MSS リンプへのレイズについて

    • shironagasukujira
      shironagasukujira
      ブロンズ
      登録日: 08.01.2011 ポスト: 35
      英語サイトのBronzeにあるRaise over limpers(ROL)のチャートはraising chartと差し替えて使うものなのでしょうか?
      それとも名前通り、前にlimperがいる時だけ使うものでしょうか?
      Articleを読むとlimperが前にいる時だけのように思うのですが、limperがいるにも関わらずraising chartよりもレンジが大きくなっている理由が分からず混乱しています。
  • 2 の返信
    • tamamo
      tamamo
      ブロンズ
      登録日: 20.10.2010 ポスト: 999
      リンパーのときだけのようです。
      ルーズに見えるのは主にベーシックのMSSチャートがかなりタイトめに
      作られているからではないかと思います。

      もし相手のHUDがわかっていて、VPIPとPFRが35/8とかのような
      リンプ範囲が広い相手ならチャートよりももっとルーズにレイズできます。

      ・後ろにいる自分より強いハンドが降りて、ヘッズアップになる可能性が高い
      ・残る可能性が高いリンプした相手は大抵弱いハンドである
      ・弱い相手にポジションを持てる
      ・もちろん主導権ももてる

      なのでルーズになる理由としてテーブルにとりやすいお金が落ちているので(+これから払いそう)
      それを独占するためレイズする動機が多少強くなるのもあると思います。
      リンプした相手の性質にもよるので一概には言えないかもしれませんが。

      一般的には本来そのポジションでファーストインならレイズしていたハンドならレイズできます。
      それ以上ルーズになれるかどうかはリンプした相手の範囲やプレーしやすさ、後ろにいる相手が
      自分のやってることに気づける相手がどうかが関係してきます。
    • shironagasukujira
      shironagasukujira
      ブロンズ
      登録日: 08.01.2011 ポスト: 35
      ありがとうございます。
      納得です。

      獲物が自分から飛び込んで来てくれてるんだから、
      ルース気味に行っとけってことですかね。

      逆に狩られないように気をつけます。

      HUDはトライアルのを使ってたりしますが、
      MSSで教科書通りにやってるので、
      全く活用できてないです。
      ちょっとずつHUDも見ていくようにしようかな。