by Puschkin81

今回の記事は主にビギナーたち用に作られました。
Hero がプリフロップでレイズした後に 3-ベットされた時の場面を選びました。

ハンド 1
すでに述べたように、このサンプルハンドはビギナー達ように作られました。
特にスタンダードなプレーについて強調したいと思います。
それはマイクロリミットで大きな武器になるでしょう。


プリフロップ: Hero は SB でハンドは K :heart: , J :spade:
8 人フォールド, Hero がレイズ, BB が 3-ベット, Hero がコール.

フロップ: (6.00 SB) J :heart: , 8 :spade: , 7 :spade: (2 プレイヤー)
Hero がチェック, BB がベット, Hero がレイズ, BB がコール.

ターン: (5.00 BB) 4 :club: (2 プレイヤー)
Hero がベット, BB がコール.

リバー: (7.00 BB) Q :diamond: (2 プレイヤー)
Hero がベット, BB がコール.

ファイナルポット: 9.00 BB

私達以外の全ての相手がフォールドしました。そして私達はスモールブラインドで KJo でレイズします。もちろんソリッドプレイヤーからの 3ベットをコールします。
トップペアーをフロップでヒットしました(キッカーも良いです) しかし多くのドローの可能性があるボードです。
平均的に私達はアヘッド(勝っている)でしょう。 相手は 3 ベットをプリフロップでしたけれど、スモールブラインド vs ビックブラインドの場面では、相手のアグレッシブさにもよるけど、彼は
A2s-AKs, A2o-AKo, K6s-KQs, K8o-KQo, 33-AA のようなハンドで 3 ベットすることが可能です。
なので、多くのハンドに対して私達はアヘッドです。そしてお金をポットに入れたいです。もちろんプロテクトも必要です。
フロップで私達はポジションを持っていなく、相手がプリフロップでの最後のレイザーなので、彼はヘッズアップの場面でほぼ常にフロップでベットしてくるでしょう。
なので、私達はチェック/レイズ して追加のスモールベットを引き出すために、チェックします。
ターンは危険性のないハンドです。 ほとんどの場合 Hero はまだベストハンドを持っているでしょう。それ故、弱いハンドからバリューを引き出すため、そしてハンドをプロテクトするためにベットします。
もしレイズされたら、コールすべきです。ターンでも同様です。
相手はブラフ、セミブラフ(ドローをアグレッシブにプレーする)することが可能です。
もしくはより弱いジャック(もし彼が QJ,JT をプリフロップで 3 ベットしたのなら)をレイズするかもしれません。

リバーではオーバーカードのクイーンが来ました。しかしながら、バリューのために私達はレイズするべきです。 クイーンはほとんどの場合相手を助けていないでしょう。
彼は度々 A8,K8,A7,K7 のようなハンドでコールしてくれます。 もしくはそれより悪いハンドで彼が私達がブラフしていると思うならコールするかもしれません。
もし私達がチェックすると、彼は多くの場合、強いハンドでのみベットしてくるでしょう。

ハンド 2

プリフロップ: Hero は SB でハンドは T :club: , 9 :club:
8 人フォールド, Hero がレイズ, BB が 3-ベット, Hero がコール.

フロップ: (6.00 SB) J :club: , 8 :heart: , 5 :heart: (2 プレイヤー)
Hero がチェック, BB がベット, Hero がレイズ, BB がコール.

ターン: (5.00 BB) J :spade: (2 プレイヤー)
Hero がベット, BB がコール.

リバー: (7.00 BB) 7 :diamond: (2 プレイヤー)
Hero がベット, BB がコール.

ファイナルポット: 9.00 BB

サンプルハンド 1 に似ている場面です。しかし今回は、完成されたハンドの変わりに強いドローを Hero は持っています。
7 ,クイーンが来るとストレートを作れます。たとえ T と 9 が来てもでもベストハンドになる可能性もあります。
フロップで、Hero はこのドローを強い完成されたハンドを作った時(サンプル1のような)と同じようにプレーするべきです。
相手はエースハイ、キングハイをターンでのベットに対してフォールドすることが可能です。
結局このフロップは AK, A3, A4, A6, KQ のようなハンドにとって不便なものです。
なので、私達はタイトなプレイヤーにたいして彼等のハンドをターンでのベットでフォールドさせることができます。
ターンではもう一枚のジャックが来ました。そして私達はベットします。相手がフォールドしてくれることを望んでいます。  コールされてもまだアウツを持っています。
相手はコールして、私達はリバーでストレートをヒットしました。
もちろんバリューの為にベットします。
もし 9 もしくは T をヒットさせていたとしても、私達は同様にベットするべきでしょう。
なぜならより弱いハンド A8,K8 等のハンドが私達にお金を支払ってくれる可能性があるからです。
そして私達はチェックをリバーですることによってソリッドなタイトアグレッシブプレイヤーからは、めったにブラフを引き出すことができません。 もしボードに 8 が来ていたら、私はブラフをあきらめるでしょう。なぜならエースハイは常にコールするでしょうし、キングハイも時々コールするでしょう。


ハンド 3

プリフロップ: Hero は BU でハンドは 9 :heart: , 9 :spade:
7 人フォールド, Hero がレイズ, SB が 3-ベット, BB がフォールド, Hero がコール.

フロップ: (7.00 SB) 7 :heart: , 6 :heart: , 2 :spade: (2 プレイヤー)
SB がベット, Hero がコール.

ターン: (4.50 BB) T :club:( 2 プレイヤー)
SB がベット, Hero がレイズ, SB がコール.

リバー: (8.50 BB) T :diamond:( 2 プレイヤー)
SB がチェック, Hero がベット SB がコール.

ファイナルポット: 10.50 BB

ここでは私達はアグレッシブな相手とプレーしています。 彼は度々ブラインドのポジションから 3-ベットを私達に対してしてきました。
そのようなリードがあれば、私達は 99 でボタン vs スモールブラインドの場面でキャップすることができます。 (ビギナーにとっては SHC に従って、コールするのがいいでしょう)
フロップでは、私達はオーバーペアを持っています。
そしてベストハンドを持っていると考えます。 彼はアグレッシブで多くのハンドで 3ベットをするので、彼はほぼ間違いなく、ターンでもベットしてくるでしょう。なので、私達はフロップでコール、ターンでレイズをすることに決めました。
それをすることに決めた理由は、相手に対してポジションを持っているからです。それを使えば、ほぼ間違いなくターンで相手からビックベットを手に入れることができます。
なのでバリューを最も多く引き出せます。
ターンはオーバーカードである T が来たけれども、それは相手にとって、助けにならなかった可能性が非常に高いでしょう。
なので私達はより弱いハンドからお金を引き出すためにレイズすることができます。
相手は度々、私達がブラフ、もしくはストレートドローでのセミブラフをしていると予想し、エースハイでコールダウンしてくれるかもしれません。
スモールペアーからもまたお金を引き出せます。
もしエースがターンで来ていたら、私達はレイズをするべきではありません。なぜなら相手はほとんどの場合私達を打ち負かしているでしょうから。
全体的に見ると、私達はスモールペア、そしてキングハイに対してアヘッドです。なので私達はターン、そしてリバーでアグレッシブな相手からブラフを引き出すためにコールするべきです。

2 枚目の T はこの場面では何ひとつ状況を変えていません。
Hero はほとんどの場合勝っているでしょう。なのでエースハイそしてスモールベアに対してバリューの為にベットすることができます。