ビデオディスカッション シックコール Kenny

    • Yohei
      Yohei
      ブロンズ
      登録日: 05.08.2010 ポスト: 1,457
      これは 2007 年の WSOP メインイベントで Kenny Tran が 危険なボードでビックコールを成し遂げています。

      4 つのハートが並び彼の手には 1 つもなく、これはどんな理由があろうともスタンダードなコールではないと思います、あなたはどう思いますか?

      これはただのスーパーシックな読みなのか、ただの無鉄砲なのでしょうか? あなたは過去にこのようなコールをしたことがありますか?

  • 4 の返信
    • drummerSHIN
      drummerSHIN
      ブロンズ
      登録日: 24.07.2010 ポスト: 1,915
      フロップはギリコールできてもターンはフォールドでしょうな。

      てかまずプリフロでオフスーツのAハイはいくらインポジでもプレイしないなwwww
    • nusohaso3
      nusohaso3
      ブロンズ
      登録日: 01.08.2010 ポスト: 209
      ただの気分でしょ
    • nusohaso3
      nusohaso3
      ブロンズ
      登録日: 01.08.2010 ポスト: 209
      二人のチップ量は分かりませんが、
        
      プリフロップ:A8oでインポジからコールする理由として、1)8をヒットさせて相手を若干罠にかける。2)Aをヒットさせて相手のブラフをコールしにいく。の二つが考えられます。

      フロップ:7h8h3h ポットの約70%のベットが来ました。二枚のハート、セット、ツーペアを相手が持っている可能性は一般的に低く、併せて5%以内でしょうか。手札にペアが来る確率は約6%なので99以上を持っている可能性はレイズしてきていることを考え、多く見積もってこれも5%以内だとします。
      本線は2オーバーカードでブラフしてきているかフラッシュドローでのセミブラフです。
      プラン1)を発動させて8で相手のブラフorセミブラフをコールします。フロップでKennyの勝率は83%ですが、Kenny自身は相手のハンドレンジを考えて自分が平均して60%弱くらいの勝率だと思っているのではないでしょうか?

      ターン:7h8h3h2h またポットの約70%のベットが来ました。これはかなりポットを大きくするベットなので、ショウダウンバリューのある(Kennyのブラフをコールしにいったほうがよい)ハートのミドルorローカードを持っている可能性がかなり低くなります。相手は2オーバーカードでブラフを続けているか、大きなフラッシュでバリューベットしているかのどちらかの可能性が高いです。実際は相手の手はAsTcでハートは無く、ターンでKennyの勝率は85%ですが、Kennyは自分の勝率は平均して40%強くらいだと思っていたのではないでしょうか?

      リバー:7h8h3h2h2d ポットの60%のベットが来ました。リバーの2dは完全なラグです。また、自分も相手もハートを持っていなくて、ボードの5フラッシュによりポットがスプリットになることがなくなりました。従ってポットは相手もA8を持っていない限り必ず全てどちらかのものになります。ですのでリバーでKennyの脳内平均勝率は40%強と変わらず、ポットオッズは1932:700(Kennyがリバーで出すチップ入れずに表記)で37.6%の勝率があればよいことになり、リバーのコールは正当化されます。

      とは言うもののボードの4枚のフラッシュカードはめちゃくちゃ怖いですし、相手のアクションを字面(じづら)通りに解釈してもフロップでセミブラフ、ターン、リバーでバリューベットというのが本線です。しかしKennyは" シックコール Kenny" と呼ばれているだけあって、ボードやアクションから来る「恐怖」に対して自己をコントロールすることに長けているのだと思います。Kennyはこのハンドで勝った直後に"How did I call?! " (「どうやってコールしたんだ?!」)と叫んでいましたが、ただ「直感でブラフ臭いからコールした」というのではなく、上記のような確率(もちろん細かい数字は出していないでしょうが)を知っていて、リバーでのシックコールは正当化されうるものだと考え、最後それに悩みながらも従ったのではないでしょうか?

      ちなみに私にはA8oでインポジからプレイする実力はありませんが、もしプレイしたとして、フロップのトップペアトップキッカーでレイズします。レイズしてはっきり強さを見せれば、相手が2オーバーカードならば降りると考えるからです。もしコールされたら「99以上かフラッシュドローかな~でもどっちか分からないし、8ペアでショウダウンバリューはあるからな~」などと考え、以降のストリートはチェック/フォールドするでしょう。そしてリレイズされたら相手のハンドはは99以上の強さだと自分に言い聞かせてフォールドすると思います。
      この行動の根底を流れているのは「8ペアごときで大きなポットをプレイできない(したくない)」というポットコントロールの概念です。特にトーナメントでは、危険な勝負は避けてチップを温存し、より理想的にチップを奪い取れる場面を待とうとする傾向が強いです。これはある一面では正しいことだと思いますが、逆にチャンスを逃してしまうことにもつながります。レベルが高くなると弱いハンドでも大きなポットをプレイすることが出来、少ないチャンスを生かすことができるようになるのだと思います。
    • nusohaso3
      nusohaso3
      ブロンズ
      登録日: 01.08.2010 ポスト: 209
      >手札にペアが来る確率は約6%なので99以上を持っている可能性はレイズしてきていることを考え、多く見積もってこれも5%以内だとします。

      の文章は計算が全くのデタラメであることに気づきました、すみません恐らくは5~10%以内になると思われるのですが誰か正しい計算を教えてください。