ルーズアグレッシブに対してポットコントロールの為に、チェック/コールをします。
相手がフィッシュならチェックレイズです。
でもコーリングステーションが相手なら、ベット/フォールドがベストになります。
なぜだか不思議に思うでしょう?
コーリングステーションはこの場面で強い完成されたハンドだけでレイズします。( 2 ペア、もしくはそれ以上)
彼がフロップでコールした後、彼のハンドはペア、ガッツショット(KT は今ストレートです)もしくは QJ,Q9,J7,J9 等のハンドと予想できます。
ターンのカードはOESD,ペア+フラッシュドローのようなハンドに対してよいチャンスを与えました。
しかしコーリングステーションはほぼ決してセミブラフをしません。
それがいみすることは、私達はより良いハンドに対してほとんどの場合ビハインドだということです。
なので容易にフォールドできます。
私達はもしビハインドならほとんどドローイングデッドです。

コーリングステーションとはなに?そしてどのようにこれらの相手とプレーするべきですか?

- コーリングステーションは決して(セミ)ブラフしません。
- コーリングステーションはルーズにコールしすぎます(たとえバックドアドローでも)
- 基本的に彼らは下手なプレイヤーです。

それが意味することは:
-> ベット/フォールドはチェック/コールよりも良いです。
なぜなら、多くの場合、コーリングステーションは多くのより弱いハンドでコールして強いハンドでのみレイズするからです。
- アイソレーションレイズはとても利益的です。なぜなら私達はいいポジションにいたいからです
-> コーリングステーション相手に最大限のお金を引き出すために私達はルーズなバリューベットをしなくてはなりません。、